スカンク絡みで女の子のおならが登場するゲームについての情報をとあるフェチ友さんから頂きましたので、こちらでもご紹介してみたいと思います。

少女セピアと魔法の本プラス
制作:konoe

セピアという女の子の不思議な冒険をテーマにした、横スクロールタイプのPC用2Dアクションゲームです。
全体的にほんわかしたメルヘンな雰囲気で、難度も比較的低めなので、アクションが苦手な方でも遊べると思います。
セピアは道中いろんな生き物に変身させられ、その度に攻撃方法や操作系が変化するため、簡単ながらもなかなかにトリッキーな冒険を楽しむことができます。
もともとアクションゲームのファン向けというよりは、可憐な女の子があんな姿やこんな姿になってあんなことやこんなことまでしちゃうというシチュエーションがお好きな方向けな、軽くそっち方面のフェチが入った作品みたいです。

「プラス」と付いている有料版は¥1000ですが、もともとは「Freem!(ふりーむ!)」というフリーゲーム配信サイトで公開されていた作品ですので、無料で遊べる無印版も存在します。
有料版は、無印版に以下の要素がプラスされたものです。
・「少女セピアと魔法の本」(本編)の進行度変更機能(本編の全ステージを任意選択可能にできる)
・「夢の幕間」(新規ステージ)およそ9つ追加(細かいものは除く)


←→キーで左右移動
SPACEキーでジャンプ(二段ジャンプ可能)
Zキーで攻撃(連打可能)
Aキーでポーズ(一時停止)
ポーズ中にQキーでリタイア(ステージ選択へ戻る)

道中に落ちている薔薇のつぼみのようなアイテムは、取ると体力を全回復しつつ、何かに変身させられている場合には元の体に戻ることができます。

ステージクリア時に自動的に進行状況がセーブされます。
有料版では、「冒険のしおり」をいじることで最初から全ステージを任意に選択可能。(「夢の幕間」内のステージは除く)
進行度を変更することで好きなステージから始められるため、無料版を進めていた人もスムーズに有料版への移行が可能となっています。

なお、スカンクとおならが登場するのは、後述する有料版の追加ステージ内のみです。

「プラス」から追加された「夢の幕間」(有料版専用新規追加ステージ)は「冒険のしおり」の進行度変更機能が対応していないため、地道に一つずつステージをクリアしていく必要があります。

お目当ては、夢の幕間5ステージめの「A-4 スモーク・パニック」。

セピアは敵の魔法使いが投げてくる「においキノコ」に触れると、リボンを付けたちょっと生意気な感じのスカンクの姿に変えられてしまいます。
スカンク化ということで当然の如く攻撃手段がおならになってしまうセピアですが、このおならがまた、流石はスカンクといったところでしょうか、思わず我が目を疑うほどにとてつもなく強力な広範囲攻撃です。
シューティングゲームでいう「ボム」がやや弱体化しつつ通常攻撃扱いになった感じと言えば何となくおわかり頂けますでしょうか。
ノーリスクで連発も可能なため、敵がわらわら群がって来ようともあっという間に一掃できるほど凄まじい最臭兵器です。
ちょっとでもクンカクンカした途端ティウンティウンティウンという・・・・セピアのおならガススゴE。
ただ、このステージにはそれほどの武器を駆使して戦うのにふさわしいような強敵が登場しないため、単なる「見せ技」となっているのが少々残念なところではあります。
通常だとなかなか硬くて手こずる本編ラスボスも、このスカンクセピア状態で倒しに行けたら 臭殺 瞬殺だったのに~!

おならをする度に「ぶぅっ」という放屁音あり。
スカンクセピアはおならを放つ際、きばりながら目を閉じてほんの少しだけ頬を赤らめます。
それが羞恥からなのか、力を込めているせいなのかはわかりませんが・・。
ちなみにおならは黄色ではなく、「においキノコ」のものと同様の紫色をしています。

道中にはこのステージ専用のアイテムも用意されています。
・「おとなし草」 
説明には「消臭効果あり」と書いてあるのですが、おならの威力が弱くなったりはしません。
このアイテムを取ると「ぶぅっ」という効果音が無くなり、攻撃がすかしっ屁になります。
意図したものかどうかは不明ですが、「消臭効果あり」ではなく「消音効果あり」の間違いかも?
・「おとまし草」 
取るとおならの紫色が濃くなり、放屁音が大きくなります。
既におとなし草ですかしっ屁化していた場合、放屁音が復活します。
おならの威力は変化しません。

ステージ後半では紫色ではなく黄色いガスを放つにおいキノコが登場し、これに触れるとセピアはしばらくの間全身が真っ黄色に染まって移動や振り向きができなくなります。
敵が迫っている時にうっかり触ってしまうと敵にお尻を向けられなくなるといういやらしいトラップなのですが、攻撃キーを連打しておならを連発すると、画面の半分以上を覆い尽くすほど広範囲にニオイを拡散できることがあったりするので、場合によってはそれである程度対処が可能です。

ステージの最後には『不思議の国のアリス』に出てくるようなウサギと、お城を頭に乗せた変な令嬢が待ち受けており、セピアのスカンク化についてそれぞれちょっとしたコメントをくれます。


なお、女の子のおならのみが目的の場合、本作には下記のような問題があることに充分ご注意下さい。
・おならの色が紫 (おならというよりは煙のイメージ?)
・「スカンク娘化」ではなく「獣としてのスカンク化」に近い変身 (リボンが付いたりと多少擬人化されている程度)
・おならが登場する「スモーク・パニック」ステージは5分程度でクリアできてしまう (このステージ以外での登場も無し)
・おならに対する敵のリアクション等無し (通常の攻撃と同じくダメージを受けて消滅するだけ)

まずは無料の無印版を遊んでみて、世界観やゲーム性などを気に入られたなら、遊ばせて頂いたご祝儀を兼ねて有料版にも手を出してみる、くらいの気持ちでご購入されるのが良いかも知れません。
ちなみに「プラス」で追加されたストーリーのラストでは、ちょっとした感動もあって癒されました。
優しい世界。