お久しぶりです。
しばらくぶりの更新です。

只今2013年10月、次回新作製作中です。

次作は「金剛寺光一郎の支配者的性活」(仮)と題しました。

下の絵は、blog前記事での下書きを ペン入れしたものです。
……色や塗り方は仮のものですが。
1  スカートめくる












なんかこう、ワクワクするような塗りが出来ないんですよねー。
もともとの絵から問題があるのかもしれませんが、ネタ絵でもエロ絵でも、こう……サラっと塗っただけや下書きやらくがきなのに魅力がある方っているじゃないですか、そんな絵が書きたいんですけどどうすればいいのやら。

頑張り方がわからんとです。

育ってきた環境が違うからしょうがないのでしょうか?


今回、液晶ペンタブレットを初めて使ってみています。
ワコムのCintiQ(シンティック)13HDという型なんですが、これがいい!

今までは所謂「板タブ」での作業を数年にわたりしていました。
それには、普通程度にはなれていたために、わざわざお高めの液晶タブレットに代えなくてもいいやと思っていたんですが、実際使ってみると別物で。
CGに移行する前はペンとインクで原稿用紙に描いているのを、これも数年やっていたのですが
この時のアナログ感を久しぶりに思い出しました。
それはまさに、描く楽しさとでも言うのでしょうか。
……実際、アナログ→板タブ→液タブと移行してきた人以外にはイマイチうまく伝えられないと思うのですが、
……そう、楽しいんですよ(^ω^;)!

ぎゃくに、自分の手が邪魔で見えなかったりとか、姿勢が悪くなって肩がこるとかはあるんですが、こういうのまでアナログ時代に戻るとは思っていませんでした;

とりあえず、これでまたモチベーションも上がり 鋭意製作できるってものなので、どうかもう少しお待ちくださいませ。