わんダフルらいふ本日は先週と打って変わってとても暖かです。
これくらい暖かだと楽でいいですね。
このまま一気に名実とも春になってくれるといいんですが、きっとそうはいかないんだろうと思います。
『暑さ寒さも彼岸まで』といいますから春分までは油断できませんよね。


さてさて、昨年は『SSSS GRIDMAN』にハマった私でしたが、今年に入っていきなり『どろろ』にハマってしまいました。
原作の漫画版や旧作の白黒アニメ版と比べるとかなりアレンジされている感じですが、オープニング、エンディングを含めた本編全体から漂う雰囲気が統一されていて、頭の先から尻尾の先まで毎回話に引き込まれます。
気分的にしんどくなる描写も多いのですが、それでも毎回の放映を楽しみにしています。

そんなわけで本日の音楽の話題は
コチラ
手塚治虫の世界ジャケ写は1989年に発売されたCD
『手塚治虫の世界』のものです。
『どろろの歌』は、このアルバムのDisc 2の1曲目に収録されています。

日頃からオッサンであることを強調している私ではありますが、さすがに旧作をリアルタイムで視聴した世代ではないのです。
原作漫画は小学生のときにお年玉で買い揃え、ボロボロになるまで読みました。
一時期はかなりのめり込んだ作品です。
その後、割と大きくなってからマニアの友人に旧作の白黒アニメ版を見せてもらいました。
そのとき初めて主題歌を聴いたわけですが、衝撃的でした。
冨田勲作曲の重厚で壮大さが漂う曲調から、いきなりあの歌詞『ホゲホゲタラタラホゲタラポン』が飛び出すわけです。
最初は何だかよく分からなかったのですが、聴いているうちに気に入ってしまい、本編そっちのけで主題歌の部分だけ繰り返し何度も見せて貰ってました。
今でも気分が落ち込んだ時など、時々聴いて歌ったりしてます。

へへへのへ話はちょっと変わりまして、先月の事だったと思いますが、某公共放送で放映していた『みんなで筋肉体操』を見ておりました。
画面上では男性三人が見るからにキツそうな運動をしてまして、そのとき指導役の先生が「キツいけどツラくない!」って言ったんです。
私この「キツいけどツラくない!」が大変気に入りまして、それ以来、気分的に滅入ることがあったり、体力的に厳しい時などには「キツいけどツラくない!」と呟いてみたりするのです。そうすると何となく気分が楽になるわけです。

で、この「キツいけどツラくない!」って、何だかどろろっぽいなぁと思ったりするのです。
へへへのへ
m(__)m