ゆく河の流れは絶えずして、しかももとの水にあらず。よどみに浮ぶうたかたは、かつ消え、かつ結びて、久しくとゞまりたるためしなし。世中にある、人と栖と、又かくのごとし。    ――― 鴨長明

サイレント・バット・デッドリー ver.M サイレント・バット・デッドリー ver.M フェイタルフェイト
弊サークル作品『サイレント・バット・デッドリー ver.M』シリーズでキャラクターボイスを担当して下さった水音みずかさんが、ネット声優界を引退されたみたいです。
私は水音さんの透明感のある可憐な声質がとても好きでしたので、もっとたくさんお仕事をお願いしておけばよかったと、今更ながらにして思います。
何年も前に依頼を通じて多少会話のやり取りがあった程度の関係ですので、流石に恋愛感情とか友情とかそういう感じのものではないのですが、いま何か内側から押し止めようもなくひしひしとこみ上げてくる感覚があります。

水音さんだけでなく、今は去ってしまわれた方々、いなくなってしまった人たち、みんなどうしておられるでしょう。
昔、私がまだ嘴の黄色いマセたひよっ子だった頃に大変お世話になっていたWINDさんの「おなら倶楽部」やsniffさんの「sniff's drawing studio」の現在を見る毎に思います。

この世にあるものは、たとえ堅牢に見えようとも全ては砂の城のようなもので、時が経てばいずれ必ず失われゆく運命にありますね。
だからもし貴方にとって大事なものがあるならば、まだ貴方のもとにあるそれを、今この時、大切にしてあげて下さい。
そしてもしいつか砂の城が崩れても、砂は砂に還っただけで、砂粒そのものが消えて無くなったわけではありません。
自分の知らないどこかの空の下できっと元気でやっているのだろうと信じましょう。

いろいろな感情が入り混じったいまの感覚を端的に表現するのが難しいので、代わりに二つほど動画を貼るだけにしておきたいと思います。





だけど、月よ照らしておくれ。