わんダフルらいふ昨日、一昨日と割と寒さが緩んだ感じがしていましたが、今朝は寒かったですね;;
布団から這い出るのに一苦労でした。
今冬はいつもの冬より寒く感じられます。
この分だとこれからの一番寒い時季が思いやられます。
とにかく体調管理はしっかりしたいものです。

さてさて、今回は音楽の話題です。
コチラ

ショルティ_ワーグナー序曲集150リヒャルト・ワーグナーです。
ジャケ写は、ゲオルグ・ショルティの指揮で録音されたワーグナーの管弦楽曲集のものです。
収録された7曲は全て歌劇・楽劇からの序曲か前奏曲で、そのうちの2曲がウィーン・フィルハーモニー管弦楽団、5曲がシカゴ交響楽団の演奏です。
楽劇「ニュルンベルクのマイスタージンガー」~第一幕への前奏曲は、このCDの5曲目にシカゴ交響楽団の演奏で収録されています。

私がこの曲を初めて聴いたのはカール・ベーム指揮のウィーン・フィルが録音した「管弦楽曲集」のレコードで、その壮大で流麗な曲調にいっぺんで魅了されました。
それから暫くの間ワーグナーばかり聴いていた時期があって、それで色んな演奏を聴くうちにこのショルティの演奏に出会ったわけです。
シカゴ響は金管楽器がパワフルです。
そのうえショルティ指揮でのこの演奏はとても堂々としていて曲の壮大さを際立たせています。
上へ上へと、前へ前へと進もうとする推進力がとにかく圧倒的です。

そんなわけで、この曲は年の初めの勢い付けに聴くにはもってこいの一曲です。
私も今月中は毎朝一番にこの曲を聴いて気合を入れ直し、今年一年を邁進していきたいと思います。
m(__)m