(7月14日追記修正) 3人目の画像(淫紋?の書き忘れ)・4人目の記事内容


 焦りが出てきながらも作業を続けています。
 こういう時に限ってなかなかいい絵が描けなくなりますね~
 
 今日は本作の悪堕ちについてです。
 
 とは言っても、全てをさらすことはできませんので軽く触れる程度の内容です。
 以前書いた記事の内容と重複する部分もありますが、お許しを。
 
 4つある悪堕ちルートについての説明していきます。
 気分転換にラクガキしたデフォルメの敵役と合わせて解説していきます。



 体験版に唯一登場したボスですね。VILLAN01
 彼女のルートは比較的甘めの悪堕ちです。
 あんまりハードではありません。
 
 彼女の部隊は仲間同士の友愛で成り立っているということもあり、悪堕ち後でも「悪」らしさはあまりないです。
 女の子同士でイチャイチャしてます。
 
 とは言え、”身内”以外には苛烈になったりも・・・ 
 
 機械を使っての洗脳が悪堕ちの手法になります。
 ルート自体の難易度は易しめ。
 



VILLAN02ヅカ系(?)でふたなりな彼女は世界中に自らの娼館を所有しています。 
このルートに入るには彼女に気に入られる必要があり、売春イベントがフラグに関わってきます。                          

当然のごとく、彼女のルートは最初から最後までふたなりシーンが絡みます。

他人を信用しない彼女は絶対に信用ができる自分の複製を欲しがっています。
自身に似せた人格をヒロインに移植しようとし、併せてヒロインの体をふたなりにしてしまいます。
快楽による調教と催眠術を用いた洗脳が悪堕ちの手法になります。
ルートの難易度はやや高めです。
                      

 ↓(※7月14日修正)
VILLAN03
 とある宗教団体の信者であり、教祖の付き人であり護衛です。
 強い者への奉仕と服従を説いています。
 教団の教義がいかに素晴らしいものかを彼女は熱心に説き、信じさせるためには手段を問いません。

 彼女には教祖という存在がいるのがこのルートの特色であり、悪堕ち後
 は彼女に従うわけではなく、教祖という人物に仕えることになります。
 
 百合もありますが、男とのシーンが目立つのもこのルートの特色です。

薬物・快楽、苦痛などを用いる教団の洗脳技術が悪堕ちの手法になります。
ルートの難易度は普通です。 
 
 VILLAN04

今作の敵組織であるルミナスティの最精鋭の兵士です。          
彼女の部隊は武器を装備せず素手で戦う、女性だけの暗殺部隊です。 
   
逸話と伝説が付きまとう彼女の部隊に入りたいと思ってもそれは困難を極めます。                                
例え、彼女のお眼鏡に叶ったとしても部隊の選抜試験で文字通り地獄へ叩き落されることでしょう。
仮に全てを終えることができたとしてもその時には、彼女の命令に従うだけの殺人マシーンになってしまっています。       

過激なイベントが多いルートです。ルートに入ってからは「試験」を通して、じっくりと堕とされます。                       
♂相手の逆レイプもあります。(※7月14日追記)

選抜試験による人格の破壊が悪堕ちの手法になります。
ルートの難易度は高めです