金曜の刈屋

管理人カリパーが運営する成人向け創作サークル刈屋[公式サイト]のブログです。
毎週金曜あたりに進捗報告など。

こんにちは。
先週から書いてたことの続きを書きます。
先週はなんだかんだでほとんど何も説明できなかったので…
さっき期限が21日までの食パンを食べてちょっと気持ち悪いですが!

今回もちょっと長くなりましたがよろしくお願いします。

まず先週言いましたところの、Mとは自意識ってどういうことやねんという話ですが、
前回のコメントでそれとは逆のM性もあるというのを頂きまして、
よって言いかえて、「自意識的なM」ってどういうのやねんっていう話をします。

自意識的なMって例えば情けないとか恥ずかしいとか、
動物みたいに搾られてる~~みたいな自身のイメージによって興奮するやつです。
有能なS女さんなら「変態」とか「きもちわる~い」とか言って煽ってくれます。
そういうことを言われることで興奮して、それ自体がさらに情けなかったり恥ずかしかったりで
無限ループみたいな感じになります。

こういうメンタル方面の責めを描くことはM創作ではとても大事だと思います。
なぜなら、体の責めって見てる人は直接的には分からないのです。
肉体的感覚ですから、キモチよさってのはそのまま伝わらないです。
(それをイメージさせるような描き方が大事になると思います。)
一方、メンタル責めってイメージの世界のことなので
例えば「情けない」的なことを言われてそういう気持ちになるってのはダイレクトに響きます。
情けなさは登場する男キャラもそれ見て抜いてる人でも同じですからね。
そういうメンタル方面の描写なしで体の責めだけ描くとどうにも乗れない感じになります。

ここまでの話を踏まえて、先週ちょっと言った、M創作としての男の娘ものについて書きます。
例えば最近の「男の娘×悪いおねえさん」では、男の娘ってのを
見た目がかわいい男の子としてしか描いてないです。
見て楽しむ「かわいいM創作」であって、自意識としてのM成分は全然ないと思います。
じゃあ自意識的Mモノとして男の娘ものを描くとどうなるかというと、女装ものというか、
「男なのに女装してる」とか「女の子みたいにしてるけど女装してるだけの男なんだよ」
みたいな部分を意識させるようなものになると思います。
例えば、大きな鏡とかあるといいですね~~~…
鏡の前で女装した自分の姿を一緒に見ながら「どんなに頑張っても、女の子にはなれないんだよ~」
とか言われながら女の子に勃っちゃってる男の象徴を触られたり、ううう…
まあそういうのもいいですし、男の娘は見てるだけのやつでも良い感じなので
これに関してはどっちもいいよってだけの話です。

さて、自意識としてのMに対して、その逆のMってのもあるというコメントを頂きました。
これは自分の興奮なんかより相手の女性の存在とか意志が大事なんだっていう
よりMらしい?ちゃんとしたMだと思います。
自意識を放棄して相手に仕える、という意味で自意識的なMと対極にあると言えます。
私もそういう感覚は分かりますし、そういう作品も作ったと思います。
・・・
あんまり売れないんじゃないかな~と思うんですよね・・・
自意識放棄系なので客観的にしか描けないってのも問題で、
M男さんを従えるS女を眺めるだけの作品にしかできないのです。
さっき言った「ちゃんとしたM」の人はそのM男さんに入り込めるかもしれないですが、
はっきり言ってそういう人にしか需要ないんじゃないかと思います。
私自身はそういうの好きなんですよ・・・
昔ネットで拾った個人撮影みたいな動画で、おねえさん(けっこう美人)がラブホの色んな場所で
男の顔の上に座ってお酒飲むってのを延々としてるだけのがあったのですが、
私はめっちゃ好きなんですが、みんなどうなんですかね・・
CG集とかでそういうの作っても破壊力がでるか、需要があるかどうかちょっと自信ないです。
さっきの話を踏まえて、「女性の言いなりのロボットになってる俺」みたいな自意識を
煽るような表現できたら・・・
ってブログの文章書きながら考えてたらいかんですね。

今回最後に、自意識的なMの逆っていう話に関連して、退行プレイ(授乳手コキとか)の話をします。
退行、ばぶみって自意識の放棄という意味ではこれも自意識的なMの逆になります。
「あばば~」(自意識放棄!)みたいな。
従って主観的に描くのが不可能です。放棄してるので。
「俺今踏まれて興奮してる~」っていうのは自然だけど「俺今バブってる~」っていうのはおかしいような。
そこが難しいところで、客観的に描くとおじさんがバブってるのを見るだけになっちゃって、
じゃあそれで抜けるんかいなと。
授乳プレイとか主観視点で描いたやつはみんな好きそうですよね。どうなんですかね。
これも主観放棄って部分を緩和して、「子供みたいにあやされてる自分」みたいな部分を
より強調していったらいいのかも(書きながら考える)

今週は以上です。
自意識的M、男の娘、退行の話は書いたので
来週は第一回チキチキ刈屋の過去作どうだったのか会議やります。

こんばんは
コメントでリクエストをいただきましたので、
前回言ってたことを説明します。
M創作の肝みたいな・・・
お鍋を食べてくるしくてあまり頭まわってないですが!
適当な感じで書きます。

(以下あまり創作論とか見たくない人は見ないでくださいな)

=====================
まず、M創作を責められる男のタイプによって二つに分けます。
男の娘とかしょたみたいなかわいいのが責められるやつをかわいいM創作、
成人男性が責められるやつをおじさんM創作と呼ぶことにしましょう!

かわいいM創作ってのは見ることで興奮するものです。
眺めるもの、例えば百合ものなどと同じです。
主観的な視点で描くこともありますが、基本的には客観視点といっていいでしょう。
(面白い例外があるのですがそれはまた来週書きます)

ではおじさんM創作はどう描くべきなのか。
この流れでいくと主観的に描いたらいいのではということになります。
実際そのようなことはこれまでも書いてきたような気がします。
しかし、ここが非常に大事なところだったのですよね。

M性とは自意識であり、主観的な感覚であるということ。

このこととM創作の関係をさらに説明するために刈屋の過去作を見直していきたいのですが、
その前に一つだけ言いたいことがあります。

それは、私自身とても、客観視点でお話を考えるのが得意なタイプということです。

例えば百合妄想なら余裕で無限にできますが、M妄想となると俄然ハードルが上がります。
もっと言うと、主観的でもMの逆、つまり責めるほうの妄想なら簡単なのです。
欲望のままですから。
Mという受け身でありながら妄想を広げるというのはなかなか難しいです。

そもそも私はガチM、普段からついM妄想しちゃうとかそういう人ではまったくないです。
しかしながら、自分の分かるもの、好きなものを描こうとするタイプでもないです。
むしろよく分からないものを「こういうのがいいんだろか」と
描くことで理解しようとするタイプです。
百合を描きだしたのもそんなふうでした。
好きだから描くというよりは、描くことで理解しようとして好きになるって感じですかね。

なので「M創作の良さとはなんぞや」ということをずっと考えてきました。
これまでにこれはすごい!エロい!抜ける!っていうM創作にも出会ってはきたのですが、
良さの本質は何なのか?みたいな部分がこれまではよく分かってなかったのです。

それで今の結論が、上で描いたことになります。
M性とは自意識であり、主観的な感覚であるということ。

一見どうってことはない結論ですが、
そんなことも分かってなかったってことが、私がいかににわかMだったかという・・・
あとこれがエゴマゾ寄りの見方ということが、私にとって盲点だった原因だと思います。

とにかくそのことと、どう作品にするのか?という部分を
これまでの刈屋M創作の問題点を挙げたりしつつ書いていきたいのですが、
ちょっと長くなったので来週にしましょうかね・・・(引き延ばす)

<予告>
気弱なおじさま、管理屋さん、男性レンタル、ヤバい彼女について
バブみとM性、おじさんがバブる作品の難しさについて
男の娘ものをM創作として描くことについて

こんにちは。
先週はブログの更新がありませんでした。
なぜかというと忘れてたからです!
土曜に思い出したのですが、まあ今週はいいやって思って飛ばしました。
毎回あまり内容もないですしね。

作品制作に進展はないのですが、
M創作に関してずっと考えてたことがやっと納得できました。
(おねしょたとか男の娘とか除く)M創作がどういうものかいまいち理解できてなくて、
ずっと考えてたのですが、自分なりの定義が見つかったということですかね。
やっとM創作のスタート地点についた、というぐらい。
これまでの作品が間違ってたとは言いませんが、曖昧なままやってたわけです。

これで今後刈屋がM創作出すときに作品のクオリティが上がるかというと、分かりません。
かえってこれまでの感じのほうがいいという人もいるかもしれません。
とにかく自分にとってM創作が考えやすくなった、
何を中心にして考えたらいいか分かりやすくなったということです。
案を練るのは楽しくなってきました!

それではまた。

色々捗っております。
pixivとかに上げる用の絵とかも描いてます。
アウトプットはまだまだ・・・

企画大体整理できました!
今度こそ新作やります。

最近思うのは、過去作とモチーフが被るのを避けなくてもいいということです。
同じようなモチーフでも、新しい要素を取り入れていけばいいんですね。
例えばハエトリソウとヤバい彼女は近いです。
毎回何かしら課題が残るので、それをどう補っていくかを考えるといいと思います。

まだまだ企画色々いじり中…
気付いたらブログの2重ヘッダがなおってますね。よかった

こんにちは!
自作エディタ使って、フォルダの奥に積まれてホコリ被ってたような案たちをまとめてました。

最近思ったことは、個人的にM創作がすきっていうよりは
「男が責めるタイプ」のエロ創作がいまいちってことです。
そういうのはエロいとは思うんですが、同時に微妙に不快感を感じるというか、
いくらエロくても不快感で結局プラマイ0やんって思ってしまうんですよね。

じゃあ機械姦とか苗床みたいなのはどうかっていうとそれもあんまり…
そんなわけで消去法的に責める女の子を描いてる気がします。

受け側は普通の成人男子が多いですが、しょたでもふたでも男の娘でも女の子でもありです。
そういうのもっとやりたいんですがタイミング(?)がよく分からないです。
新しいタイプのは小さいものからやっていくってのもいいかもしれません。

なんでもいいからはよやれ!って感じで、
ではまた来週…

先週に引き続きテキストエディタを作ってました。
自分で使ってみて思ったのですが、
自分で使う道具を作るのっていいものですね!
調子に乗ってもうちょっと作りこもうと1からやりなおしたりしてました。
プロジェクトマネージャ的なものにも使えるようにして。
これでプロットとか書きたいのです。

ちなみに私はソフトウェアを選ぶ基準として、軽さをとても重要視してます。
日常的に使うものはなおさら。
これまでエディタはOlivine Editorというのを使っていたのですが、
立ち上がりがやや遅いのが、自作のを作ろうと思った要因の一つです。

というわけで結局来週くらいまでツールを作ってると思います。
終わったらちゃんと創作します・・・

このページのトップヘ