わんダフルらいふいつの間にやら秋も深まってまいりました。
朝夕の空気がひんやりとして感じます。
昼間はまだ暖かいので過ごしやすいですが油断すると風邪をひいてしまいそうです。
気を付けないとですね。


さて、今回の音楽の話題は
コチラ

仮面ライダーeternal edition仮面ライダーです。
こないだ10月3日に話題にしたばかりですが、今回も仮面ライダーです。
ジャケ写も10月3日の記事と同じく2002年にリリースされた
『「仮面ライダー」ETERNAL EDITION File No.1,2,3』のFile No.1のものです。
『仮面ライダーのうた (TV Size)』は、File No.1の16曲目に収録されています。

10月3日の記事ではオープニングの『レッツゴー!! ライダーキック』を話題にしましたが、今回はエンディングの『仮面ライダーのうた』です。

先日も書きました通り、私の住んでいる地方では『仮面ライダー』が放映されています。
毎週一回の放映を楽しみに視聴しています。
現在、第5話まで放映されました。
今回の視聴で気付いたのですが、オープニング後奏の『仮面ライダー本郷猛は改造人間である……』のナレーションって第5話からだったんですね。
第1話から第4話までオープニングの終わりの部分を「あれあれ?ナレーションは?」と思いながら見ていましたが、やっと安心できました。

エンディングではライダーがたった一人で、並み居るショッカー戦闘員を相手に闘っている映像が流れます。
遠くに東京タワーらしき建造物が見えたりしますので、闘いの場所は東京湾の埋め立て地でしょうか。
旧1号ライダーのダークな色合いがカッコよすぎてシビレます。
そのエンディングで一人きりひたすら戦う彼の姿に、幼い頃の私は『闘いとは孤独なものなのだ』という事を教わったのでありました。
(*´ー`)ゞ