FUN HOUSE

凡人堂: たんくろーのブログ

雑記

【音楽の話題】チャイコフスキー: ヴァイオリン協奏曲ニ長調 作品35

わんダフルらいふ何だか寒い日が続いていますね。
雨降りの日は更に寒く感じます。
今日は厚手のヒートテックを穿いてみました。
あんまり信用していなかったんですが、暖かいですねヒートテック (´ー`)


さて、今回の音楽の話題は
コチラ

仮面ライダーeternal editionピョートル・イリイチ・チャイコフスキーです。
ジャケ写は1957年にヤッシャ・ハイフェッツ(ヴァイオリン)がフリッツ・ライナー指揮のシカゴ交響楽団との共演で録音されたものが収録されたCDです。
これには1955年に録音されたブラームスのヴァイオリン協奏曲も収録されています。なかなかのお得感です。
それに録音年代の割に音質が良好でビックリします。
ハイフェッツのような伝説的なヴァイオリニストの演奏を、このような状態の良い録音で聴けるのは幸運なことだと思います。

チャイコフスキーといえば、これからクリスマスシーズンになりますと『くるみ割り人形』が聴きたくなるわけですが、最近何故だかこの『ヴァイオリン協奏曲』にハマっておる次第であります。
特に有名な第1楽章の第一主題を、気が付くと口ずさんでいたりするわけです。
チャイコフスキーの作品は誰でも口ずさめる分かりやすいメロディーが魅力だと思います。

実はチャイコフスキーは苦手な作曲家の1人だったんですが、村上龍の『愛と幻想のファシズム』の冒頭の辺りで主人公がこの曲を聞きながら広大なカナダの大地を北極海目指して四駆で疾走する場面があって、それを読んだのがきっかけで、この曲を入口にしてチャイコフスキーの作品も割と聴くようになったのです。

”俺はチャイコフスキーのヴァイオリンコンチェルトを最大の音量で聞きながら時速百二十キロで走った。ゆっくりと変わる巨大な景色には、チャイコフスキー以外のどんな音楽もそぐわなかった。”(村上龍『愛と幻想のファシズム』より)

と、このように書かれている部分を読んだ時に「あ~、なんかわかる~」って思っちゃったわけです。
私も小さい頃に、冬になるとだだっ広い平原に雪が積もるようなところで生活していた事がありまして、小説で描写されたシーンに比べるとスケールは小さいですが、そういうところを車で走ったときの景色などの記憶がよみがえってきたわけです。
そんなわけで、寒くなってくると何だか無性にこの曲が聴きたくなってくるのです。
m(__)m


【音楽の話題】People are Strange

わんダフルらいふ季節と共に気温がどんどん下がってきましたね。
朝、布団から出るのがだんだん億劫になってきました。
目が覚めるとノドが痛い事があります。
睡眠中の乾燥にも気を付けないといけませんね。
これからの季節はミカンなどがビタミンCも摂れて、ノドも適度に潤うのでいい感じです。


さてさて、本日は音楽の話題です。
コチラ
まぼろしの世界ドアーズです。
ジャケ写は1967年にリリースされた彼らの2枚目のアルバム
『STRANGE DAYS (邦題:まぼろしの世界)』のものです。
『People are Strange』は、このアルバムの7曲目(アナログ盤だとB面1曲目)に収録されています。

ドアーズといえば1stアルバムが超名盤ですが、こちらの2ndアルバムも負けず劣らずの超名盤です。
収録曲の統一感で言えばこちらの方が上かもしれません。
大好きなバンドの超お気に入りアルバムなので聴く頻度もかなり高いです。
中でも『People are Strange』はこのアルバムを聴き始めた当初からのお気に入り曲の一つです。

歌詞の内容を大雑把に書きますと
”落ち込んでいるときは 世界が奇妙に感じられる”
みたいな感じでしょうか。大雑把すぎたかもしれません;
たぶん、
「周囲で起こる物事はコチラの出方次第、受け止め方次第で感じ方は様々に変わる」
っていうような事を歌ってるんじゃないかと思います。
当然と言えば当然に感じますが、落ち込んでいるときっていうのは、当然と思われることに気付くのもなかなかに難しいものです。
まずは勇気をもって、とにかく一歩踏み出したいですね。
そんな感じの今日この頃なのでした。
m(__)m


【音楽の話題】仮面ライダーのうた (TV Size)

わんダフルらいふいつの間にやら秋も深まってまいりました。
朝夕の空気がひんやりとして感じます。
昼間はまだ暖かいので過ごしやすいですが油断すると風邪をひいてしまいそうです。
気を付けないとですね。


さて、今回の音楽の話題は
コチラ

仮面ライダーeternal edition仮面ライダーです。
こないだ10月3日に話題にしたばかりですが、今回も仮面ライダーです。
ジャケ写も10月3日の記事と同じく2002年にリリースされた
『「仮面ライダー」ETERNAL EDITION File No.1,2,3』のFile No.1のものです。
『仮面ライダーのうた (TV Size)』は、File No.1の16曲目に収録されています。

10月3日の記事ではオープニングの『レッツゴー!! ライダーキック』を話題にしましたが、今回はエンディングの『仮面ライダーのうた』です。

先日も書きました通り、私の住んでいる地方では『仮面ライダー』が放映されています。
毎週一回の放映を楽しみに視聴しています。
現在、第5話まで放映されました。
今回の視聴で気付いたのですが、オープニング後奏の『仮面ライダー本郷猛は改造人間である……』のナレーションって第5話からだったんですね。
第1話から第4話までオープニングの終わりの部分を「あれあれ?ナレーションは?」と思いながら見ていましたが、やっと安心できました。

エンディングではライダーがたった一人で、並み居るショッカー戦闘員を相手に闘っている映像が流れます。
遠くに東京タワーらしき建造物が見えたりしますので、闘いの場所は東京湾の埋め立て地でしょうか。
旧1号ライダーのダークな色合いがカッコよすぎてシビレます。
そのエンディングで一人きりひたすら戦う彼の姿に、幼い頃の私は『闘いとは孤独なものなのだ』という事を教わったのでありました。
(*´ー`)ゞ


【音楽の話題】風来坊

わんダフルらいふ台風19号で各地に大きな被害が出てしまいました。
私の住んでいる辺りも激しい風雨に見舞われ、自治体から避難準備勧告が出ました。長く住んでいますが初めての事です。
付近に河川や崖などがない地域なので実際に避難するには至りませんでしたが、ピーク時の暴風雨の激しさには、かなり不安になりました。
自然の猛威の恐ろしさを改めて感じました。


本日は音楽の話題です。
コチラ
はっぴいえんどはっぴいえんどです。
ジャケ写は1973年にリリースされた彼らの3枚目のアルバム
『HAPPY END』のものです。
『風来坊』は、このアルバムの1曲目に収録されています。

のどかな雰囲気の曲調で、初めて耳にした時からずっと大好きな曲です。
一時期はこの曲ばかり何度も繰り返し聴いていた事もありました。
行き詰まりを感じたり、やる気はあるのに体がなかなか動かなかったりするときなどに、この曲を聴いて一旦気持ちをリセットするようにしています。効果てき面です。
そんなわけで、この曲もお絵描き中には欠かせない一曲になっています。
m(__)m

【音楽の話題】レッツゴー!! ライダーキック (TV Size I S.E. mix)

わんダフルらいふ涼しくなったかなと思ったら昼間はまだ30度を越える日があったりして油断できません。
でも、さすがに陽が沈んだあとは涼しくなりますね。
おかげで体調がスッキリしません;;
風邪ひかないように気を付けたいですね。


さてさて、今回は音楽の話題です。
コチラ

仮面ライダーeternal edition仮面ライダーです。
ジャケ写は2002年にリリースされた
『「仮面ライダー」ETERNAL EDITION File No.1,2,3』のFile No.1のものです。
このアルバムは3枚組になっていて、Disc1、Disc2、Disc3がそれぞれ、File No.1、File No.2、File No.3と銘打たれています。
『レッツゴー!! ライダーキック (TV Size I S.E. mix)』は、File No.1の1曲目に収録されています。
タイトルのカッコ内にある通り、本曲はテレビサイズで、前奏が始まる前のサイクロン号のエンジン音から、後奏のナレーションまで収録されています。感涙ものです。

『仮面ライダー本郷猛は改造人間である
彼を改造したショッカーは世界制覇を企む悪の秘密結社である
仮面ライダーは人間の自由のためにショッカーと闘うのだ』

というナレーション。
これを聴いてハッと思う訳です。
仮面ライダーは「人間の自由」のために闘っていたんです。
正義のためではないんです。
たぶんショッカーにもショッカーなりの正義があって世界制覇を企んでいるのでしょう。
そして、その世界制覇の先兵として利用するために人間を改造しているのです。
そんなことをするショッカーが世界を制覇してしまったら人間に自由などありません。
既にショッカーが存在してしまっている時点で人間の自由は脅かされています。
その、人間の自由のために仮面ライダーは闘っていたのです。

私が住んでいる地方では、この10月から毎週火曜日に『仮面ライダー』の放映が始まりました。
その第1話目のワンシーンで、ショッカーに改造されてしまった本郷猛が、ショッカーを裏切ってしまった事を後悔し始める緑川博士に
『僕は人間の自由のために闘います』
と宣言する場面がありました。
何度も再放送され何度も目にしたシーンのはずでしたが、今回の視聴ではこのシーンで鳥肌が立つくらい感動してしまいました。
放送局に『仮面ライダー』の放映を決めてくれた事への感謝の手紙をしたためようかと思ったくらいです。

そんなわけで
「俺も自由のために闘うのだ」
と決意を新たにする秋の日なのでした。
m(__)m



【音楽の話題】ゴーゴー・キカイダー

わんダフルらいふ涼しくなりました。
7月の頭頃からずっと半袖半ズボンで過ごしてきましたが、昨夜からは長袖長ズボンに切り替えました。
秋ですね。
二週間前の記事に
”今年の夏は惜しむ間もなく去ってしまったようです。”
と書いた翌日に気温35度を超える猛暑日になってズッコケましたが、さすがにもう暑くなることはないですよね。
……いや、お彼岸までは油断できませんかねぇ。

さてさて、今回の音楽の話題は
コチラ

特撮ソング史01ジャケ写は2010年にリリースされた
『特撮ソング史 I』のものです。
このアルバムは2枚組になっていて
『ゴーゴー・キカイダー』は、Disc1の23曲目に収録されています。

『ゴーゴー・キカイダー』は、1972年から翌1973年にかけて放映された特撮ドラマ『人造人間キカイダー』の主題歌です。
私は本放送ではなく後年になってから夕方の再放送で視聴しました。
主人公ジローに影響されてギターに興味を持ったりしましたが、演奏の腕はまったく上がらなかったです。
父が所持していたギターを持ち出して、家の近くにあった工場の建材置き場の高所に立ち、開放弦だけで弾けるEマイナーのアルペジオをひたすら繰り返すアホな子供でした。

AIの進歩が目覚ましい昨今ですが、このまま進歩したらやっぱり機械が意識を持ったり自我に目覚めたりするんでしょうか。
『人造人間キカイダー』は、そうなったときに起こりそうな悲劇的な側面を描いたりもしていました。
そういったドラマや漫画に多く接してきた世代としては、近年の学問やテクノロジーの発展に目を見張り胸躍らせつつも、なんとなく不安で不穏な予感に襲われたりするのです。
未来はなるべく明るくあってほしいと祈っています。
m(__)m


【音楽の話題】オンリー・ラブ・キャン・ブレイク・ユア・ハート

わんダフルらいふ9月に入って一気に秋めいてきましたね。
気温も例年に比べて低めで過ごしやすいです。
いつもの年なら、まだ残暑にのたうってる時季のはずですよね。
今年の夏は惜しむ間もなく去ってしまったようです。


さて、本日は音楽の話題ということで
コチラ

ニールヤング_アフターザゴールドラッシュニール・ヤングです。
ジャケ写は1970年にリリースされた彼の2枚目のソロアルバム
『アフター・ザ・ゴールド・ラッシュ』のものです。
『オンリー・ラブ・キャン・ブレイク・ユア・ハート』は、このアルバムの2曲目に収録されています。

なんとなく可愛らしくて、そしてちょっと切ない曲調のアコースティックな曲です。
歌詞の内容は
”いつでも上手くやろうと一生懸命だけど でも、愛にだけは心を乱される”
みたいな感じでしょうか。
なんとなく恋愛関係の歌のようですが英語がよく分かってない状態で聴き続けてきたので、歌詞の内容に関係なく、この歌を聴くと小さい頃に野っ原でバッタを追っ掛け回した時の事を思い出したりして、何とも懐かしい気分になるのです。

ニール・ヤングの歌声には独特な味があって、色々上手くいかないときに聴いたりすると
『大丈夫、お前ならやれるよ』
と励まされているような気分になったりするのです。
気が付くと、かなりの頻度で繰り返し聴いていたりするので、この曲を含むアルバムは手放せない一枚になっています。
m(__)m



【音楽の話題】ジョビ・ジョバ

わんダフルらいふ昼はまだ暑いですが日没後は随分と涼しくなりました。
秋になるのがいつもの年より早いんじゃないでしょうか。
今年はおとなしい感じだった近所の公園のセミが、今朝ほどは慌てたように一斉に鳴き始めたようでした。
そんなセミの皆さんには申し訳ないですが、例年になくバテ気味の私としては早めに涼しくなってくれるに越したことはないです。
ヽ(´Д`)ノ 夏終われ~

さて、本日は音楽の話題になります。
コチラ
ジプシーキングスジプシー・キングスです。
ジャケ写は1988年にリリースされた彼らのアルバム
『ジプシー・キングス』のものです。
『ジョビ・ジョバ』は、このアルバムの8曲目に収録されています。

彼らの音楽は主にフラメンコを基調としたものなのでスペインをイメージしがちですが、ジプシー・キングスはフランスのバンドなのです。
私も最初それを知った時にはちょっと驚きました。
ちょっと驚いたので、ジプシー・キングスを聴いている知り合いを見つけると
「ジプシー・キングスってフランスのバンドなんだよ」
と教えてあげて優越感に浸ろうと思ったりしたのですが、だいたいは
「ふ~ん……」
みたいな薄いリアクションが返ってきてガッカリでした。

初めてこの曲を聴いたのは、ゥン十年前、バイト先で仕事中に聴いていたラジオから流れてきたときでした。
そのときにいっぺんで気に入って、その日の昼休みにバイト先近くのレコード屋で手に入れて以来ゥン十年間ずっと聴いてます。
何かラテン系の音楽って何故だか郷愁を誘われるところがあって、そこに魅かれてしまうのです。
特にフラメンコはその最たるものに感じるのです。
行ったこともなく、故郷でもない遠い異国の音楽を聴いて郷愁に浸るというのも考えてみれば変な感じですが、それを可能にするのがまた音楽の不思議であったりすると思うのです。
m(__)m



【音楽の話題】ブラームス: ピアノ協奏曲 第2番 変ロ長調 作品83

わんダフルらいふ本日は立秋だそうですよ。
暦上では今日から秋という事になりますが、まだまだ暑い日が続きそうですね。
連日の熱帯夜もキビシイですね;;
寝不足でボーッとしないように気を付けたいです。


さてさて、本日は音楽の話題ということで
コチラ

バックハウス_ブラコン2ヨハネス・ブラームスです。
ジャケ写は1967年にヴィルヘルム・バックハウスのピアノで、カール・ベーム指揮、ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団の演奏で録音された『ピアノ協奏曲 第2番』のものです。

この曲はブラームスが48歳頃の1881年に完成させた曲です。
この当時の協奏曲のほとんどは3楽章の構成で作曲されていましたが、このブラームスの『ピアノ協奏曲 第2番』は第2楽章にスケルツォを置いた4楽章の構成になっています。
協奏曲としては壮大で演奏時間も長いため『ピアノ独奏付き交響曲』と言われたりもするようです。

ブラームスの音楽といえば秋とか冬に聴いてセンチメンタルな気分を味わう、というのが私の偏見に満ちた印象なのですが、この『ピアノ協奏曲 第2番』に関しては例外的に今の季節にもピッタリな気がします。
第1楽章冒頭のホルンとピアノの掛け合いがとても爽やかで、草原を渡る風のようです。夏の夕暮れの浜辺に吹く風もこんな感じかもしれません。
とにかく真夏の暑い日に聴くと、ホッとする涼しさが味わえる冒頭だと思うのです。

ピアノのバックハウスは、この録音当時すでに83歳でしたが、音からはまったくその年齢を感じません。それどころか、その矍鑠(かくしゃく)たる演奏は本当に感動的です。
現在ではこの曲の録音も立派な演奏が数多くありますが、それでも尚この1967年録音のバックハウス&ベーム盤を筆頭に挙げたいと思います。

そんなわけで真夏のブラームスもなかなかイケてます。
m(__)m


【音楽の話題】ジプシー仲間(Gitano)

わんダフルらいふ7月とは思えない涼しい日が続いていたかと思ったら急に蒸し暑くなりましたね;;
関東地方もそろそろ梅雨明けでしょうか。
日によって気温差が激しいと体がついて行きません。
体調を崩さないように気を付けたいです。


さてさて、本日は音楽の話題です。
コチラ

サンタナ_アミーゴサンタナです。
ジャケ写は1976年にリリースされた彼らの7枚目のアルバム
『アミーゴ』のものです。
『ジプシー仲間(原題:Gitano)』はCDでは4曲目に収録されているようです。
私が所持しているのはアナログ盤なのでB面の一曲目になります。

このアルバムには超有名曲の『哀愁のヨーロッパ』が収録されていて、それを目的に購入した訳ですが、アルバムを通して聴いているうちに『ジプシー仲間』の方が気に入ってしまい、以来、この曲だけ何度も繰り返し聴いたりしていました。

アルバム的には”『哀愁のヨーロッパ』が収録されているアルバム”という認識のされ方で、他の収録曲はパッとしないと言ったような、ちょっと残念な評価をされているように見受けられますが、私は割と好きなアルバムです。
特に『ジプシー仲間』は出だしのフラメンコ調のギターにいきなり胸の琴線を鷲掴みにされます。
曲の本題に入るとラテンのリズムに乗ったアコースティックな楽器群が気持ちよく鳴り始め、体中の血流が加速するのを感じます。
16分音符と3連符が絡み合ったようなリズムが何とも心地良くてたまりません。
サンタナは比較的ウチのプレーヤーのターンテーブルに乗る頻度が低いバンドでしたが、この曲は毎年蒸し暑くなってくると聴きたくなる曲の中の一つになっているのです。
m(__)m



サークルプロフィール
ギャラリー:2012~
  • 【ギャラリー更新】姉上(オリジン)
  • 【ギャラリー更新】旅に~ 終わりはない ♪
  • 【ギャラリー更新】旅に~ 終わりはない ♪
  • 【ギャラリー更新】びくともしない でかいやつ ♪
  • 【ギャラリー更新】びくともしない でかいやつ ♪
  • 【ギャラリー更新】とりあえず同盟を結ぼうか♪
  • 【ギャラリー更新】とりあえず同盟を結ぼうか♪
  • 【ギャラリー更新】侵略されてるゾッ♪
  • 【記念画】一人一人が想うことは
  • 『2012~』ギャラリー その3
  • 『2012~』ギャラリー その3
  • 『2012~』ギャラリー その3
  • 『2012~』ギャラリー その3
  • 『2012~』ギャラリー その3
  • 『2012~』ギャラリー その3
  • 『2012~』ギャラリー その3
  • 『2012~』ギャラリー その3
  • 『2012~』ギャラリー その3
  • 『2012~』ギャラリー その3
  • 『2012~』ギャラリー その3
  • 『2012~』ギャラリー その3
  • 『2012~』ギャラリー その2
  • 『2012~』ギャラリー その2
  • 『2012~』ギャラリー その2
  • 『2012~』ギャラリー その2
  • 『2012~』ギャラリー その2
  • 『2012~』ギャラリー その2
  • 『2012~』ギャラリー その2
  • 『2012~』ギャラリー その2
  • 『2012~』ギャラリー その2
  • 『2012~』ギャラリー その2
  • 『2012~』ギャラリー その2
  • 『2012~』ギャラリー その2
  • 『2012~』ギャラリー その2
  • 『2012~』ギャラリー その2
  • 『2012~』ギャラリー その2
  • 『2012~』ギャラリー その2
  • 『2012~』ギャラリー その2
  • 『2012~』ギャラリー その2
  • 『2012~』ギャラリー その2
  • 『2012~』ギャラリー その2
  • 『2012~』ギャラリー その2
  • 『2012~』ギャラリー その2
  • 『2012~』ギャラリー その2
  • 『2012~』ギャラリー その2
  • 『2012~』ギャラリー その2
  • 『2012~』ギャラリー その2
  • 『2012~』ギャラリー その2
  • 『2012~』ギャラリー その1
  • 『2012~』ギャラリー その1
  • 『2012~』ギャラリー その1
  • 『2012~』ギャラリー その1
  • 『2012~』ギャラリー その1
  • 『2012~』ギャラリー その1
  • 『2012~』ギャラリー その1
  • 『2012~』ギャラリー その1
  • 『2012~』ギャラリー その1
  • 『2012~』ギャラリー その1
  • 『2012~』ギャラリー その1
  • 『2012~』ギャラリー その1
  • 『2012~』ギャラリー その1
  • 『2012~』ギャラリー その1
  • 『2012~』ギャラリー その1
  • 『2012~』ギャラリー その1
  • 『2012~』ギャラリー その1
  • 『2012~』ギャラリー その1
  • 『2012~』ギャラリー その1
  • 『2012~』ギャラリー その1
  • 『2012~』ギャラリー その1
ギャラリー:オリジナル
  • 何となくこんな感じ その2
  • 何となく……こんな感じ
  • 『オリジナル』ギャラリー
  • 『オリジナル』ギャラリー
  • 『オリジナル』ギャラリー
  • 『オリジナル』ギャラリー
  • 『オリジナル』ギャラリー
  • 『オリジナル』ギャラリー
  • 『オリジナル』ギャラリー
  • 『オリジナル』ギャラリー
  • 『オリジナル』ギャラリー
  • 『オリジナル』ギャラリー
  • 『オリジナル』ギャラリー
  • 『オリジナル』ギャラリー
  • 『オリジナル』ギャラリー
  • 『オリジナル』ギャラリー
  • 『オリジナル』ギャラリー
  • 『オリジナル』ギャラリー
  • 『オリジナル』ギャラリー
  • 『オリジナル』ギャラリー
  • 『オリジナル』ギャラリー
  • 『オリジナル』ギャラリー
  • 『オリジナル』ギャラリー
  • 『オリジナル』ギャラリー
  • 『オリジナル』ギャラリー
  • 『オリジナル』ギャラリー
  • 『オリジナル』ギャラリー
  • 『オリジナル』ギャラリー
  • 『オリジナル』ギャラリー
  • 『オリジナル』ギャラリー
  • 『オリジナル』ギャラリー
ギャラリー:季節物
  • 【季節物】残暑お見舞い…… 遅すぎ?
  • 『季節物』ギャラリー
  • 『季節物』ギャラリー
  • 『季節物』ギャラリー
  • 『季節物』ギャラリー
  • 『季節物』ギャラリー
  • 『季節物』ギャラリー
  • 『季節物』ギャラリー
  • 『季節物』ギャラリー
  • 『季節物』ギャラリー
  • 『季節物』ギャラリー
  • 『季節物』ギャラリー
  • 『季節物』ギャラリー
  • 『季節物』ギャラリー
  • 『季節物』ギャラリー
  • 『季節物』ギャラリー
  • 『季節物』ギャラリー
  • 『季節物』ギャラリー
  • 『季節物』ギャラリー
  • 『季節物』ギャラリー
旧『大無節操大倶楽部』
  • 旧『大無節操大倶楽部』ギャラリー
  • 旧『大無節操大倶楽部』ギャラリー
  • 旧『大無節操大倶楽部』ギャラリー
  • 旧『大無節操大倶楽部』ギャラリー
  • 旧『大無節操大倶楽部』ギャラリー
  • 旧『大無節操大倶楽部』ギャラリー
  • 旧『大無節操大倶楽部』ギャラリー
  • 旧『大無節操大倶楽部』ギャラリー
  • 旧『大無節操大倶楽部』ギャラリー
  • 旧『大無節操大倶楽部』ギャラリー
最新コメント
記事検索
作品一覧
FANZA同人内『凡人堂』作品リスト

  • RSS
  • Dlsite blog