こんにちは。

今現在、私の住む地域ではこないだに続いての大雪です・・・広い範囲が雪で大変です。
さっきまで、2時前くらいからうちのマンションの前の道で、タクシーが雪に突っ込んでスタックしていました。
若い人が二人くらいで、スコップ持ち出してタクシーを助けようといろいろしていました。
・・・私はそれを、手伝いにもいかず見ているだけでございました・・・。
お恥ずかしい・・・、タクシーの運転手さんごめんなさい。
雪から出られたようで良かったですね、手伝いに行かず、ごめんなさい・・・。


以前に投稿した記事で、コメント欄使って、男同士で文通みたいになっちゃってて、記事より長くなりそうになってしまいました。

話はしたいけど、コメント欄で盛り上がってもしょうがないので、ちょいと本文にも書かせていただきます。

もらったコメントの中で、作品の好き嫌いみたいな話が出ました。
オイスター先生の作品を引き合いに出して、なので、恐縮なのですが・・・
私は不良が基本的に嫌いです。
なので、最後まで不良がいい目を見ている作品が嫌いです、その作品の評価や出来にかかわらず、そこで一旦嫌いになってしまいます。

逆に、その時にやり取りをさせていただいた「小井戸」さんは、学生の頃の若気の至りにより、不良の側の気持ちを理解できる肩だそうです。
そのため、作品に求めるものとして、どこか男優に不良的なパーソナリティを求めるようになったということだそうです。
・・・興味深いです。


少しずれるのですが、私が初めて読んだエロ本や成人漫画は伯父の持っていたものでした。
学生の時に、母方の実家に遊びに行き、同居していた伯父の部屋でエロ本読んだりAVみたりしてたものです・・・懐かしいなぁ・・・。
その、母方の実家もこないだの津波で流されちゃったんですけどねぇ・・・。

・・・それはおいといて。

その時に読んでいた本は、どちらかといえばエグい趣味のもの、というか、まぁこの年になってあんな物描いてる今となっては変なものでもないんですが・・・。
奴隷とかSMとか系統が多かったですね。
AVも、人妻熟女露出物のシリーズとか、シーメール物とかだった気がします。
・・・ここで、甥に性癖をばらされてるのを知ったら伯父はどう思うのでしょうか・・・?
ちなみに伯父は、仮設住宅で元気です。

・・・そんなわけで、私の嗜好やこんなことやってるのにも、伯父のエロ本は多大な影響を与えたと思うわけです。


みなさんは、覚えてる中で初めて触れたエロいものってなんですか?
・・・生身の女の子と、恋人になってセックスとかは勘弁してください。死んでしまいます。