ボタンを飛ばしぷにゅーん
 大胸揺らしぷにゅーん
 乳神ぷにゅーん乳神ぷにゅーん ポヤガン持ち (いししゅー) ポヤガン持ち
 ぷにゅーん乳神 光線銃
 ぷにゅーん乳神 大バスト
 ブルンルーン ブルンルーン ガモを潰すー♪

アニメ第2期の制作も決定した『ベルセルク』屈指の名敵役モズグス様のモデル?(そう力説する先輩がいました)こと超神ズシーンのテーマの替え歌でした、お目汚し失礼。


大きなおっぱい。それは大きなお尻と双璧を成す女体の神秘。
まさに「前門の乳、後門の尻」といえましょう。 オオオ・・・・・・古き言い伝えはまことであった。
この有名なことわざの出典は、元の時代の中国の学者・趙雪航の記した『評史』 にある「前門据乳, 後門進尻(表門で乳の侵入を防いでいる時に、裏門からは尻が侵入してくる)」で、「前後から乳と尻に挟み撃ちされては、勇者であっても太刀打ちできない」という意味だそうです。はい、ちょびっとだけ嘘です。

戯言はさて置きまして、やれクイーンズブレイドやら閃乱カグラやらダンまちやら月曜日のたわわやらと、今日も今日とて枚挙に暇がない程にコミック・ラノベ・アニメ・ゲームの世界はどこもかしこもおっきいおっぱいいっぱい花盛りですが、この度さらにまた一柱、荒魂と幸魂が手に手を取ってニルヴァーナ化せざるを得ないレベルで我と我が目を疑うほどの乳神様が御降臨遊ばしました。
乳神様の現臨遊ばすその御所は『Occultic;Nine -オカルティック・ナイン-』。
乳神様の神名は「成沢稜歌」。
初回放送開始からまだそれほど経ってはおりませんが、乳神様をかしこみかしこみ崇め奉る信徒の数は日毎増し加えられ続けているようです。
りょーたすパネェっす。ハレルヤ。

おおおおおおおおおぱぱぱいぼばいーーーー~~~~~ん!
この潔く思い切ったでかさ加減はでかパイパイ好きにはたまりませんね。
メインヒロインなのに角度によってはぽちゃどころかおデブちゃんっぽく見えてしまうこともあえて厭わないキャラ造形や作画もベリグーッ!埋まりたい。埋められたい。潰されたい。 奇乳だなどとのたまう人にはもれなくポヤガンいししゅ~。
もう多分言い切ってしまってよいと思いますが、本年度の乳神様・オブ・ザ・イヤーはこのりょーたす嬢で決まりでしょう。(たわわのアイちゃんと接戦になりそうですが、大きさと柔らかそうさならこちらに軍配かと・・・でも大逆転もあるかも?)
じつは同作品内でもう一人、「西園梨々花」さんというおねいさんなキャラもこちらはこちらでなかなかのポテンシャルを秘めておられるようにお見受けするのですが、今後の乳揺れや薄着 御活躍が待たれるところです。

この作品のことは私もお友達から教えて頂いて知ったのですが、よく見れば何と、原作が志倉千代丸さんなんですね。
志倉千代丸さんといえば、ゲームの声優はやるわ、魔女っ子喫茶は出すわ、ラジオのパーソナリティは務めるわ、かの名作科学ADVシリーズの原案は書くわ、さらに現役バリバリで数々の名曲の作詞・作曲をも自ら手がける多芸多才ぶりでもおなじみの、株式会社MAGES.代表取締役会長その人ではありませんか。会長すごいよ会長。
そういえばオープニングや作品全体を覆う雰囲気も、例えば科学ADVのカオヘのそれと結構共通点がある気がします。





なおカオヘについてですが、TVアニメ版のカオスヘッドは結構な黒歴史ですので、入門編としてそちらから入られるのはあまりオススメでは・・・・・・・。
ゲーム版(出来れば、規制・削除箇所や処理落ち問題の無いXBOX360版ChaoS;HEAd NoAHがベスト)を遊びましょう。
ちなみにカオヘはシュタゲと世界設定を共有しており、名前だけ登場する程度のお遊びですが、一部キャラがシュタゲにカメオ出演しています。
また、カオヘには『カオスチャイルド』という後継作品も存在し、こちらは来年1月にアニメ化が決定しています。 今度こそ大丈夫だよね 楽しみですね。

(・3・)あるぇ~?いつの間にかカオヘの記事になってゆ。