先日、一日中寝てました。首が痛くて寝返りもできませんでした・・・。

その日は朝6時から、町内のゴミ拾いをしました。 
「せっかくの運動だ!」と、僕は張り切って、ゴミ拾いしてたのですが、
歩く時にはウォーキングをするように、
手足を大きく振って、ストレッチをするように捻りながら歩いたのです。

・・・・が、これがよくなかった・・・・。
deP_mA0-
↑Camelさん画


 家に戻るころには、首が何か回らない感じになって、
振り向くにも上半身ごと回さねばならず、「怒IKARI」の
ループレバーのようです。

上下に動かすのも無理で、そんなこんなでひたすら横になっているしかありません。
大人しく寝てると、犬が何時ものように顔の横の枕に「どすん!」と寝ころびます。
これだけでも、首が痛い!
「くぉぉ・・・」思わず呻く僕。


しかし、危機はこれだけではありません。犬の微妙な毛が鼻をくすぐる。
「・・・!!この感じ!くしゃみがでる!!!!」

・・・まずい!いや、落ち着け、大丈夫だ。
精神を落ち着けるんだ・・・。そうだ・・・大丈夫だ・・・。よし・・・。
Screenshot20190811105421

「ぶえーーーっきしぃ!!!」グキ
ちーーん。

無事死亡。 


今の時間は朝九時。
かろうじてスマホを見るも持ち上げてる手が肩から伝わり、しんどい。
しんどいので、スマホを胸の上に置くと、気付くと、眠りに落ちてました。

気付くと11時半。飯だと呼ばれるも、起き上がるのも一苦労。
よこに一旦回転して(右を下にすると余り痛くない)
そこから、ゆっくりと起き上がります。

飯を軽く食べて、また寝ます。
というか、それしかできない・・・・。

気付くと寝ます。Twitterなどを見ると、同士がどんどん作業を進捗しています。
ちょっとなら行けるかもしらん。
これでも、やると決めたら多少はやってきた男。負けられん、意地をみせてやる。
と、起きようとすると、気づいた犬が喜んで飛び乗ってきました。

ぎゃー首が
すみません負けです許してください。


てなわけで、再び横になっていました。
天井のシミを数えて寝る。寝てても首が痛い。

寝ながら原因などを考えるに、
おそらく、単にゴミ拾いでの無理だけでこうなったわけじゃないと思います。
確かに、一要素ではあったものの、起爆要素だっただけだと思います。

目首肩腰、人によって、弱いポイントはそれぞれで、僕はとりわけ首がそれになるようです。

①連日の作業の悪い姿勢で首の筋肉が結構限界だった。
②風邪気味で疲労気味だった


ここに、ご町内のゴミ拾いでの無理なひねりで起爆。
大崩壊となったのだと思います。
スクリーンショット (504)

まぁありきたりに言われているわけですが、
やはり健康がなければ、PC前に座っていることもできないですね・・・。

今朝3時ころまで眠れなかった位いたかったのですが、
おかげさまで、今日は少々良くなりました。

まぁ、ごろ寝している間に、いろいろ調べて改善方法などを模索していました。

頭位と首の負担


まぁ、やはり、まずPCへの姿勢ですね。上記の図にあるように、
「まず前のめりの姿勢が良くない!」というのだけは、わかりました。

これは僕のPC環境は、モニタが低い位置にあるのが一つの要因かと感じました。

IMG_20191028_135847

個のせいで、上記の図で言うと、真ん中あたりの体制になっています。
というわけで、台をホームセンターで買ってきました。

IMG_20191028_140216

これで少しは、改善はされたと思います。
ただ、猫背姿勢になれてるので、正しい姿勢=疲れないかどうかは、
ちょっと経過をみてみないとまだわからないですねー。

まぁ理屈では、前におもりがあるのと、中心にあるのでは
勿論、後者の方が負担が軽いんですけどね・・。


さて、今日は自宅作業なので、これで一応改善なのですが、
仕事場のPCはこうではないのです。
image-800 (1)
座卓に、座る環境なので、先ほどの例で言えば、
こちらの環境の方がはるかに、体制としては悪いわけです。

あぐらをかいて、構う作業は、下の図で言えば、一番左に該当しますね。
こちらも、なにかしらの改善が必要になるかと思います。
sa_shif03


僕は「目さえ大丈夫なら老後も楽しめる」と、感じて、
モニタはナナオのにし、ブルーライトカットのレンズにしたりしていますが、
大事なのは目だけじゃなくて、姿勢も重要になると感じました。

今後は、こちらも少しづつ改善して力を入れたいと思いました。

スクリーンショット (408)
それにしても爽やかな僕の美少女的イメージが・・・


いつも、当ブログを最後まで見ていただいてありがとうございます。

僕は兼業から専業に変わって、勤め人とは違う毎日に希望と不安を覚えながら頑張っています。これからも、僕のリアルな専業の日々で感じたことや、役立ちそうな情報を発信してゆこうと思います。

また、質問などもあれば僕の個人的見解でよろしければ、お答えできる範囲でお答えしたいと思います。

もし、記事の内容で少しでも「まぁ良かったかな」と、思うことがあれば是非「拍手ボタン」などを押していただけると、やる気がでます。