ブログ二周年記念企画の日替わりイラストリクエストにお応えしてみた絵です。

今回は「ゼン」さんからのリクエストで、
胸の谷間に頭を包みこまれての窒息責め
です。

左から30分後、1時間後
9日309日60

ゼンさん、ご当選おめでとうございます!
おっきなおしりも大好きですが、おっきなおっぱいも大好きです。ぷよんぷよん。ぷにゅぅ~。ぷるぷる。たぷんたぷん。
女性はお尻も柔らかいですが、おぱいは輪をかけて柔らかくぷにゃぷにゃです。脂肪の塊に過ぎぬとも言いますが・・。
そんなわけで本日は趣向を変えまして、おっぱいいっぱいの日とさせて頂きました。
「おっぱい」「巨乳」「爆乳」「ぱふぱふ」「窒息」タグなどのほうも宜しければどうぞ辿ってみて下さいね。
今回惜しくも選に漏れてしまわれた方も、チャンスはまだあと一回、最終日の8月10日21:00までございますので、是非また奮ってご応募下さいませ。

胸の谷間で窒息責めは『乳忍なるみ』やレミングスさんの『さよなら人類』シリーズ第五話など、M向け小説としてたまに書いたりしておりましたが、特に『さよなら人類』のほうでは以前、それ関係の場面に挿絵が欲しいとのご要望をお寄せ頂いていた事がありましたので、そーだこの機にそれを描かせて頂こうと思い立ちました。


ある日天空より飛来した、巨大な美女の姿を持つ恐るべき侵略者、ナイルスネイル。
その中でも有数の実力者らしいおぱーい魔人、”豊穣なる者” ディーバ・ルと、仲間を救出した代償としてディーバ・ルの魔乳に頭を挟み込まれ、羨ましくも凄絶なπ窒息地獄を味わわされている最中の、主人公の盟友ハムサンです。
軽く抱きしめているだけのように見えますが、ナイルスネイルは大の男が見上げるほどの巨躯に加えて地球人を遥かに凌駕する運動能力を備えており、ハムサンが自力で脱出する事は不可能。
(作画の都合で)彼は何だか楽しんでいるようにも見えますが、例えばディーバ・ルのボディやおっぱいをぽかぽかと殴ったり押したり引っ張ったり、ジタバタとそれこそ死に物狂いで暴れに暴れているところ、とでも見て頂ければ幸いです。
でも服が破れてむき出しになった裸のおぱーいでぱふぱふされてる顔面はものすごキモチEことになってると思いますので、ちん○は確実にスーパー大勃起してしまっているはず。
ちなみに勝手な裏設定ですが、彼は結構な巨乳好きです。
夢が叶って良かったですね。後でもうそれどころじゃない事になってしまいますが・・・・・・ある意味では、本望でしょう。

おぱーいを描くお!おぱーいを描くお!ととにかくおぱーいのみに集中してアタリも取らずに描き始めたので、腕と胴が妙に長ー~いディーバ・ルになってしまいました。
何ぼなんでも腰はもうちょっと上ですよね・・・・・・・・・巨女でなく妖怪高女だったならこれでだいたい合ってるのですが。
とりあえず、おっぱいぱい以外は見ないようにして頂けると助かるのですが、ちょっとディーバ・ル様かナプラマージャ様にお仕置きされてきます自分。





そんなわけですごいお仕置きされてきました。
はふ、はふ、もうだめだ・・・・・・・・・・・・・地球はおすまいだ・・・・・・・・太陽が黄色い・・
おっぱいぼいんぼむんがたまらないので頑張ってもう一度最初から描き直してみましたが、ハムサンの軍用パンツ?を無理やり迷彩柄に見せかけようとしたら何かカビてるみたいになりました。
あとハムサンの腕と指の付き方がいい加減なので、彼が前を向いてるんだか後ろを向いてるんだか、だまし絵みたいになってしまいました。
ディーバ・ル様のお顔もせっかくなのでまたちょっと変えてみましたがなんか前のほうがよかっ・・
ぎゃーまたお仕置き、し、死む・・・・・・・・むぷっ


左から30分後、1時間後
9日309日60