FUN HOUSE

凡人堂: たんくろーのブログ

【ギャラリー更新】7号さん

先日、とある買い物をしまして、驚きました。
何をどう驚いたのか詳しく書くのはあまりにも恥ずかしいので止しておきますが、大雑把に言いますと
「世の中の変化に気付かず取り残されていた自分に気付いてしまった」
と、いったような感じです。
いやはや、もう恥ずかしいやら悔しいやらで…… ある種の買い物は、きちんと下調べをしてからの方が良いと、そういう事ですね;;

さてさて、本日はギャラリーの更新です。
コチラ

ユキ7号a

『セクサロイド』からユキ7号さん描いてみました。
画像をクリックすると例のごとく少し大きめの画が開きます。

原作に登場する彼女は、男の夢とロマンを具現化したような素敵なキャラですよね。
「青春の幻影」とはまたちょっと違った感じ。
いずれにしましても大変お世話になりました (*´ー`)

そしてコチラ脱衣版になってます。

ユキ7号b

こちらも画像をクリックすると少し大きめの画が開きます。

右下に大きなスペースが空いてしまっているのが気になりますが、そこは「虚無的なナニカ」を表現したのだ……という事にしておいて下さい (;´ー`)
m(__)m



【音楽の話題】ブラームス:交響曲 第4番 ホ短調 作品98

わんダフルらいふいつの間にか立冬過ぎちゃってました。
暦の上ではもう冬って事ですね。
立冬を過ぎてこの二日間程はポカポカ陽気で過ごしやすい日が続いています。
寒くなってくると毎年のように書いていますが、冬は苦手です。
出来る事ならこの冬は、なるべく寒くない冬でお願いしたいです。


さてさて本日は音楽の話題は
コチラ

カラヤン:ブラームス交響曲全集ヨハネス・ブラームスです。
ジャケ写は、ヘルベルト・フォン・カラヤン指揮、ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団の演奏で1977年から1978年にかけて録音されたブラームスの交響曲全集のものです。

ブラームスを話題にするたびに書いているような気がしますが、つい何年か前まではブラームスの音楽はあまり聴いた事がありませんでした。
あまり聴いた事が無かったブラームスを割と頻繁に聴くようになった切っ掛けがこの交響曲全集だったわけです。

この全集にはブラームスの4つの交響曲が収められています。
70年代のカラヤン=ベルリン・フィルは一番脂の乗っていた頃で、この全集ではどの曲も最高の演奏を聴かせてくれています。
中でも4番は世界遺産級の出来栄えだと思います。
この演奏を最初に聴いた時、突然目の前に樹々の生い茂る深い森が立ち現れたような気がして、仰け反る位に驚きました。
第1楽章の1分を過ぎたあたりだったと思います。
低音部の弦楽器が「ゴーゥ」と鳴って、それが森を吹き抜ける風の音に聞こえたりもしました。

それでこの曲にハマって、他の指揮者、他のオーケストラの演奏も幾つか聴いてみた訳です。
しかし、確かに名演は多くあるのですが、最初にカラヤン=ベルリン・フィルで聴いた時に体験したような衝撃を感じる演奏はまだありません。
多分あの時に感じた衝撃は『あの時』限定だったんでしょうね。

そんなわけで、また新たな驚きや発見を求めて、尚も冒険は続くのです。
m(__)m



【ギャラリー更新】風~切る~鉄拳~♪

今日は気持ちよく晴れて暖かだったので午前中は散歩に出掛けました。
たまにはジンワリと汗がにじむくらいに運動するのも気持ちが良いものです。
おかげで脳ミソの血の巡りも良くなったような気がします。

さてさて、本日はギャラリーの更新です。
コチラ

南波テルa

『破裏拳ポリマー』から南波テルさん描いてみました。
画像をクリックするともう少し大きめの画が開きます。

前回のギャラリー更新に引き続いてのタツノコキャラです。
『ポリマー』は、『テッカマン』や『キャシャーン』等と比べてコミカルで軽妙な描写が多かった印象です。
南波テルさんは、主人公が助手を勤める探偵事務所が入ったビルの持ち主でしたっけ。
オシャレな上に腕っぷしも強くカッコよかったですよね。
闘う女性キャラ大好きです。

そしてコチラ脱衣版になってます (*´ー`)

南波テルb

こちらも画像をクリックすると少し大きめの画が開きます。

ソックスの長さが分からなかったので、せっかくのストライプ柄ですしニーハイにしてみました。
脱衣後もブーツ履いてた方が良かったかもしれませんね~
そういう事は描いてる最中に気付きたいですね;;
修行します!
m(__)m




【音楽の話題】カレーライス

わんダフルらいふ

今回は音楽の話題です。
コチラ

エンケン_満足できるかな150遠藤賢司です。
ジャケ写は、彼が1971年に発表した二枚目のアルバム
『満足できるかな』のものです。
『カレーライス』は、このアルバムの2曲目に収められています。

昨日エンケンさん亡くなられたんですね。
私は一聴衆でしかありませんが、それでもなんだか寂しいです。
エンケンさんの70年代の歌は後追いで聴いた世代ですが、昨日の訃報に触れてからずっとこの曲が頭から離れなくなりました。

歌詞に綴られているのは「君と猫と僕」の何て事のない日常の一幕です。
君がカレーライスを作っている足元に猫がじゃれついて、僕はギターを弾いてカレーライスが出来るのを待っています。
テレビは当時世間を震撼させた事件を伝えています。
僕はそれを寝転がって見ています。
早く食べたいなカレーライス。
そんな感じの歌詞です。

一番の歌詞で、ジャガイモ、ニンジンを切っていた「君」が指を切ってしまう場面があり、二番の歌詞で「誰かがお腹を切っちゃった」とテレビのニュースが伝えます。
この二つのコントラストを意識して聴くと、ただ日常の一場面をサラリと歌っただけに聴こえるこの歌も何だか違った趣に感じられます。

今までエンケンさんの歌には励まされたり和まされたり考えさせられたり、色々お世話になりました。
これからも度々お世話になると思います。
有り難うございます。
お疲れさまでした。
m(__)m



【ギャラリー更新】燃えろ太陽~♪

まだ10月だというのに寒い日が続きますね;;
ついこないだまで半袖のTシャツいっちょで過ごしていたのが嘘のようです。
秋を飛び越えてしまった感じがします。
いっその事、このまま冬も飛び越えて一気に春になってくれないかと祈るばかりです。

さてさて今回はギャラリーの更新ということで
コチラ

天地ひろみa

『宇宙の騎士テッカマン』から天地ひろみさん描いてみました。
画像をクリックするともう少し大きめの画が開きます。

タツノコプロは、昨日10月19日で創設55周年を迎えたそうです。
私も小さい頃、タツノコアニメのお世話になりました。
『ガッチャマン』然り、『キャシャーン』『ポリマー』然りです。
中でも一番印象深く記憶に残っているのが『テッカマン』です。
シリアスで重厚な物語は勿論ですが、とにかくテッカマンのカッコよさに惹かれました。
雄叫びを上げながら敵の真っただ中に突っ込んでいく豪快な勇姿は今思い出しても痺れます。
クールでニヒルなアンドロー梅田もファンキーなファッションがイカしてましたね~
テレポートするときのポーズをよく真似たものでした(´ー`)

そして天地ひろみさんです。
ここまでバッチリお化粧したキャラは、あの頃のアニメには珍しかったように思います。
当時の私には青い瞼がとても衝撃的でした。
育ったのが田舎町だったせいなのか、身の周りにこんなメイクをした女性が皆無だったのです。
そう言った意味では、天地ひろみさんは田舎の子供が初めて目にした『都会的なもの』だったかも知れません。

そしてコチラ脱衣版になってます (*´ー`)

天地ひろみb

こちらも画像をクリックすると少し大きめの画が開きます。

オッパイ( ゚∀゚)o彡°はもっと小さかったかもしれません。
その辺りは描いた時の気分に左右されます。見逃して下さい(´Д`)

このキャラはずっと以前から描きたいと思っていたにもかかわらず、なかなか手が出なかったキャラでした。
今回こうして描く事が出来て、何だか宿題を一つ終えた気分になっています。
まだ幾つかそういったキャラが残ってますので、一つ一つかたちにしていきたいです。
でわでわ
m(__)m



サークルプロフィール
ギャラリー:2012~
  • 『2012~』ギャラリー その3
  • 『2012~』ギャラリー その3
  • 『2012~』ギャラリー その3
  • 『2012~』ギャラリー その3
  • 『2012~』ギャラリー その3
  • 『2012~』ギャラリー その3
  • 『2012~』ギャラリー その3
  • 『2012~』ギャラリー その3
  • 『2012~』ギャラリー その3
  • 『2012~』ギャラリー その3
  • 『2012~』ギャラリー その2
  • 『2012~』ギャラリー その2
  • 『2012~』ギャラリー その2
  • 『2012~』ギャラリー その2
  • 『2012~』ギャラリー その2
  • 『2012~』ギャラリー その2
  • 『2012~』ギャラリー その2
  • 『2012~』ギャラリー その2
  • 『2012~』ギャラリー その2
  • 『2012~』ギャラリー その2
  • 『2012~』ギャラリー その2
  • 『2012~』ギャラリー その2
  • 『2012~』ギャラリー その2
  • 『2012~』ギャラリー その2
  • 『2012~』ギャラリー その2
  • 『2012~』ギャラリー その2
  • 『2012~』ギャラリー その2
  • 『2012~』ギャラリー その2
  • 『2012~』ギャラリー その2
  • 『2012~』ギャラリー その2
  • 『2012~』ギャラリー その2
  • 『2012~』ギャラリー その2
  • 『2012~』ギャラリー その2
  • 『2012~』ギャラリー その2
  • 『2012~』ギャラリー その2
  • 『2012~』ギャラリー その2
  • 『2012~』ギャラリー その2
  • 『2012~』ギャラリー その1
  • 『2012~』ギャラリー その1
  • 『2012~』ギャラリー その1
  • 『2012~』ギャラリー その1
  • 『2012~』ギャラリー その1
  • 『2012~』ギャラリー その1
  • 『2012~』ギャラリー その1
  • 『2012~』ギャラリー その1
  • 『2012~』ギャラリー その1
  • 『2012~』ギャラリー その1
  • 『2012~』ギャラリー その1
  • 『2012~』ギャラリー その1
  • 『2012~』ギャラリー その1
  • 『2012~』ギャラリー その1
  • 『2012~』ギャラリー その1
  • 『2012~』ギャラリー その1
  • 『2012~』ギャラリー その1
  • 『2012~』ギャラリー その1
  • 『2012~』ギャラリー その1
  • 『2012~』ギャラリー その1
  • 『2012~』ギャラリー その1
ギャラリー:オリジナル
  • 『オリジナル』ギャラリー
  • 『オリジナル』ギャラリー
  • 『オリジナル』ギャラリー
  • 『オリジナル』ギャラリー
  • 『オリジナル』ギャラリー
  • 『オリジナル』ギャラリー
  • 『オリジナル』ギャラリー
  • 『オリジナル』ギャラリー
  • 『オリジナル』ギャラリー
  • 『オリジナル』ギャラリー
  • 『オリジナル』ギャラリー
  • 『オリジナル』ギャラリー
  • 『オリジナル』ギャラリー
  • 『オリジナル』ギャラリー
  • 『オリジナル』ギャラリー
  • 『オリジナル』ギャラリー
  • 『オリジナル』ギャラリー
  • 『オリジナル』ギャラリー
  • 『オリジナル』ギャラリー
  • 『オリジナル』ギャラリー
  • 『オリジナル』ギャラリー
  • 『オリジナル』ギャラリー
  • 『オリジナル』ギャラリー
  • 『オリジナル』ギャラリー
  • 『オリジナル』ギャラリー
  • 『オリジナル』ギャラリー
  • 『オリジナル』ギャラリー
  • 『オリジナル』ギャラリー
  • 『オリジナル』ギャラリー
ギャラリー:季節物
  • 『季節物』ギャラリー
  • 『季節物』ギャラリー
  • 『季節物』ギャラリー
  • 『季節物』ギャラリー
  • 『季節物』ギャラリー
  • 『季節物』ギャラリー
  • 『季節物』ギャラリー
  • 『季節物』ギャラリー
  • 『季節物』ギャラリー
  • 『季節物』ギャラリー
  • 『季節物』ギャラリー
  • 『季節物』ギャラリー
  • 『季節物』ギャラリー
  • 『季節物』ギャラリー
  • 『季節物』ギャラリー
  • 『季節物』ギャラリー
旧『大無節操大倶楽部』
  • 旧『大無節操大倶楽部』ギャラリー
  • 旧『大無節操大倶楽部』ギャラリー
  • 旧『大無節操大倶楽部』ギャラリー
  • 旧『大無節操大倶楽部』ギャラリー
  • 旧『大無節操大倶楽部』ギャラリー
  • 旧『大無節操大倶楽部』ギャラリー
  • 旧『大無節操大倶楽部』ギャラリー
  • 旧『大無節操大倶楽部』ギャラリー
  • 旧『大無節操大倶楽部』ギャラリー
  • 旧『大無節操大倶楽部』ギャラリー
最新コメント
記事検索
作品一覧
DMM同人内『凡人堂』作品リスト

  • RSS
  • Dlsite blog