いくつかの電子書籍ストアで販売されている『アニマル学園 チョメちゃん』の 試し読み1話 内で、主人公のチョメちゃんがオナラをしているシーンも見られるとの情報を、おならフェチのお友達から教えて頂きました。ありがとうございます。

現在まで脈々と続く「仮面ライダー」シリーズや「スーパー戦隊」シリーズの礎を築いた漫画家、故・石ノ森章太郎先生の全作品を網羅した「石ノ森章太郎デジタル大全」の刊行が2014年春くらいから進められており、この『チョメちゃん』もその流れで今からちょうど2年ほど前に講談社から初の電子書籍化が成されたようです。

コロコロコミック系を思わせる児童向けの絵柄と内容ですが、お色気もそこそこ盛り込まれています。
そういえばコロコロ系の漫画にも時々エロいシーンがあったりしましたね。
大丈夫だ、問題ない
変態の 漫画の神様の御宣託にもこうあるのです。 「漫画とは大人が眉をひそめるようなものでないといけない」と。
チョメちゃんは相当ないわゆるロリ巨乳キャラなわけですが、もしかしたらロリ巨乳という概念が萌芽し始めた頃の作品だったのかも・・・・・?
ロリ+巨乳とか最初に言い出したのは誰なのかしら
時々登場する仮面ライダーのセルフパロディも、唐突ながら妙に強く印象に残ります。
そういえば作者同じなんだった・・・・・・みたいな。

チョメちゃんのおなら「ピースーガス」は、ニオイ表現や相手が臭がる描写とほぼ無縁なのが残念ではありますが、あの容赦ないぶっ放しっぷりや複数名を巻き込む気体のもあもあ具合、おならを武器として利用している感などは結構好きな部類かもです。
ちなみに彼女がガスをぶっ放すシーンは、試し読みで見られるものの他、あと三箇所ほど存在します。

・3話め「仲よくケンカを」
タヌキ園長を失脚させたいキツネ副園長の企みで、生徒から先生まで入り乱れてのケンカが始まりますが、チョメちゃんのひり放った大量のガスにより、みんな「ぽワン フニャフニャ」になってようやく平和が訪れます。

・5話め「好きっス!チョメちゃん」
1話にも登場してチョメちゃんのおっぱいにやられてウェーーイとか言ってたゴリラがチョメちゃんの脱衣姿に惚れて彼女を追っかけ回すという話で、チョメちゃんはまたおっぱい攻撃やガス噴射で対抗しようとしますが、ゴリラのチョメLOVEをますます重度にしてしまっただけでした。

・13話め「森は生きていた」
入ってはいけないと言われている不気味な森の探検に出かけたチョメちゃん。
老婆に化けて近づいて来たオオカミが正体をあらわしてチョメちゃんのお尻に咬みつくのですが、その状態のままガスをブッかけられて撃退されてました。


『アニマル学園 チョメちゃん』本編は、 こちら の各電子書籍ストアなどから入手可能。
上記ページに記載のあるサイトの他にも、アニメイトブックストアマンガボックスストアRenta!講談社コミックプラスニコニコ静画などなど、国内の主だった電子書籍ストアのほとんどで取り扱いがあるようです。