金曜の刈屋

管理人カリパーが運営する成人向け創作サークル刈屋[公式サイト]のブログです。
毎週金曜あたりに進捗報告など。

こんばんは…
もうちょっと刈屋のことに手を着けようと思ってサイトにうっすら手を入れたりしました。
気弱な~のサンプルとかが復活してると思います。
じわじわと色々やっていきます…

こんばんは。
今週はまた道楽の数学研究関係のプログラムにはまってました。
それがひと段落して満足したので、そろそろ創作やります。
久しぶりに落書きを仕上げましたのでまたどこかにアップします。

それはそうと、ツイッターの垢とか分離してたので統合することにしました。
差し当たり中継ページを作ったので貼っておきます。
http://calipur.com/hub.html

こんばんは…
気付けばもう2月になりました。
今週は久しぶりに作業すすめたような気がします。
新作、今月中は無理な気もしますが、なんとか進めていきたいと思います。
はやく次の考えたい…

どうもおはようございます。
先週はだらだらしてたらとっくに土曜も終わってたので勝手にお休みさせて頂きました。
どうもすみません。

進捗は…進捗してません!
年明けからずっとプログラミングとかしてました。気分転換で…
私は独学の趣味でやってるんですが、結構すきです。
やり始めるとはまってしまいます。
昔にCから始めて、これまでRuby, Objective C, Java, JavaScriptを触ったことがあります。
プログラミングというものは、作ったものを他人が使うか、コードを触る可能性があるかないかでハードルが全然違いますね。
私は基本個人用なので気楽にできます。

しかし新作作らないと色々やばいので、そろそろヤバいです。
ヤバい刈屋…

こんにちは。
最近完全に土曜日の刈屋ですね。

新作はネームがうっすら進みました。
なんだかんだで45ページにもなってしまいました。
ネームもあと5pほどなのでそこさえ抜ければ後は作画に耐えるのみです。
ネームは空間能力も使いつつ妄想してテンションあがって疲れます。

逃避気味にGodot EngineでVRのテストを作ってました。
スマホと800円くらいの段ボールHMDで、
こんなものでもそれなりに見えるので面白いものです。

Godot Engineは次の大型アプデで3D機能が大幅アップという話です。
そのうち手コマニVRやるかもしれません。

無題
このモデルはここからお借りしました。

無題_

あけましておめでとうございまーす!

年明けは去年から日曜大工的に作ってたandroidゲームを仕上げてました。
そちらはほぼ終わったので来週から刈屋作品の続きやります。

それでは今年もどうぞよろしくお願いします。

刈屋 / カリパー

こんにちは。
大晦日になりました。
いよいよ2016年も終わります。

今年一年、どうもありがとうございました。
来年もより良い作品が作れるように精進したいと思います。
今後ともどうぞよろしくお願いいたします。

皆様よいお年を。

刈屋 / カリパー

こんにちは

月曜あたりから軽く風邪を引きまして喉が痛かったのですが
ベンザブロックとのど飴で、悪化することなく切り抜けました。
この時期は気を付けたいものです。

滞りまくりの新作はまだネームしてます。
山場のところで頑張ってるみたいです。
ネームはあと少し・・・

進捗は特にいうことはありません!
ネーム終わってないです・・
今週はまた雑談書きます


本屋というものがどんどん減っていっていて、販売をAmazonに征服されると言われ久しいです。
私自身、中高生時代に比べてめっきり本屋に行っておりません。
Amazonやkindleは使っています。
そんななかで、本との出会いについて語りたいのです。

私が好きな作品(小説など)の中には本屋さんで偶然出会ったというものがいくつかあります。
特に目的もなく本屋に行き、棚に陳列されている本の中身をチラ見してその流れで買ったようなものです。
そんな出会い方をしたのが奇跡と言えるくらい、とても好きな作品と何度かそういった出会い方をしたものです。

インターネットが本を買う際の主流となって以来そういう出会いをしていない、と思いました。
本屋に行っていないということを考えれば当然のことです。
本屋はまだまだあるのですから行けばいいのですが、手元のスマホでAmazonが開けると思うと足が遠のきます。
文明というものは基本的に人がより怠け者になるのを許容するものだと思います。

Amazonを筆頭とするネットショップにも、本との出会いをサポートするシステムがあります。
レコメンドとかいって表示してきますが、販売者として売りたいものを宣伝する傾向が強いと思います。
そのほうが商売としては合理的でしょうし、ユーザーも面白い作品と出会いやすくなるのかもしれません。
しかしAIにオススメされて見てみようと思ったことはあまりありません。

そもそもオススメをされて見たくなるためには条件があると思います。
相手がすすめるものがたくさんではないこと。
おすすめがころころと変わらないこと。
相手が自分がある程度知っている人間であること。
AIによるおすすめはその全てに反してると思います。
自分の好みにあったものだけ見たいのではなく、出会いの文脈を求めているのです。

結局インターネット経由での作品との出会いというと、誰かがそれについて書いているのを見て、それで興味を持つというのが最近のメインの流れになっています。
そうなると、誰も知らないような作品には出会いづらくなります。
我儘なんですが、誰も知らないようなものを見つけたい、という要求が自分の中にある気がします。
それがつまり、偶然の出会いってことです。

別にAmazonでもなんでも、小説カテゴリの一覧を開いてスクロールして全部見ていってもいいです。
でもそれは本屋の通路をを歩くっていう体験とは違う気がします。
本のような実体のあるものはデジタルデータに比べて贅沢なものだと思います。
スペースを占めるし、維持もデジタルよりコストがかかります。
本をすべて実体で扱っていた時代というのは、贅沢な時代だったと言えるのかもしれません。

古本屋うろつくとかも好きだったんですけど最近はめっきりです。
そういえば今日バス停まで数十秒走っただけで心臓が苦しくなるくらい呼吸が乱れました。
ちょっと文明に飼いならされすぎな気がするので本屋めぐりでもしたほうがいいかもしれません。

このページのトップヘ