商品の前半部分を体験版として公開します。ぜひご利用ください。
同人成人向け R指定音声作品オーディオファイル
音声あり体験版あり
価格(税込み):105円
- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
■以下、収録時に実際に使用されたテキストの一部です。

※何度目かの講座で披露した演技の例。
声優はね。
台本とか渡されて、そこに書いてあることを読んでいるだけでは三流。どんなに美しい声をしていても、二流以上にはなれないと思う。
裏を読むって言うか。なぜそう言葉に出してるのか、その前のプロセスを考えないと、解釈がないと、薄っぺらな演技でしかなくて。ちょっと説明しづらいんだけど……。
極端な話、思ってることと逆のこと考えてるかも知れないでしょ? あ違う、思ってることと言ってることが違う。ツンデレみたいな?

じゃあ、例ね。
ある女性が、言いよってきた男を振るシーン。
……お酒が少し入っている。

※次行から、ある女性の声。
私は処女じゃないけど、それ以前に、処女がどうこう言う方とはお付き合いできません。
……つぅか、さ。
そこにこだわるのってどうなのよ? そこだけに。
身体目当てなの?
気持ち悪いとまでは言わないけどさ、何か違うんじゃない? 着眼点が。
何、処女じゃないと負けるの?
本当に知りたいんだけど。
そういう考えをもってるのは否定しないよ。でも、付き合うのは無理。そっちもそうなら、まぁ考え方によってはお互いハッピーじゃん?

※次行から、女性講師の声。
ここだけだと、どういう場面か判んないけど、相当嫌がってるよね。
友達とか、同僚とか。付き合いのある人だと、ふつう言えないよ……。
でもね、別のシーンで、こんなセリフがあると。解釈が変わってくるのね。

気の置けない友人、頼子に、さっきのシーンでのことを報告してるところね。
まだ、お酒が残っています。

※次行から、ある女性の声。
あはは。フルスイングで振っちゃった……。
イーヤ、謝んない!
頼子の頼みでも無理。
もったいないッて、損得勘定で……。
そりゃあ、男性とお付き合いしたことは、そりゃ、あるよぉ?
まだ話したことなかったっけ。中学のときから、十年以上の大恋愛。
でも、当時の彼は、……真面目不器用な人でぇ。
生活基盤が安定するまでは、子どもが出来るようなことはしないって。それを貫いてて。
ようやく、一回だけ、して。……そのあと、事故でね。私を残して……ね。
いまはもう、何年も経ったし。
吹っ切れた……とは、まだ言えないけど。
誰かを好きになることはあるけど、一線越えられないのね。
一生懸命、相手の嫌いなところを探して、嫌われるようなことを並べ立てて、自分の恋心ごとぶっ壊しちゃうの。ぜぇんぶ。
ダメだなぁ、ダメダメだね、私最低だよぉ。
でも、怖いんだぁ。私、まだ引きずってるもん。あの彼のこと。
もし新しい恋人が出来ても、エッチできない。
怖くて。
……怖い?
もし付き合うんなら、私の過去も受け入れてくれて、気持ちが変わるまで待ってくれて、……その代わり、AVとかエロゲは解禁! 双方同意の上でね。
そんなペースで、ずっと付き合ってくれる人じゃないと。
でもそんなの、悪いじゃん? 何年かかるかも判んないし、一生……。
ほんとぉ、ダメダメだねぇ。
いつまで、こんな……。
あぁお酒入ってるからかな。いまのオフレコね。
私の父親も、そんな感じだったらしくてさぁ。
私を仕込んだあとに、……。
あはは。大丈夫だって。
心配してくれてありがとう、頼子。
(頼子に抱きつきながら)よぉりぃこぉ~。あんたは本当にいい子だよぉ~!
それ、それっ。それに、比べて、私は。(泣き上戸っぽく号泣……)

※次行から、女性講師の声。
えー、作品の内容に関する質問は受け付けません。
とにかく、隠された本心を把握しておいた方が、自然な風な演技を作り込めそうだと思わない?
スタジオだとダメ出ししてくれる人がいるから、最悪の事態もだいたいは避けられるけど。宅録だとそのまま……なんてこともあり得るし。で、次の仕事が逃げていく、と。
完全な正解ってのはないし、しゃべってるキャラクターも自分の心を百パーセント把握してる訳じゃないだろうし。先を考えすぎるのも良くないけど、プロを名乗るならこれくらいはして欲しいと思う。
だからね、本当に、資料がないときは困るんだよねぇ……。

あと、あえぎ声のコツだけど、私は息遣いに神髄があると思ってます……。


- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
■参考情報

例の前後に入る予定だった講習シーンは、制作の都合上カットしました。
およそ以下のようなものを考えていました。

テーマは、引き出しを作るとは、どういうことなのか。

女性講師は、謎の人脈を駆使して小さなバーを借り切り、教室ではしにくい話をいろいろ聞かせます。
学園ものしか書けない(書かない、ではない)作家にチクリ。女性声優は処女じゃなきゃイヤンと騒ぐ極まったファン(?)にチクリ。ついでに、そういうファンを判ってて集め、食い物にしようとする側にもチクリ。

全方位的に敵を作りかねない毒を吐いた後、さらにあのテキストをもってきた女性講師はある意味で怖すぎるのでカットしました。