「筋肉少女帯の」大槻ケンヂさんと言った方が通りが良いと思いますが、それに捉われずいろんな活動をされている方です。コアな筋の人には『空想科学任侠伝 極道忍者ドス竜』の主演男優としても知られています。(ググってみると・・・・。)
"電波系"という概念を世に送り出した開祖だったり、曲の歌詞がエヴァンゲリオンの綾波レイの元ネタになったりなど、サブカル好きなら避けては通れない人です。


ヘドバン発電所
笑えてノれて格好良くてドラマがあって面白いオチまで付いてるという贅沢な曲。
”ガスの女王”ことユーリアたんもこうして作られていたりしたら愉快だなったら。
私はヘッドバングはしませんが代わりにちんちんシュッシュッのパワーで発電(ry


【筋肉少女帯】ゴーゴー蟲娘
鏡地獄だと恐ろしい感じですが、屈み地獄なら私の上でおながいします是非。
カメムシ娘かミイデラゴミムシ娘あたりにしてもらえたら、ジャハンナムへGO!


『いくじなし』-筋肉少女帯
歌というよりは語りを聞く曲 その1。
「どんなにたくさんの人がばかにしても 君達はフェティシストで在り続けて欲しい」


ノゾミカナエタマエ (筋肉少女帯・大槻ケンヂ)
「ノゾミ・カナエ・タマエ」→「望み叶え給え」→「望みあるとしても」と3曲続きます。
これは歌詞をちゃんと聴くと全くもって救いの無い歌なので、そういうのが苦手な方は聴かないほうがいいかもしれません。でもここまでだといっそ清々しいです。
ちなみに「ノゾミ」「カナエ」「タマエ」というフレーズは、そういう名前の3人の少女として、オーケンの他の曲にも登場しています。


特撮 - ケテルビー
歌というよりは語りを聞く曲 その2。
一部、原曲としてクラシック曲「ペルシャの市場にて」の中の一節がアレンジされて使われています。「ペルシャの市場にて」の中でも、その部分は特別な魅力を備えているらしく、JOJOでおなじみ漫画家の荒木飛呂彦さんも大好きなチェコの人形アニメーションの大家ヤン・シュヴァンクマイエルさんの短編『男のゲーム』(※微グロ注意)のBGMや麻生太郎元首相も大好きなTVアニメ『ローゼンメイデン トロイメント』のOPテーマ「聖少女領域」の間奏として用いられたりもしています。


【遊戯王】狂い咲く盗賊の証明
TVアニメ『遊☆戯☆王』シリーズ feat.バクラMAD。
戦え!何を!?人生を!


筋肉少女帯 そして人生は続く
オーケンが単なるシニカルなニヒリストに終わらない事を端的に証明する一曲。
「幾度地獄に堕ちる その度奇跡生まれる 本当にシネマの様 上手く出来てるネ」
オーケンの老人への眼差しはいつも温かみに溢れています。