SGMcomplex BLOG

http://itigota.x.fc2.com/ サークルStudioGynandroMorphと管理人イチゴタタのイラストブログ。 (C) 2017 itigota All Rights Reserved.

<イラスト>混浴おんせん・淀と澄



045みずぎ1


 

045みずぎ2露天風呂にたまに現れる

年ごろの混浴姉妹。

やたら近づいてくるが

たまにキスされる。


タイミングわるく

一人で風呂に入ってしまったものは、

小一時間、3Pで襲われ出れないという。

(淀に2発、澄に1発、さらに1発どちらかに搾り取られる。)


なおこのお風呂は混浴ではない

立派な男風呂への不法侵入なのだが、

だれもそれを咎める者はいないのだった。


<出展・じなしす放浪記 混浴温泉取材編①>



<設定集>月子の両親、かぐやとツクミヨ



045かぐや2k



「あの子たち、元気にしてるかしら。」



かぐや Kaguya



月子の母親
で、伝記「竹取物語」に登場するかぐや姫その人。

ジナンドロモーフ・シスターズ
姉妹6人おばあちゃん。夫は月の守護神、ツクヨミ(ツクヨミノミコト)


淀と同じ美しい銀髪
に、

月子と同じ憂いを帯びた優しい紫色の目
をもつ

美少女(年齢1200歳以上)


045発情かぐや姫k

かつて密造酒製造によりしょっぴかれた罪として、月の都から地上の世界へと竹エレベーター流刑。

だがそこで平安時代当時の美男子5人かどわかし

さらには当時の皇帝である帝までかぐや姫によって致しかけたため、

これではマズいと事態を鑑みた月の警備隊により刑期満了前に強制送還された。

(詳細は実際の史実伝記「竹取物語」を参照)


かぐや姫は地上に伝記を残すほど破天荒な活劇により、月に帰ったあと神格化

月神・ツクヨミさまに見定められ結婚し、月子をふくむたくさんの子どもをもうける。

(それが史実における十五夜月見団子の由来である。)

淀の祖母であり玉の輿に成功した正真正銘元祖ロリビッチである。


身長:148cm
バスト:82(C)
特徴:不老不死 推定年齢1200歳以上


045かぐやk



「月子は元気そうか、何よりだな。
どれ、孫のためにも活力酒を月子に送ろうぞ、かぐや。」


ツクヨミ Tukyonmi


月子の父親
で、神話上の月神・ツクヨミノミコトその人。

かぐやの夫であり、ジナンドロモーフ・シスターズ姉妹6人おじいちゃん

月子と同じ様々な色が混ざり合って輝く美しい黒髪をもつ。

末女・祭
と同じ朱色の目をもつのだが、神々しさゆえに地上の民ではちゃんとした顔を拝めない

不老不死の神格
年齢不明好男子



神話の神・ツクヨミノミコトの分霊した姿のひとつであり、

月の都では様々な女性神婚姻関係を持つ神話レベルのプレイボーイ超絶絶倫

(月の都にはたくさんの分霊したツクヨミさまがおり、それぞれが女性神と結婚子どもをもうけているということ。)



かぐやとも15人の男子ども15人の女子どもがおり、月子はそのうちの七女

「A-07」Aランク、つまりツクヨミさま実の子どもの7番目)として

地上母・かぐや伝記の体験学習として送られた月子であったが、

史実のかぐや姫以上に現地の男性純愛



月に帰る前子どもをもうけてしまった(のちの長女・初)ため、




実の娘不老でも不死でもない宿命のやどる地上へと永久追放することになってしまった。




ただしそれによって孫の顔その成長を拝む事ができたため、ツクヨミかぐやも両親としてまんざらではないようである。




かぐやの密造酒婚姻によって正式に買い取り、両名によるブランド「ツクヨミ酒造」として、

月銘酒 発情かぐや姫

をふくむ様々なヤバイ酒を皆(神々)にふるまっている好青年

これは要するに媚薬であり、年中ぽかぽか陽気月の都において、ちょっとした刺激である。


(ちなみにいまさらではあるが、月の都とは月にある神々が住まう楽園

日本神話をふくむ様々な神々が、地上を見下ろし、のんびりしながら暮らしている。

ときたま優れた才覚ある地上の者に、空から天啓を与えるのである。)




------------------------------------------------------------

テキスト作成 イチゴタタ(StudioGynandroMorph)
初版 2017/12/11 作成

©2017 StudioGynandroMorph/イチゴタタ All Rights Reserved.

------------------------------------------------------------




<描き下ろしマンガ>姫と月~月子ちゃんオリジン~




001


002


003


004


005


006


021


022


030


031


041



<設定集>アトラス・エンジン 3号機 淀の『セプテントリオン』




atlus3p02

























atlus3p03























超巨大強化外骨格
アトラス・エンジン


3号機 パイロット:淀
セプテントリオン




Atlus-Engine 03 Septentrion @YODO




1号機 Neptune
2号機 Hercules

3号機 Septentrion
4号機 Grant-White
5号機 Elephas
6号機 
Caucasus
7号機 Xylotrupes
8号機 Eupatorus


------------------------------------------------------------


看板娘と神経接続し、駆動する巨大兵器「アトラス・エンジン」。

いわゆる巨大ロボットと呼ばれるそれは、明確な駆動構造を持たず、

看板娘が文字通り「心臓」となり、「神経」となることで、

自分の手足の延長上として動かす事ができる、「強化外骨格」である。



そもそも「外骨格」という言葉は、

人間や哺乳類のように骨が身体の中に入っていて神経や筋肉で動かす

内骨格」構造と対になる、


昆虫やカニ、エビのように身体の表面に硬い骨のような殻がありそれを内側から神経や筋肉で動かす

外骨格」構造のことである。




atlus3p01





「アトラス・エンジン」は看板娘がロボットの神経、筋肉、血液、肉となり、

「外骨格」としての硬い殻をまとう鎧なのである。




3号機 セプテントリオンは、8体あるオリジナル・アトラスのうちの1体

専属パイロット看板娘 三女 淀


彼女のと同じように、グリーンのアイカラーをもつ。




アトラスのモチーフとなっているカブトムシの中でも、

セプテントリオンのモチーフは、我々がよく知っている

日本の「カブトムシ」そのものである。


(正式名称ヤマトカブトムシ 学名Trypoxylus Dichotomus Septentrionalis






ネプチューン、ヘラクレスに次いで開発された本機セプテントリオンは、


技術向上による大型化・肥大化を克服した、非常にバランスのよい小型の機体であり、


姉妹機のグラントシロとともに万能機としての立ち位置を獲得している。




後発のエレファスは特化機、コーカサスはセプテントリオンを踏まえた次期主力量産機として開発されており、



アトラス計画の基礎はこの3号機 セプテントリオンで完成されていたとみえる。




(実際、コーカサスより後に開発されたアトラス・エンジンはそれぞれ、

ヒメ
は性能がデチューンされた更なる廉価量産型

ゴホンヅノ
非武装の民間用作業機である




atlus3p04




製作者は姉妹の父親であり、月子の夫。故人。

彼は有事に備えて姉妹にしか扱えないこの機体を妻とともに開発しており、

アトラスに関する秘密とともに月子、そして親友の知未はそれに寄り添った。




そしてその危惧は、とうとう現実となったのだ。



------------------------------------------------------------


041042
045046


044

----------------------------------------------------------


作:イチゴタタ(サークルStudioGynandroMorph)
初版 2017/12/7 作成


©2017 StudioGynandroMorph/イチゴタタ All Rights Reserved.



------------------------------------------------------------

<設定イラスト>乖別神器 神刀ワカツマキリ…月子の神器・別魔切



07月子の神器ワカツマキリ文字3





















<本文中内容・画像 2017/12/5 夜11時 追記・更新>

<初版 2017/12/5 朝4時 作成>








db0704




乖別神器 神刀ワカツマキリ

かいべつじんぎ じんとうわかつまきり



または


神刀 ワカツマキリ

じんとう 別魔切




神銃器アニマタギとは異なる、月子自身の真の神器




Separation Blade Wakatu-Makiri





縫い針を巨大化させたようなその両刃の宝剣は、



対象の肉体に一切傷を与えず、

ただその者に潜むの力だけをし、乖離させる。





そしてそれはもちろん、彼女の娘たち…そう、看板娘姉妹の持つ神器も例外でない。






まごうことなき、「神器殺しの神器」として与えられたものである。







なお鞘は存在しない、剥き身の刀剣である。

その刀身は、淀の黒刀とも澄の白刀とも違う、銀色に輝く。






アニマタギ2blog


















べつにこの神器を出している間はアニマタギが使えないというわけではなく、


その気になればアニマタギとワカツマキリの両手持ちも可能である。



(根本的に、猟銃であるアニマタギは両手を使わないと満足に装弾できないが)





07ワカツマキリ前もじ























月子は本気を出したときにだけしか、この剣を使わない。


そもそも姉妹同士で戦うことなどないと考えており、

母親である月子自身としての、万が一の保険である。





秋田県・東北文化に根付いた「アニマタギ」とは異なり、


この「ワカツマキリ」はそれより北、アイヌ圏の言葉である。





武蔵坊弁慶のように、蝦夷地へと逃げ延びた源義経……若き姉妹たちを守ることが、


母親としての月子の勤めなのである。







なお「わかつまきり」は「別つ魔切り」であり、


決して「若妻斬り」などという恥ずかしそうな必殺技の名前ではないのだが、



月子はその事をからかわれると、躊躇なく刃を向けて淡々と襲いかかる



(主にメイトガードルクス標的になる)



------------------------------------------------------------




亡き夫との最愛の思い出、娘たち。神器、アニマタギ。


それらすべてを否定する、乖別神器ワカツマキリ。



夫に与えられたこの神器とその意図を、

月子は胸中に深くしまいこんで、


娘たちの成長を、母親として俯瞰し、見届けているのだ。




------------------------------------------------------------


©2017 StudioGynandroMorph/イチゴタタ All Rights Reserved.


------------------------------------------------------------

ギャラリー
  • <イラスト>混浴おんせん・淀と澄
  • <イラスト>混浴おんせん・淀と澄
  • <設定集>月子の両親、かぐやとツクミヨ
  • <設定集>月子の両親、かぐやとツクミヨ
  • <設定集>月子の両親、かぐやとツクミヨ
  • <描き下ろしマンガ>姫と月~月子ちゃんオリジン~
作品一覧
サークルプロフィール
記事検索
Amazonライブリンク
  • RSS
  • Dlsite blog