水の星に愛をこめて

今日の一曲は森口博子さんの『水の星に愛を込めて』です。

老けたなぁ~。

でも年を重ねる事に魅力的に見えるってのも凄い。キレイだからね、脚!

同じ福岡出身ってことで応援してます。
さてこの曲はZガンダムの2番目のオープニング曲ですね。
ようやくカミーユがZガンダムのパイロットとして活躍する頃からはじまった歌です。
ガンダムソングで一番好きかな。
車、バイクで走っていると聴きたくなるんですよね。
ついついガンダムを操縦している感覚になります。
気づけば160キロぐらい出ててやべぇってなります。
猛烈なスピードを体感すると精神が崩壊しそうになります。『光が・・・・・』なんてね。
そんなときに事故ったらいつ死んだのかもわかんないでしょうね。

くれぐれも法廷速度を遵守したいものです。
水の星に愛をこめて

援助交際

今日のオススメ一曲は銀杏BOYZさんの『援助交際』です。

思わずぎょっとしそうなタイトルなんですが、不思議と何度も聴いていると自然と涙が出るような曲です。

主人公が恋焦がれているあの子はどこかのだれかと援助交際をしている。とにかく好きなんだけど、援助交際をしている。どういう理由かわからないけど援助交際をしている。

現実の凄く悲しい事実に眠れない夜を優しく包む恋のメロディー。

淫乱だなんだともろもろと酷い歌詞が続くんですが、最後のフレーズが切ない!『どうか幸せでいておくれ』一方的に思う相手に対して最大限の願いと、真剣な思いが込められているように思えます。峯田さんの歌詞は凄まじくえげつないんですが、あながち間違っているのではなく妙に人間味くさくて泣けるんですよ。

純粋ってこういう事なんだろうな。
援助交際

[新作]汚泥

汚泥
756円/ポイント10%
とことん腐ってやろうじゃないか、どぎつい汚泥のようにな!
18禁同人ソフトデジタルコミック画像(JPEG)PDF同梱

おっさんオンザコーナー

今日の一曲は毛皮のマリーズさんで『おっさんオンザコーナー』です。

最近ね、水たまりとかに映る自分を見てつくづく思うんですよ。
おっさんに近付いてるってね。
髭もほっぺたから生えるようになったし、屁のキレも悪いし、おしっこ二方向に出たりするし、
朝起きたらなんか臭うし、やけにダルい時あるしでろくなことがない。
若い時からおっさんじみていた私は心身共におっさんになりました。
心のおっさんから全てがおっさんになってしまったのです。
只今おっさん中でございます。
若い連中を見て「青二才め」と思ったりして、おっさんな
自分にハッとしたりします。


人はね金持ち、貧乏関係無くどんどん年くってくるんですよ。
イケメンだろうが、不細工だろうが汚いもんがまとわりついて
腐っていくんです。

ひたすら死ぬことに向かってるんです。

だったらおっさん特有の渋さってやつを纏っていこうじゃありませんか。
そんなときにはやっぱりマリーズさんのこの歌ですね。
このノリ、歌詞最高です。
さすが、志摩遼平さんですわ。彼の声には元気付けられます。

車の中では大音量でシャウトします。
そこはおっさん、もちろん誰もいない山道とかでです。

紳士的な振舞いは忘れたくないですね。
おっさんオンザコーナーblog

あかね雲

今日の一曲は川田ともこさんの『あかね雲』です。
この曲は新必殺仕置人のエンディングでテーマすね。
当時の川田ともこさんの年齢は12歳。
此の年であの哀愁たっぷりに歌いあげる声は圧巻です。
是非夕焼け空を見ながら聴きたいですね。

仕事人シリーズでも人気の高い作品です。主水に松っつぁん、鉄っつぁん、正八、おていの四人が仕事人として登場。
珍しく主水が仲間からヤキを入れられるシーンもあり、見処満載なんですよ。
また影の使い方が抜群に上手い。
殺し屋としての表現が随所に散りばめられています。
このあかね雲の戦闘BGMとしてのアレンジはかっこよく、今の新しい仕事人の中でも使われています。むしろ仕事人の代表的な音楽ですね。

個人的にシリーズ中、鉄っつぁんが一番大好きなんです。あのアンニュイな空気から放たれる殺しが堪
らなく暗殺的で、自室にこもって真似したりしてました。

今では主水もいなくなってしまった。
イケメンで視聴率稼ぎたいのはわかるけど、もっとアウトロー的な役者を新作にはお願いしたいもんで
すわ。だって殺し屋なんですから。
あかね雲 burogu

パラダイス銀河

今日の一曲は光GENJIさんの『パラダイス銀河』です。

ようこそここへ あそーぼーよ パラダイス。

いやぁコレってアノ歌ですよね?
塗って良し、吸って良し、打って良しの万能ドラッグのアレですよ。

売れるよなぁ…売れないわけがない!
作詞作曲知ってますか?飛鳥御大ですよ。
邪推ですがコレってガンギマリ状態で制作されたんじゃないんですかね。

『シャカリキコロンブス』って普通思いつきます?
スーツケースの中に愛の言葉を詰め込んだり、ベッドが銀河行きの汽車になったりと現実と非現実が混じり合うトリップワード満載なんです。

混沌たる80年代ですからね。何があってもおかしくない。
イカれた時代だからこそ誕生したと言っても過言ではない歌詞。
パラダイス銀河ってタイトルもヤバいでしょう。
ジャンキーの世界を美しく言い換えたにしか思えません。

カチッとキまったら是非ローラースケートで飛び出したいっ
こんな私は病んでるのでしょうか?
パラダイス銀河 bログ

夏の匂い

今日の一曲はランクヘッドさんの『夏の匂い』です。

夏ポテトのCMに使われた曲ですね。

このCMのシチュエーションが夏祭りの場面だったのですが、曲がマッチしすぎてなんて良い曲なんだと思っていました。
浴衣姿の女性(多部未華子さん)と昭和な男性が出てくるんですが、二人が若くて汚れを知らないような感じなんですよ。
言い換えれば不潔さが微塵もない。
純愛っていいなぁとしみじみ感じるんですよ。
この曲のスローテンポと歌詞、ボーカルの声がそんな思いにさせてくれるんでしょう。

歌詞にかなかなって出てくるんですが、蝉の名前でしょうね。
情緒ある歌です。毎年夏になると必ず聴いてます。

かく言う私は当時、着物と言えば着物系AVにマスかく程度です。
ただの不潔です。純愛?そんなのクソくらえです。
お祭りなんかリア充による、リア充の為の催しもの。
花のように咲いた浴衣の群れから逃げるように距離を置いて、
暗い部屋で納豆飯を掻き込む哀れな豚ですよ。


でもこの曲聴く時くらいは純な気持ちでいさせてください。
夏の匂い
最新コメント
作品一覧
サークルプロフィール
記事検索
  • RSS
  • Dlsite blog