古いしっとりめの曲で、これは良いと思った物を中心にピックアップしてみました。
しっとりとは違うっぽいのも含まれていますが、気にしたらまけかなと思っている。


世情 - 中島みゆき
CDアルバム『大銀幕』収録曲。
NHKのドキュメンタリー番組『プロジェクトX〜挑戦者たち〜』のOPED曲で大ブレイクした中島みゆきさんの往年の名曲です。
伝説のTVドラマ『3年B組金八先生』で生徒が警察に強制連行される衝撃的な場面のBGMとして使われた事でも有名。
巡音ルカも歌っていますがこれは映像が凄いですね。当時の世相はこんな感じだった模様。
今は抗争も無く平和ですが、果たしてこの頃より世の中は良くなったでしょうか。


イルカ なごり雪
CDアルバム『イルカ全曲集』収録曲。
イルカって何ぞと一瞬思いますが、そういうアーティスト名です。
かなり沢山の人にカバーされている曲ですし、卒業などのシーズンに一度は耳にした事のある方も多いのではないでしょうか。
そういうシーズンがもうすぐやって来ますね。


『いちご白書』をもう一度/松任谷由実
CDアルバム『Yuming Compositions:FACES』収録曲。
これも様々なアーティストにカバーされている有名な昭和のフォークソングで、このバージョンは作詞作曲者のユーミンさん自身による比較的新しいセルフカバーです。
曲初出時の最も古いオリジナル版の歌はこちらで聴けます。流石はアイマス。
ところでニコニコ動画で人気のある『』、その映画版の主題歌(これも良曲)は上記の元曲の影響を受けているように感じるのですが、どうなんでしょう。


シャーリーン 愛はかげろうのように
「I've never been to me」 Charlene
CDアルバム『愛はかげろうのように (I've Never Been To Me)』収録曲。
覚悟のススメ風に言うとだいたいこんな歌。
「世界中を探し歩いても見つからなかった幸せの青い鳥は、実は始めから自分の傍にいたという話をしたのを覚えているか? あれはおとぎ話ではないぞ」


戸川純 - 吹けば飛ぶよな男だが
CDアルバム『戸川純 TWIN VERY BEST COLLECTION』収録曲。
映画「男はつらいよ」シリーズでおなじみ山田洋次監督の同名邦画のテーマ曲を、平沢進さんが編曲し、戸川純さんが歌詞を付けて歌ったもの。
昔々の曲ですが現代にも充分通じる哀歌。


青空 PV/ブルーハーツ
CDアルバム『TRAIN-TRAIN』収録曲。
差別について歌った曲。歌詞にバスが出てきますが、これは公民権運動以前の米国で、黒人はバスの席まで白人とは別にされていた事から来ているそうです。
黒人差別だけに留まらず、時代をも越えて差別問題全般に普遍的に通用する歌詞。


夕暮れ/THE BLUE HEARTS
CDアルバム『DUG OUT』収録曲。
メロディーも歌詞も唄い方もシンプルですけど、何か得体の知れない迫力が。
空の夕焼けと一緒で、聴く側の心のあり様によって、ノリ良く聴けたり、切なくなったり、勇気付けられたり、煩く感じたりと、捉え方が変化する曲だと思います。
歌はいいね。歌は心を潤してくれる。リリンが生み出した文化の極みだよ。 by 渚カヲル


沙羅曼蛇 OVA 瞑想のパオラ
「I Remember You」 茂村泰彦
OVA『沙羅曼蛇 瞑想のパオラ』EDテーマ。
『沙羅曼蛇』は有名な『グラディウス』シリーズの流れをくむ伝説のシューティングゲームですが、アニメ化までされてたんですね。
『グラディウス』の最終ステージそのままの絵を背景に同曲が流れる心にくい演出がレトロゲー愛好家泣かせでしょう。


火の鳥 鳳凰編 ED
「火の鳥」 渡辺典子   初音ミクが歌ってたりして。
現代漫画の礎を築いた漫画の神様こと故・手塚治虫先生のライフワーク的作品『火の鳥』 、その「鳳凰編」のアニメ版。
私も観てみましたが、原作のエピソードが結構端折られているなぁと・・・・が、それはこの際脇に置いといて、語られるべきは「このアニメ時々なんだか妙にエロい!?」という事です。
あからさまにエロなアニメとはまた違ったエロさが随所に見られ良い感じでした。
自分を邪険に追い払おうとする意中の男をラッキースケベに見せかけて柔らかそうなオパーイのぱふぱふ攻撃で悩殺して黙らせるやら、生ケツを突き出し見せつけて悪ガキを撃退やらとやりたい放題のブチさん最高。ほんのり怖い幻影のブチさんも好きです。


少年
「少年ケニヤ」 渡辺典子
劇場版アニメ『少年ケニヤ』主題歌。  これも初音ミクが歌ってたり。
火の鳥と歌手繋がりで、少年ニヤケ。
アニメでは少女のワレメが一瞬映るようです。当時問題にならなかったんでしょうかね。
原作は戦後の児童文学の古典中の古典で、TVドラマ化漫画化もされてます。


おたくのビデオ1982 OPフルバージョン MV
「戦え!おたキング」 辻谷耕史
何かすごいの来ました。流石はガイナックス。エヴァンゲリオンで大ブレイクするどのくらい前になるんでしょうか。
ここで描かれているようなおたく達がおそらくは今日隆盛する萌え文化や虹エロ文化の礎を築いたのだと思われます。
変わってゆくもの、変わらないもの。粛々と受け継ぎ、我々もまた歴史を紡ぐ糸の一本、大河の一滴となりましょう。