わんダフルらいふ日々の気温差が身にこたえる時季になりましたね;;
季節の変わり目は体調を崩しやすいので注意が必要です。
体調維持には規則正しい生活が大事です。
出来るだけ睡眠をとり、軽い運動などするのも良いかもしれません。
……と、分かっていてもなかなかその通りにはできなかったりするんですけどね;;


さてさて、今回は音楽の話題です。
コチラ

続・夕陽のガンマンエンニオ・モリコーネです。
ジャケ写は1967年公開の映画『続・夕陽のガンマン(英題:The Good, the Bad and the Ugly)のサントラ盤のものです。

この映画のタイトルを見ると『夕陽のガンマン(英題:For a Few Dollars More)』の続編のように思ってしまいますが、全く別物です。
原題を邦訳したものでは『善玉、悪玉、卑劣漢』というのをよく見ますが、内容からすると『イケメンな奴、悪いことする奴、酷い奴』が良い気がします。

このテーマ曲はこの作品のテーマ曲であるだけでなく、マカロニ・ウェスタンを代表する曲と言って良いんじゃないでしょうか。たぶん多くの人が聞き覚えのあるメロディーだと思います。

何度か書いたかもしれませんが、私ゴシック・ホラーとかマカロニ・ウエスタンが大好きで、特にマカロニ・ウエスタンのサントラ音楽には故郷の歌を聴いた時のような郷愁を感じてしまったりするのです。
それに、とにかく荒野のガンマンという存在に憧れてしまうのです。
気分が落ち込んだ時や、いろんなことが上手くいかないときには、こういったマカロニ・ウエスタンのサントラ盤をエンドレスで聴き続け、砂塵舞う荒野を一人孤独に旅する無頼のガンマン気分を味わうのです。

そんな訳で、この『続・夕陽のガンマン』のサントラ盤も今までに何度聴いたか知れません。
テーマ曲の秀逸さはもちろんの事、物語のクライマックスで掛かる『黄金のエクスタシー』という曲は、何度聴いてもアドレナリンが鼻から噴き出そうになります。
なぜ自分がこんなにもマカロニ・ウエスタンの音楽に魅かれるのかは謎ですが、思い返せば学生時代の頃からメンタル面を整えるうえで外せないアイテムになっていたりするのです。
m(__)m