おさぼく』の企画は、元々は音声作品『サイレント・バット・デッドリー ver.K』として始まりました。なので基本の骨子は『サイレント・バット・デッドリー ver.M』シリーズと割合よく似ています。
似てはいますが別の物語であり、シリーズかのように扱う意味が薄いのと、また、パッと字面を見ただけで中身の傾向を把握し易いほうが良いと考え、タイトルは現在の形に落ち着きました。
もともとこの作品、企画の段階ではこれまでと同様の、純粋な音声作品に留める予定だったのですが・・・もちろん、音声が核となっているのは今も変わりありませんが、TTLさんのご協力を仰げるようになった事、そしてTTLさんから上がってくるミヤちゃん絵の良さに打たれた事から私の中でとある衝動が膨らみ、ふと気付くと、”禁忌”に手をかけておりました。
踏み込めばもはや引き返せないポイント オブ ノーリターン。くぐるはヘルズゲートかヘブンズドアか。そいつに触れる事は死を意味するアームド・フェノメノン

表現が大袈裟すぎましたが、つまり、かかる手間が飛躍的に増すという事です。
簡単に言ってしまうとですね、この絵いいなぁ→動いてるところが見てみたいなぁ→動かしてみちゃえ・・・・みたいな・・・。
そんなわけで、今回の作品『おさぼく』のオマケの目玉は、簡易アニメ動画です!
フェイタルフェイト』のオマケにもGIFアニメが付属してはおりましたが、あれとはまた一味違い、今度はwmv動画として全編フルの音声入りで御視聴頂けるようになります。今はまだお見せできませんが、体験版ではその一部を公開する予定。

本来動く予定になかったものを動かしているのでとにかく試行錯誤の連続です。
あくまでオマケ、あくまでも簡易なので、あまり大きな期待をされてしまうとズコーとずっこけてしまわれる結果になるかもわかりませんが、頑張って制作しておりますので、無事発売された暁には多くの皆様に御覧になって頂けると嬉しいです。