わんダフルらいふ季節と共に気温がどんどん下がってきましたね。
朝、布団から出るのがだんだん億劫になってきました。
目が覚めるとノドが痛い事があります。
睡眠中の乾燥にも気を付けないといけませんね。
これからの季節はミカンなどがビタミンCも摂れて、ノドも適度に潤うのでいい感じです。


さてさて、本日は音楽の話題です。
コチラ
まぼろしの世界ドアーズです。
ジャケ写は1967年にリリースされた彼らの2枚目のアルバム
『STRANGE DAYS (邦題:まぼろしの世界)』のものです。
『People are Strange』は、このアルバムの7曲目(アナログ盤だとB面1曲目)に収録されています。

ドアーズといえば1stアルバムが超名盤ですが、こちらの2ndアルバムも負けず劣らずの超名盤です。
収録曲の統一感で言えばこちらの方が上かもしれません。
大好きなバンドの超お気に入りアルバムなので聴く頻度もかなり高いです。
中でも『People are Strange』はこのアルバムを聴き始めた当初からのお気に入り曲の一つです。

歌詞の内容を大雑把に書きますと
”落ち込んでいるときは 世界が奇妙に感じられる”
みたいな感じでしょうか。大雑把すぎたかもしれません;
たぶん、
「周囲で起こる物事はコチラの出方次第、受け止め方次第で感じ方は様々に変わる」
っていうような事を歌ってるんじゃないかと思います。
当然と言えば当然に感じますが、落ち込んでいるときっていうのは、当然と思われることに気付くのもなかなかに難しいものです。
まずは勇気をもって、とにかく一歩踏み出したいですね。
そんな感じの今日この頃なのでした。
m(__)m