商品の前半部分を体験版として公開します。ぜひご利用ください。
同人成人向け 成人向け音声作品オーディオファイル
音声あり体験版あり
価格(税込み):315円
CV: 霜月優


- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
■以下、「お人形遊び」収録時に実際に使用されたテキストの一部です。

※声は、お人形遊びに興じる女の子風に。

男の子はかわいそうだよね。
ここをこうされると、……もう、気持ち良くなっちゃうんだもんね。
ふふふ。

お薬が効いているうちは、身体ぉ動かせないよ?
いい加減学習しようね?

じゃあ今日も、食べちゃおうかな?
上のお口と下のお口、どっちに食べられたい? ……ブブー! 時間切れです。
両方で食べちゃいまーす!

まずは上から……、ぱくっ!
(じゅぼじゅぼとフェラ……)
えへへー。
さっきより、カタくなったね♪
次は、下のお口でいただきま~す。

(獲物の腰のあたりにまたがり、ペニスを自分で膣口にあてがい、徐々に腰を落とす)
はああ~。
えへっ。食べちゃった♪
前後、上下、左右、ローリング。どれが……、ブブー! 自分で腰を動かそうとしたからアウトぉ! 全部にしま~す♪
はあ、はあ、はあ、はあ、……はっ、ああん! あっ、はっ、はぁ、はぁ、……はぁ。
あぁ、いいよぉ。……あはっ。すごい、よぉ! すごっ、あっ、やあっ。あっ、あっ!? いや、あ、あ、あああああ~っ!?

はあ、はあ、はあ、はあ、……。
はーっ、すごかったぁ……。

あっ、そろそろ時間か。
ご飯の時間だね。
もう、身体動くでしょ?
立ち上がったりはできなくても、ご飯は自分で食べられるよね?
ふふっ。

……お薬、入ってるけどね?
でも、食べないと、お腹が空いて死んじゃうよ?

うんうん。そうそう。ちゃんと食べてね。
ご飯を食べたら、今日はもう寝ようね?
眠れなかったら、眠くなるお薬を飲ませてあげるね♪

ねぇ、一緒に寝ていい?
こうやってねえ、手で握ってね? カタくなったら、……どうして欲しい?


- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
■以下、「しつけ」収録時に実際に使用されたテキストの一部です。

※声は、ドSお姉さん。

※最初だけ、猫をかぶっています。
ヒトのバストをジロジロ見て、まったく失礼な……、あら?
ははぁん?
ふふふっ。

ね~え?
もし、このバストであなたの、そのいきり立ったモノを……、してあげるって言ったら、どうする?
うふふっ。
じゃあ、付いていらっしゃい。
……楽しい、ことをしましょ?

縛るのは久しぶりだから、……っと。
どう、痛くない?
ふふっ。
怖くなった? ――そう。

じゃあ、はじめましょうか。

※急に口調が荒くなります。
ふふふっ。――いまからあなたを、教・育、してあげるわ。
女の子の大切な膨らみを、下劣な妄想で汚すことのないように。
ふふふっ。
おっぱいが嫌いになっちゃうくらい、おっぱいでイカせて、イカせて、……イカせまくってあげる♪

――まずは、パイズリかしらね?
あなたのを私のおっぱいではさんで、ふにふにするの。
でも、それだけじゃ。
イけないわよね……?

舌先くらいは、使ってあげてもいいわ♪
それで……、イったら。精液でドロドロになったおっぱいで、……ふふふ。
腰が抜けちゃうかしら? よだれも垂らすのかしら? だらしなく、……気を失ったりもするのかしら?
最後まで、ちゃんと立たせておいてね?
あなたが……、おっぱいを嫌いになるまで。……性的、不能になるまで。
ふふふ。
まぁ、私のコレクションで、無理矢理にでも立たせてあげるけれど。
私が飽きるまではねっ。あはは。

パイズリのあとは、休憩の時間もあるから安心して?
身体は縛ったままだけれど……。
ちゃんと休んでおかないと、……壊れちゃうかも知れないから。
ふふっ。
まぁ、たいていの男の子は、疲れ切っていてそのまま、眠ってしまうのだけれど。

目が覚めたら、次はおっぱいにご奉仕ね。
おっぱいを嫌いになったか、確認しなきゃ。
それで、また勃起させてしまったら、……あはっ。どうしたの? 酷い顔よ? あなたの大好きなおっぱいの話よ? まさか、もうイヤになったの?
ふふふ。股間のそれを見れば、まだまだおっぱいが大好きだってこと、すぐに判っちゃうのよ?

さあ、覚悟はいいかしら?
いままで壊した男の子の中で、一番がんばった子はね。……一週間。
精液はすぐに出し尽くしちゃったけれど、……ふふっ。
最後の一滴まで。それすらなくなってもまだ、チンポをカタくして、……あはは。
私をイカせて、快楽で屈服させようとしたの! 馬鹿よねぇ? 女の子のおっぱいなんて、……そんなに感じるものじゃないのにねぇ。
まぁ。人によって、好きな人に触られているときはすごく感じるとか。そういう子もいるかもだけれど。私は違うわ。

あはははは! ちょっと、大丈夫? この世の終わりみたいな顔、してるわよ?
あはははははははは!

……じゃあ、はじめましょうか。
最初はサービスで、ちゃんと気持ちよくしてあげるわ……。

(フェラ……)
(フェラ……)
(フェラ……)


- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
■以下、「スパイ」収録時に実際に使用されたテキストの一部です。

※声は、女が作った男の声。

オレがスパイだって? しかも女?
オイオイ、本気で言ってんのかよ?
一緒に風呂だって入ったろ? あのときオレ、女だったか?
お前、オレに負けたってヘコんでたろ。ははっ。

えっ、カメラ仕掛けて見てたけれど、毎晩オナニーでイッたあとに、ティッシュを使わなかったから? だから女だって気付いた?
オレを盗撮してたのかよ! っていうか、オナっ、オナニーなんてしてねぇって!

※壁際に追い込まれ、上着のボタンに手をかけられる。
オイ、バカ、やめろ! お前、そういう趣味だったのか!? やめろって! やめっ、……オイなんだよそれ!?

※服の上から爪切り大の器械を押し当てられる。
はあ!? 女用の拷問装置……って、オレは男だぞ!

※器械の振動が、耐えがたい快感を呼び起こす。
それに、――ふああああ! バカ! それ、止めろ! やめろ! バカ! ――こんなっ!! うあ、お、おおっ、おおおおお~!?

イク、イクっ、イクぅ~! ああっ、……イクっ、ダメぇ、ダメぇ! 止まらない、ああっ止ま……はあああぅ、あっ、ああ、くそイク、うああ、ああ! はああ! はあ、あっ、あああああああああ~!!

(意味をなさない声に、時折、器械を止めるよう懇願する叫びが混ざる……)
(同上……)
(同上……)(最後に気絶)

※しばらく経って。

※一糸まとわぬ姿で拘束され、尋問を受けている。
――そう。オレは、(器械を使われる)あああああっ!
わ、私は! (器械を使われる)スパイ! スパイです!
その疑似ペニスも、クリトリスを大きくしたもので、……だから。

※肥大化したクリトリスに器械を当てられ、怯える。
はあ、はあ、はあ、はあ、……それだけは、それだけは、……ああっ。

(意味をなさない声に、時折、器械を止めるよう懇願する叫びが混ざる……)

※しばらく経って。

……他のスパイのことは、知らされていません。
どこで何をしているのか、何人いるのか、連絡も(器械を使われる)知りません! 知りません! ああ(器械を使われる)知りません!!
はあ、はあ……。
私のような末端のスパイには、作戦の、全体像は(器械を使われる)おっ、教えられていないんです。(器械を使われる)だからっ! だからいくら私を(器械を使われる)うああ!
はあ、はあ、はあ。

(意味をなさない声に、時折、器械を止めるよう懇願する叫びが混ざる……)
(同上……)

※すっかり牙を抜かれてしまった自分を、奮い立たせるように。小声で。
しゃべるもんか。
しゃべるもんか、……絶対に。
皆のことを、皆を売るなんて、絶対にしない!

――えっ?
しゃべらないってことは、……知ってるってことだろうって?
いや、違……はあっ!?
無実の者を壊してしまうのは避けたかったから、……器械のパワーを弱めていたけれど?
これで、思い切りやれる……?

え!? 違う、違う、私は(器械を使われる)知らない! 知らない! (器械を使われる)あああああ知らない知らないっ! (器械を使われる……)

(知らない、知らないと叫びつつ、合間にあえぎ声……)
し……知ってても、絶対に話したり(器械を使われる)するもんかぁ~っ!!
あっ、ああっ、あ、……ああああ~! あ~! ああっ、うっ、うっ、……ぅあ~~~!

※しばらく経って。

※子どものように、しゃくり上げながら。
知らないから。
知らないからっ。
(器械を使われる)ごめんなさい! ごめんなさい!!
本当に知らない(器械を使われる)知らない! 知らないの!
(器械を使われる……)
ああっ、(器械を使われる)助けて! 助けて! マキお姉ちゃん助けて! もう私(器械を使われる)知らない! 知らない! マキお姉ちゃんがどこに(器械を使われる)知~ら~な~い~か~ら~ぁ~! ああっ、あっ、あああ~!! (泣きわめく……)

(知らない、知らないと叫びつつ、合間にあえぎ声……)
(同上……)


- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
■以下、「教育」収録時に実際に使用されたテキストの一部です。

※声は、幼い感じ。

お父さんはどこ?
ねぇ、お父さんは?
まだ、お家に帰ったらダメなの?

えっ?
お父さん、どうして警察なの? 捕まったの?
どうして?

あっ、そうだ!
(キス……)
えへへっ。
キスしたから、お家帰ってもいいよねっ?

えっ、ダメなの?
でも、アタシ、キスしたよ? キスしてもダメなの?
お父さんはキスしたら、アタシの言うこと聞いてくれたよ?

もう! 帰りたい! 帰りたいよぉ!
お父さんの待ってるお家に……。
お父さんを警察? に迎えに行って、一緒に帰るの!

もう! どうしてダメなの!?

※次行のみ小声で。
もう。こうなったら。……お父さん、ごめんね。

(一気にたたみかけるようなキス……)お願いだから、言うこと聞いて!
ジャージー、脱がせちゃうね……。
……パンツも。

(フェラ……)
お父さんには内緒だって言われてたけど。
(フェラ……)
お父さんには、他の人にしちゃダメって言われてたけど。
(フェラ……)
アタシ、帰りたいの! お父さんと一緒に、お家帰りたいの!
(フェラ……)
だから、だから……!
(フェラ……)

※やや、間があって。
アタシがお兄さんのチンポをくわえて、フェラチオしてたとこ。
ケータイのカメラで撮ってたんだよね~。
これを誰かに見られたらぁ。
ふふっ。

アタシがお兄さんを? 襲ったって言っても、誰も信じないよぉ?

……もう、判ってるよね?

アタシはお家に帰りたいの。
お父さんと一緒に。

……手伝って、くれるよね?


- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
■以下、「仕返し」収録時に実際に使用されたテキストの一部です。

※声は、少し高め。ほわほわっとした女の子。

(深い深いキスを繰り返され、興奮し、エロい声が漏れる……)
待って、待って……。
ああっ。んっ。
(キス繰り返し……)
待って、待っ……ひゃあ! そこ、指ダメ! あああ――っ、はあ、あ、ああっ。
待っ、待てって、……。

※キレ気味に。
待てって言ってんだろ!? ――はぁ、はぁ、ハッ……くぁあ、ああ、あっ、うぁ。
(荒い息……)そうやって、そうや……はあ、はあ、はあ。
一生懸命なのは、うれしいけれど、……はぁ、はあ、はあ。
もっと、こっちの体力とかも、……はぁ。
考えて、……はぁ、はぁ。……はー。

いつも、私ばっかり。すごい恥ずかしいし。
たまには、……お返し、とかもしたいのに。
いつも、……すごい、から。

お返し。今日は、お返しするから。
いつも私ばっかりイカされてるから。
何度もイカされてるから。
……恥ずかしいのに。

ふふっ。……いっぱいしてあげるからね♪
(フェラ……)
(フェラ……)
(フェラ……)
ふふっ。何度もいかせてあげるから♪
(フェラ……)
(フェラ……)
ふふふっ。
(フェラ……)

――ふぅ。
判った? 私の気持ち。
何度もイクの、いやでしょ?
私もそうだったんだよ?
気持ちいい……のが痛いくらいになるし、恥ずかしいし。
……ふふふ。
私が止めてって言っても、止めてくれなかった…よ…ねっ♪
ふふっ。同じこと、してあげるね♪
(激しく下品な音をたててフェラ……)
まだまだ続けてあげるからね♪
女の子に優しくできるように、……調教してあげるから♪

ここ、きっとすごく敏感になってるんだよね? 色変わってるねぇ。
私のお豆さんと同じ……?
ふふっ。同じ目に、遭わせてあげるね♪
(ペロペロとなめ回す……)
(ペニスの先を口にくわえ、ためていたツバで、くちゅくちゅと口をゆすぐようにし、ソフトな刺激を与える)

あはは。女の子みたいだね♪
あはははは。

ねぇ、イってるのに精子出ないのって、物足りないんじゃないかな?
不完全燃焼?
無射精絶頂?
きっと辛いよね? ずっと、立ちっぱなしだしね? 最後にビュービューってしないと、終わらないんだよね? 男ってそうなんでしょ? 精子出さないと終われないんでしょ? あはは。ビュービューするまで、シてあげるから♪
ん? もう出ないの? あはは。本当に女の子みたい。――私みたい。

壊れちゃえ。うふふ。
壊れちゃえ。あはは。

あははっ♪
それくらい、違うんだよ……?
最初は気持ちよくても、それはちょっとの間だけで♪
あははっ。あとは地獄。地獄。あはははははははは。
天国と地獄、両方味わってみて、どうだった?
これに懲りたら、もう二度と、無理矢理イカせたりしないことだよ?

あははははっ。
もしかして、クセになっちゃったかな?
ふふっ。私もね、クセになっちゃったみたい。

こうやって、……泣かせるのがね♪
(バキュームフェラ……)


- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
■以下、「常連」収録時に実際に使用されたテキストの一部です。

※声は、最初は通販の電話オペレーター風。次第に崩れて低音になっていく。

お電話ありがとうございます。
エッチな声販売センターです。

え? ――ああ、なんだ。キミか。
いや、久しぶりだな。
元気にしていたか?

ふふっ。元気すぎて困っていたのか。
そういえば、出張に行くとか言っていたな。

なるほど。
仕事の方が片付きそうになったので、性欲の方も……というわけか。

そうだな。
慣れない土地での、大きな責任を伴う仕事。
プレッシャーも相当なものだろう。
たまった精子を、自分で処理しようという気分になれないのは、よく判る。

――よし。今日のシチュを決めたぞ。
私がキミの部屋に――、いまはホテル住まいか?
ふむ。短期のアパートか……。
――とにかく、そこへ乗り込み。
奉仕してやろう。

では、はじめるぞ。

※ピンポーン、などは口まねではなく、普通に読み上げてください。
ピンポーン。来たぞ。上がらせてもらうぞ。なに、近くまで来る用事が……、がばっ! キミの服を脱がし脱がし! パンツするっ! チンポぼろん!

……ほら、調子を合わせろ。
……照れるじゃないか。
ほら、続けるぞ。

どさっ! 押し倒しっ。
ちゅぱちゅぱっ。

……ちゅぱちゅぱ、では感じが出ないか。
よし。特別サービスだ。

実は最近な。ちゅぱ音というものをな、会得したのだ。
(ちゅぱ音……)
よし。キミが第一号の犠牲者だ。
ははっ。
私のちゅぱ音で、腎虚になりたまえ。
まさか、腎虚を知らんのか? 知らなかったら辞書を引け。

――判っている。
疲れているんだろう?
ならばこちらも、勝手にやって勝手に発散するから。
自然体でいてくれ。

コトをはじめる前に、チンポをウエティーで拭かせてもらう。
低刺激タイプを選んだので、すっきり感は保証できんが……。
ん? ウエティーは、ウェットティッシュの略だ。

※どや顔。
どうだ、若者らしいだろう。

他にもだなァ。
ハンドクリームをハンクリ。
自宅録音なら宅録。
アップルパイはプルパイだ。

まぁ……、アップルパイは、近頃はプぅパイと呼ぶことが多いな。
プぅパイと言えば、コンビニに並んでいる――これくらいの大きさの――プぅパイも、なかなか侮れんな。
アップルパイと称してアレを出されると微妙だが、別のものと思って食べると……。

……食べたくなってきたな。
焼くか?
しかし、リンゴの、下準備が面倒すぎていかん。
無心で皮をむいていると、気持ちが落ち着くのはいいんだが……。

できたらできたで、リンゴだけつまみ食いするのがまた、止まらなく……。

いかん、いかん。
いまの私は、エッチな声販売センターのお姉さんなのだ。

……いま、笑ってなかったか?

続けよう。
ウエティーでふきふきするぞー。
ははっ、ふきふきだけで大きくするのかー。お手軽でいいなぁ。
このままイカせてやろうか? ウエティーでゴシゴシして、一泡吹かせてやろうか~?

なに、泡じゃない?

そっ、それっくらい、知っとるわ!

しょしょしょっ、処女ちゃうわ!
け、健全な恋愛をこれまで十発も二十発もしとるわ!
ぺったらこい胸なんぞとっく、とっくに卒業して、……しとるわ!
処女膜なんてもー、穴だらけだわ!

こほん。

……おーよしよし。だいぶ元気になったな。
元気になったのはいいが、ここまで反ると、ちとなめにくいな。
もう、入れさせてもらっても良いか?

※裏声。
はぁう!

んっ、まずい、いきそうだ!
んぁぅ、……動けん。

しかも、よく考えたら……、ひーふーみーよー……。
まずい日だ。

※裏声。
はぁう!

勝手に、身体が。
うおっ、これはっ!
……はあ、はあ、はあっ! あっ、あアン!

※急に冷静な声で。
いま、ケータイを持ちかえたな?

チンポをいじっているのか?
ん?
チンポを、いじって、いるのか~?

あははっ。

※やや小声で。
私も、……いじって、いるぞ?
ははっ。

おあいこ、だなっ。


- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
■以下、「選択」収録時に実際に使用されたテキストの一部です。

※声は、気弱なお姉さん。

いや、いや、……いやぁ! ああっ! いや! いや! いや、ああ、いやっ、いや!
(とにかく激しく抵抗する……)
(火が付いたように泣き叫ぶ……)

判りました! 判りましたから! もう! ……ごめんなさい、もう逃げませんから! もう、抵抗しませんからぁ!? ふ、服も自分で脱ぎますから、だから!!
ほ!? お願いです、お願いです! 服がダメになったら、お家に帰れませんから! だから、……自分で脱ぎますからぁ!
ああ、ああっ、あああああ! やっ、ダメ! 自分で脱ぎますから! 脱ぎますから!
(とにかく激しく抵抗する……)

はい、脱ぎましたから……。
だから、……。
(ちゅぱ音……)
あ・あ・ああ、っ、あっ……。
(ちゅぱ音……)
……はっ。
あっ、はぁ……。

(チロチロ舌先を使いつつ、不慣れな感じのフェラ……)
お願いですから、イってください……。
(チロチロ舌先を使いつつ、不慣れな感じのフェラ……)
イってください。……イってください。お願い、イって……。
(フェラ……)

あの、赤ちゃんできちゃうから。
赤ちゃんできちゃうから、……私、処女なんです! だから!
初めては、好きな人とって……ああっ! あ゛あ゛あ゛あ゛あ゛~っ!!

あっ、あっ、あっ、あっ、はあっ、あっ、あっ、……ああっ! (リズミカルにもだえ、絶望感多めで……)あっ、あっ、ああっ!
――あっ? まさか、中で!?
いやっ、いや~~~~~っ!!


- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
■以下、「夢の終わり」収録時に実際に使用されたテキストの一部です。

※声は、色っぽい魔物。自信と余裕が感じられる。

ふふっ。
楽しい夢を見ているようだねぇ……?
(バキュームフェラ……)
ふぅ。
もう、おしまいかァ。
しごいても、吸っても、もう何も出てきやしない。
(先ほどより激しいバキュームフェラ……)
あはは。
まだ、射精しているつもりなのかい?
チンポをビクビク震わせて……。
もう一滴も、雫のひとつも出てきやしないのに。
あはは。
(ペニスを愛おしむようなフェラ……)
――はぁ。
……。
くそう、久々に当たりだったのになァ。
……。
次は、もっとためとけよ。