ぴぐみょんスタジオのBlog

Twitter → https://twitter.com/PigmyonStudio

今回は個人的にやってて効果のあった「アワアワするのをなんとかする」療法をご紹介します。

私はかなりアワアワするタイプです。
具体的には、何かあった瞬間に反射的に身体を動かしたりして、ぎっくり腰を起こすとか(予備動作無しでロボットみたいに身体を動かすから負荷が物凄い)。
また絶えず衝動のみで思考するので、1秒後には自分が何を考えていたのか忘れてしまうとか。

一番顕著なのは、隣の部屋に行ったら何をしようとしていたのか忘れてしまうという事です。

で、対策を考えました。
隣の部屋に行った時に忘れるんだったら、その前に立ち止まって何をするのかを思い出そう、と。

具体的には、自分の部屋の扉の前に「思い出す」と書かれた紙を張ります
そして部屋を移動しようとしてその紙を見たらその場で立ち止まり、自分が隣の部屋で何をしようとしているのかを脳内でシミュレートするのです。
それこそ何歩歩いて、何を持って、電気を付けてなど。
まるで自分が主人公の映画を観ているように、シミュレートするのです。
そしてそれができたら扉をあけ、そのとおりに動いてみます。

慣れてくると、衝動的に動く前に自分の行動を先読みしてコントロールできるようになってきます。
自分がアワアワするタイプだと思う同じような人に、試していただきたい小ネタでした。
door_out_businessman

ナサポBGMミニマルエロス_01_エレクトロ

まず体験版の視聴を

2018年04月22日   riguru さん

確認されると分かると思うのですが
体験版の時点でかなりの内容を把握出来る仕様となっております。
催眠という記述がされているのですが普通にエッチな気分を
盛り上げるための音声としても非常に役立たせてもらっております。
価格も良心的でミニマルシリーズの音声を体験版で聴いていくと
種類も相当豊富にあるため必ずお気に入りなBGMに出会えると思います。

riguruさん、レビューありがとうございます!
「この作品は一体なんなんだろう」とためらう方も多いとは思いますが、rigureさんのおっしゃる通り体験版、もしくはブラウザから直接聞けるサンプルを聞いていただければなるほどと納得していただけると思います。
かなり奇抜な事はやってはいるものの、それが故に固定イメージにとらわれないため汎用性は高いです。
催眠に、オナサポBGM、瞑想に、ダンスに。
ぜひこの下のサンプルをお聞きください!
セール特価
216
通常価格
432
ポイント
20pt (10%還元)


催眠律動音響82_触手

これは確かにホラーですね

2018年04月20日   吉良 さん

他の方も言われている通り確かにホラーでした。
エロさに惑わされて忘れがちなんですが触手って恐ろしいものなわけで。
それが見事に再現されているようでした。
個人的にお気に入りは耳蹂躙。
でも20分は想像してたよりちょっと長いかな(笑)

吉良さん、レビューありがとうございます!
結構みなさんホラーと言ってくださり、実はこっそりほくそ笑んでおりますw
持論なんですが、射精とか絶頂の瞬間というのは「死」の瞬間そのものではないかと思っております。
恐怖しつつ、それに惹かれていくみたいな。
なので自然と作りがホラー寄りにもなっていく感じではあります。
20分は…まあ利用方法が催眠ではなくオナニーだとしても、このくらいの時間はあった方がいいかなと(笑)。
オナサポBGMみたいな感じでも使っていただけるかと!

『人類は衰退しました』より主題歌「リアルワールド」です。

私がよくやっているTV版からのオケの作り方レシピをご紹介します。

TVの音を録音したものを、ボーカルリデューサーにかける。
するとセンターがリデュース(押さえ込み)された音が出来上がる。
(簡単に言うと、ステレオの真ん中の部分のみが消えた簡易カラオケ)

するとセンターにあるボーカルは消えるが、同時にセンターにあるリズムやベースなども一緒に消えてしまう。
なので、リズムとベースのみMIDIにて耳コピーして、最終的に先程の簡易オケと重ねて出来上がり、という感じです。


 

Ci-en、こちらが私のページです

まだ始めたばかりなので今日の段階では無料プランのみです。
ぜひともお気軽にフォローお願いいたします!
ScreenClip

←フォローの方法




Ci-enってなに?という人はこちらへ!↓
bn_1b6d0a9792034a5f93dad149d1009c1115a77b36



ここのブログも記事がゴチャゴチャしはじめてきたので、徐々に整理して棲み分けしていければと思っています。

今回の新作『催眠律動音響104_ゆるいキャンプ』では、リスペクト元となった『ゆるキャン△』に習って伊那谷ロケを敢行しました。

ScreenClipその時に使った録音機材は実はICレコーダーなどの専用機ではなく、SONYの「XperiaTM XZ Premium」というスマホです。

前はiPhoneを使っていたのですが、モノラルでしか録音ができない欠点がありました。その点「XperiaTM XZ Premium」はそれ単体でステレオ録音に対応しているのす。

音関係の仕事をしていると、突然「いまココで録音したい!」という場面に遭遇することがあり、そんな時にすぐに対応できるのもスマホの良いところです。

今回は冬の録音ということもあり、風の音がメインです。そうなるといわゆる「吹き」とよばれる、マイクに風が当たる「ボコボコボコ…」という耳障りな音が一番の敵となります。

専用の風防を買ってもいいのですが、要は風が直接マイクに当たらないように、外気とマイクの間に空気の層を作ってやればいいわけです。
そこで私は風防として普通のタオルを使っています

スマホをタオルで軽く包み、そのまま録音。これが意外と楽。
人それぞれ拘りの部分が違うと思うのでその辺は自由として、私はすぐに、簡単に、何度でも録音できる環境をメインにしたいと思っています

今回は機材についてお話しましたが、山道でのコケかた(笑)だの色々とネタは山程ありますので、おいおい書いていきたいと思います。

集中は大きく4つに別けられます。

1.内的集中
2.外的集中
3.一点集中
4.拡散集中

1の内的集中は、自分の内側に意識を集中させるものです。
具体的には、呼吸、思考、内臓、筋肉など。

2の外的集中は自分の外側に意識を集中させるものです。
視覚、聴覚、触覚などで感知するもの。

3の一点集中は、一つのことだけに集中することです。
炎の一点だけを見つめるなど、一点以外を全て排除します。

4の拡散集中は同時に全てに集中させることです。
シューティングゲームなどで、敵機や自機、弾幕の動きなど全てを一つと捉えるものなどです。

これら4種類を頭に入れておくと、いま自分は何に集中すべきかなどが分かってきて、色々とうまく立ち回れることでしょう。
study_man_normal

催眠律動音響62_痴漢

頭の中がぐちゃぐちゃに

2018年04月12日   吉良 さん
に犯されるというのはこういう事なんだなと思いました。
頭の中をぐちゃぐちゃにされて、それがすごく気持ちいい。
個人的には好きな催眠音声の導入を先に聞いてからこちらを聞くと没入感がすごいかも。
まるで公共の場で複数人に体を弄られているような、そんな感覚に陥りました。


吉良さん、レビューありがとうございます!
「音に犯される」、まさに目指しているところなので気に入っていただけてとても嬉しいです。
可能な限り抽象的に、場所も人も時間も分からなくなるようなカオスな作品をめざしています。
具体的な音声指示作品は多くあるので、あえて逆を狙った感じ。
今後とも宜しくお願いいたします!

バンパイヤ、デュラハン、サキュバスなどの亜人女学生と女教師に囲まれた単なる学園ハーレムラブコメ…と思われがちなこの作品なのですが、実はけっこう画期的な作品だったのです。

それは、理性が人を救うという点にテーマを絞っているところ。

それ以前の作品では何か問題ごとが起こった時、親が捨て身で子供をかばって死ぬとか、愛の力で奇跡が…など、最後には情が人を救うというのが普通でした

しかしそればかりで良いのでしょうか。
時に情はあやふやで思い違いもおこし、ノウハウの蓄積もできません。
もう一つの選択肢として知識と理性で人の苦しみを取ってあげることができないのだろうか。

それに挑戦したのが『亜人ちゃんは語りたい』です。

雪女の生徒が悩む回があります。

彼女は自分の体から意図せず冷気を発することがあり、それによりクラスメイトに危害を与える可能性があると恐れ、接触を避け友達を作らないようにしていました。
しかしある時、お風呂で自分の体から氷が出てる事に気づきます。風呂の湯すらモノともしない氷を不安定に放出する自分の力に恐れ、主人公である先生に相談をするのでした。

主人公の教師鉄男は様々な思考、観察、実験のすえ、その氷はストレスを感じた時にでる冷や汗だと結論付けました。
単なる生理現象であること、そして人に危害を及ばさないレベルの冷気だとはっきり伝えます。

そして「お前は人を傷つけるような、そういう亜人じゃないよ」と乾いた表情で言うのです。

昔のドラマならここで「俺がいるから大丈夫だ!」とか抱きしめたりとか、情で解決しようとするところを、この作品ではあらゆる問題を徹底した理詰めで解決していくのです

理屈バカとか、論理ばっかで心がないとか言われ続けてきた理系でしたが、そんな事はない。
たんにそういうドラマが少なかったから、そう印象付けられていただけなのです。

『亜人ちゃんは語りたい』、個人的にとても好きな作品でオススメです。

このページのトップヘ