FUN HOUSE

凡人堂: たんくろーのブログ

【音楽の話題】ゼア・エイント・ノー・サニティ・クローズ

わんダフルらいふ寒いですね~;;
朝布団から出るのが億劫な季節になりました。
「あともう少し……」
と、布団の中でヌクヌクしていると、うっかり二度寝してしまいそうになります。
冬の朝の布団には得体の知れない魔力が宿っているのです。
目が覚めたら毅然とした態度で布団から出る勇気が欲しいですね。

さてさて本日は音楽の話題ということで
コチラ

ダムド:サニティ・クローズダムドです。
ジャケ写は、1980年にリリースしたシングル
『ゼア・エイント・ノー・サニティ・クローズ(There Ain't No Sanity Clause)』のものです。

12月といえばクリスマス!
クリスマスといえばサンタクロース!
そんなわけでジャケットにサンタクロースがあしらわれたこの曲を選んでみました。
ノリが良くて疾走感があって、むちゃくちゃカッコいい曲です。

英語が苦手なので何を歌っている曲なのか全く分からずに聴いていましたが、今の時代、知りたいと思って調べれば、ある程度は分かる便利な世の中です。
そんなわけでチョコっと調べてみました。

この曲のタイトルとサビのコーラスの歌詞に使われている
『ゼア・エイント・ノー・サニティ・クローズ(There Ain't No Sanity Clause)
というのは、1935年にサム・ウッド監督によるマルクス兄弟のコメディ映画
『オペラは踊るA Night at the Opera
の中のセリフからの引用のようです。

映画の中で、契約書にサインを求められた人物がそこに書かれたある条文の説明を求めると
「どんな契約書にも書かれてある正気条項(sanity clause="サニティ・クローズ")ですよ」
との説明を受け
「バカにするな、"サンタクロース"(Santa Claus)なんていないだろ!」
(You can't fool me. There ain't no Sanity Clause!)
と返す場面です。

ダムドというバンドは契約問題で多々辛酸をなめました。
多分この曲をリリースした当時もそういった事があったのだと思われます。
それで件の映画のセリフを引用して歌ったのかも知れません。

契約書っていうのは「わざとだろ、これ……」
と思うくらい分かり難い言葉で七面倒な文章が書かれてありますよね。
しかし、サインしたり印鑑を押したりする際には面倒でもきちんと確認するようにしたいです。

でわでわそんな感じで、皆さんの元には素敵なサンタクロースが訪れる事をお祈り致します。
m(__)m




【ギャラリー更新】記念画です

12月になりました。師走です。
毎年この忙しなさに気分的にやられます。
シッカリしないといけません;;

さてさて、12月は当サークルが活動を再開した記念の月という事になっています。
おかげ様で今年5周年目を迎えることができました。
日頃より当サークルをご支援いただいている皆さんに心から感謝いたします。
本当にありがとうございます。
これからも精進を重ねて参りますので、今後ともご指導ご鞭撻のほど宜しくお願い致します。
m(__)m

そういうわけで今回は記念画です。
コチラ

5周年記念画

オリジナルのキャラを描いてみました。
後列向かって左から「さやかさん、千鶴さん、由香里さん」
前列向かって左から「幸之助さん、健太郎さん」です。
画像をクリックするといつものごとく少し大きめの画が開きます。

考えなしにゴチャッと描いちゃったんで背景の文字がまったくわからなくなってしまいましたが、これまでに描いた記念画との統一感の方を重視してそのままにしました。
絵面的にもう少しオメデタイ感があってもよかったかなと思いますが、各キャラの雰囲気が何となく出てるのでオッケーということにします。

そんなわけで文末になりましたが、6年目のサークル「凡人堂」も、どうぞ宜しくお願い致します。
m(__)m



【音楽の話題】Autumn Leaves

わんダフルらいふ本日は朝から雨降りです。
気温はさほど低くないようですが雨のせいか実際より寒く感じられます。
昨日は良い陽気で過ごしやすかっただけに、そのギャップが身にこたえます。
そう言えば今年は街路樹のイチョウがなかなか黄色くなりません。
まだ一気に冷え込む日がないせいでしょうか。
今年はいっぺんに黄色くなる事なく終わるのかも知れません。

さてさて本日は音楽の話題です。
そんなわけでコチラ

ビル・エヴァンス:ポートレイト・イン・ジャズビル・エヴァンスです。
ジャケ写は、1959年にビル・エヴァンス・トリオ(ピアノ:ビル・エヴァンス、ベース:スコット・ラファロ、ドラム:ポール・モチアン)の演奏で発表されたスタジオアルバム
『ポートレイト・イン・ジャズ』のものです。
『Autumn Leaves』は、このアルバムの2曲目にテイク1、3曲目にテイク2が収められています。

『Autumn Leaves』の原曲は広く知られたシャンソンのスタンダードで、日本では『枯葉』という邦題で親しまれています。
この曲は大体の場合、ゆったりとしたテンポで哀愁に満ち、もの悲しく演奏される事が多いと思いますが、このアルバムの演奏では軽快なリズムで軽やかに演奏されています。
各所の解説等によりますと、この演奏は、このジャンルにおいて特に重要な名演とされていて、その後の演奏家たちに多大な影響を与えたそうです。
多くの人に知られた有名な曲を大胆にアレンジして成功するのはなかなか大変だと思います。
このトリオのセンスと演奏技術による賜物でしょう。

『ポートレイト・イン・ジャズ』は『Autumn Leaves』だけでなく他の収録曲も名曲名演なので、何度繰り返し聴いても全く飽きる事の無いアルバムです。
愛聴盤であります。
m(__)m



【ギャラリー更新】7号さん

先日、とある買い物をしまして、驚きました。
何をどう驚いたのか詳しく書くのはあまりにも恥ずかしいので止しておきますが、大雑把に言いますと
「世の中の変化に気付かず取り残されていた自分に気付いてしまった」
と、いったような感じです。
いやはや、もう恥ずかしいやら悔しいやらで…… ある種の買い物は、きちんと下調べをしてからの方が良いと、そういう事ですね;;

さてさて、本日はギャラリーの更新です。
コチラ

ユキ7号a

『セクサロイド』からユキ7号さん描いてみました。
画像をクリックすると例のごとく少し大きめの画が開きます。

原作に登場する彼女は、男の夢とロマンを具現化したような素敵なキャラですよね。
「青春の幻影」とはまたちょっと違った感じ。
いずれにしましても大変お世話になりました (*´ー`)

そしてコチラ脱衣版になってます。

ユキ7号b

こちらも画像をクリックすると少し大きめの画が開きます。

右下に大きなスペースが空いてしまっているのが気になりますが、そこは「虚無的なナニカ」を表現したのだ……という事にしておいて下さい (;´ー`)
m(__)m



【音楽の話題】ブラームス:交響曲 第4番 ホ短調 作品98

わんダフルらいふいつの間にか立冬過ぎちゃってました。
暦の上ではもう冬って事ですね。
立冬を過ぎてこの二日間程はポカポカ陽気で過ごしやすい日が続いています。
寒くなってくると毎年のように書いていますが、冬は苦手です。
出来る事ならこの冬は、なるべく寒くない冬でお願いしたいです。


さてさて本日は音楽の話題は
コチラ

カラヤン:ブラームス交響曲全集ヨハネス・ブラームスです。
ジャケ写は、ヘルベルト・フォン・カラヤン指揮、ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団の演奏で1977年から1978年にかけて録音されたブラームスの交響曲全集のものです。

ブラームスを話題にするたびに書いているような気がしますが、つい何年か前まではブラームスの音楽はあまり聴いた事がありませんでした。
あまり聴いた事が無かったブラームスを割と頻繁に聴くようになった切っ掛けがこの交響曲全集だったわけです。

この全集にはブラームスの4つの交響曲が収められています。
70年代のカラヤン=ベルリン・フィルは一番脂の乗っていた頃で、この全集ではどの曲も最高の演奏を聴かせてくれています。
中でも4番は世界遺産級の出来栄えだと思います。
この演奏を最初に聴いた時、突然目の前に樹々の生い茂る深い森が立ち現れたような気がして、仰け反る位に驚きました。
第1楽章の1分を過ぎたあたりだったと思います。
低音部の弦楽器が「ゴーゥ」と鳴って、それが森を吹き抜ける風の音に聞こえたりもしました。

それでこの曲にハマって、他の指揮者、他のオーケストラの演奏も幾つか聴いてみた訳です。
しかし、確かに名演は多くあるのですが、最初にカラヤン=ベルリン・フィルで聴いた時に体験したような衝撃を感じる演奏はまだありません。
多分あの時に感じた衝撃は『あの時』限定だったんでしょうね。

そんなわけで、また新たな驚きや発見を求めて、尚も冒険は続くのです。
m(__)m



サークルプロフィール
ギャラリー:2012~
  • 『2012~』ギャラリー その3
  • 『2012~』ギャラリー その3
  • 『2012~』ギャラリー その3
  • 『2012~』ギャラリー その3
  • 『2012~』ギャラリー その3
  • 『2012~』ギャラリー その3
  • 『2012~』ギャラリー その3
  • 『2012~』ギャラリー その3
  • 『2012~』ギャラリー その3
  • 『2012~』ギャラリー その3
  • 『2012~』ギャラリー その2
  • 『2012~』ギャラリー その2
  • 『2012~』ギャラリー その2
  • 『2012~』ギャラリー その2
  • 『2012~』ギャラリー その2
  • 『2012~』ギャラリー その2
  • 『2012~』ギャラリー その2
  • 『2012~』ギャラリー その2
  • 『2012~』ギャラリー その2
  • 『2012~』ギャラリー その2
  • 『2012~』ギャラリー その2
  • 『2012~』ギャラリー その2
  • 『2012~』ギャラリー その2
  • 『2012~』ギャラリー その2
  • 『2012~』ギャラリー その2
  • 『2012~』ギャラリー その2
  • 『2012~』ギャラリー その2
  • 『2012~』ギャラリー その2
  • 『2012~』ギャラリー その2
  • 『2012~』ギャラリー その2
  • 『2012~』ギャラリー その2
  • 『2012~』ギャラリー その2
  • 『2012~』ギャラリー その2
  • 『2012~』ギャラリー その2
  • 『2012~』ギャラリー その2
  • 『2012~』ギャラリー その2
  • 『2012~』ギャラリー その2
  • 『2012~』ギャラリー その1
  • 『2012~』ギャラリー その1
  • 『2012~』ギャラリー その1
  • 『2012~』ギャラリー その1
  • 『2012~』ギャラリー その1
  • 『2012~』ギャラリー その1
  • 『2012~』ギャラリー その1
  • 『2012~』ギャラリー その1
  • 『2012~』ギャラリー その1
  • 『2012~』ギャラリー その1
  • 『2012~』ギャラリー その1
  • 『2012~』ギャラリー その1
  • 『2012~』ギャラリー その1
  • 『2012~』ギャラリー その1
  • 『2012~』ギャラリー その1
  • 『2012~』ギャラリー その1
  • 『2012~』ギャラリー その1
  • 『2012~』ギャラリー その1
  • 『2012~』ギャラリー その1
  • 『2012~』ギャラリー その1
  • 『2012~』ギャラリー その1
ギャラリー:オリジナル
  • 『オリジナル』ギャラリー
  • 『オリジナル』ギャラリー
  • 『オリジナル』ギャラリー
  • 『オリジナル』ギャラリー
  • 『オリジナル』ギャラリー
  • 『オリジナル』ギャラリー
  • 『オリジナル』ギャラリー
  • 『オリジナル』ギャラリー
  • 『オリジナル』ギャラリー
  • 『オリジナル』ギャラリー
  • 『オリジナル』ギャラリー
  • 『オリジナル』ギャラリー
  • 『オリジナル』ギャラリー
  • 『オリジナル』ギャラリー
  • 『オリジナル』ギャラリー
  • 『オリジナル』ギャラリー
  • 『オリジナル』ギャラリー
  • 『オリジナル』ギャラリー
  • 『オリジナル』ギャラリー
  • 『オリジナル』ギャラリー
  • 『オリジナル』ギャラリー
  • 『オリジナル』ギャラリー
  • 『オリジナル』ギャラリー
  • 『オリジナル』ギャラリー
  • 『オリジナル』ギャラリー
  • 『オリジナル』ギャラリー
  • 『オリジナル』ギャラリー
  • 『オリジナル』ギャラリー
  • 『オリジナル』ギャラリー
ギャラリー:季節物
  • 『季節物』ギャラリー
  • 『季節物』ギャラリー
  • 『季節物』ギャラリー
  • 『季節物』ギャラリー
  • 『季節物』ギャラリー
  • 『季節物』ギャラリー
  • 『季節物』ギャラリー
  • 『季節物』ギャラリー
  • 『季節物』ギャラリー
  • 『季節物』ギャラリー
  • 『季節物』ギャラリー
  • 『季節物』ギャラリー
  • 『季節物』ギャラリー
  • 『季節物』ギャラリー
  • 『季節物』ギャラリー
  • 『季節物』ギャラリー
  • 『季節物』ギャラリー
旧『大無節操大倶楽部』
  • 旧『大無節操大倶楽部』ギャラリー
  • 旧『大無節操大倶楽部』ギャラリー
  • 旧『大無節操大倶楽部』ギャラリー
  • 旧『大無節操大倶楽部』ギャラリー
  • 旧『大無節操大倶楽部』ギャラリー
  • 旧『大無節操大倶楽部』ギャラリー
  • 旧『大無節操大倶楽部』ギャラリー
  • 旧『大無節操大倶楽部』ギャラリー
  • 旧『大無節操大倶楽部』ギャラリー
  • 旧『大無節操大倶楽部』ギャラリー
最新コメント
記事検索
作品一覧
DMM同人内『凡人堂』作品リスト

  • RSS
  • Dlsite blog