てつのひじのBlog

主にミックスファイトやキャットファイトのイラストや漫画を描いてます。 ミックスファイトは主に女性勝ち格闘Mを描いてます。 18歳未満の閲覧行為は禁止です。

小説

性欲の強すぎるレスリングの女子コーチ

大森は女子レスリングの日本代表候補だった。その女性らしい豊満な肉体からネット上では「ムチムチすぎる女子レスラー」と有名になった。

彼女には悩みがあった。性欲が強すぎたのだ。
大森には彼氏がいた。一途で彼氏一筋であった。
しかし大森の性欲は一人の人間が受け止めるにはあまりにも大きなものであった。

彼氏に別れを告げられた。「君の逆レ〇プにはもう耐えていける自信がない」
大森は情事の際、歯止めがきかない。

彼女はレスリングを辞めて、教員になった。

レスリングを辞めた理由は
強すぎる性欲は格闘技のトレーニングから生まれるバイタリティからくるものだと思ったためだ。

しかし、教員になって初めての配属先では「レスリング部」のコーチを任された。
性欲が原因でレスリングを辞めましたとはいえずコーチを断れなかった大森。

これから彼女とレスリング部の男子部員たちはどうなってしまうのか・・・・

おっぱいフォール




陸上部のエースと部長

陸上部のエースの性格が悪すぎて我慢の限界がきて、思わず手が出てしまった部長。
最近体育の授業で習った寝技で抑え込む部長。不意を突いた形の先手だったので、エースを簡単に固めることができた。部長は勝利を確信する。
「ギブ?これまでの態度を反省するなら離してあげてもいいけど?」
部長の豊満なおっぱいで顔をふさがれているため、エースはタップでしか降参を伝えるしかない。
ようやくタップするのかと思いきや、部長のユニフォームをつかみ固められながらも絞め技をかけるエース。我慢比べがはじまるも先に根を上げてしまったのは部長だった。
不意を突いたにも関わらず逆に返り討ちにあってしまった部長。
陸上の実力だけではなく、喧嘩の実力も証明してしまったエース。
部内で彼女に逆らうものはいなくなってしまった・・・
新規キャンバス41
作品一覧
サークルプロフィール
メッセージ
  • RSS
  • Dlsite blog