「筋肉少女帯の」大槻ケンヂさんと言った方が通りが良いと思いますが、それに捉われずいろんな活動をされている方です。コアな筋の人には『空想科学任侠伝 極道忍者ドス竜』の主演男優としても知られています。(タイトルでググると・・・。)
"電波系"という概念を世に送り出した始祖だったり、曲の歌詞がエヴァンゲリオンの綾波レイの元ネタになったりなど、サブカル好きなら避けては通れない人です。


特撮(大槻ケンヂ) 揉み毬 (YOUTUBE)
最後の終わり方ですが、途中で切れたのではなく、もともとそういう曲なのです。
「誰も望んで地獄には堕ちぬ 神様の気まぐれさ」 そして人生は続く。
ダークさと優しさが奇妙に絡まり合って同居するオーケンの曲が好きです。


香菜、頭をよくしてあげよう
TVトーク番組『ボイズンガルズ』OPテーマ。ゆったりなテンポの別ver.もあります。
曲のタイトルが上から目線すぎて引くねと言った人がいましたが、最後まで通して聴いてもらったら良い曲だねと認識を改めてくれました。そんな思い出深い一曲。


パティー・サワディー (YOUTUBE)
サワッディー・カップ(タイ語の挨拶)。 PVの映像もタイランドのイメージをフィーチャーしています。
「過去は過ぎ去りもう無い 未来きたらずまだ無い(まだ無い)」というフレーズがあるのですが、「未来きたらつまらない(つまらない)」に聴こえて仕方ありませんし、それでも意味的に前後の歌詞と繋がります。仕掛け歌詞?


筋肉少女帯 小さな恋のメロディ
TVアニメ『EAT-MAN』OPテーマ。
上の動画内のオーケンはその主人公のコスプレをしています。
筋肉少女帯って一応、ヴィジュアル系バンドの範疇に入るんでしょうか・・・?


ボースカ [MAD]
TVアニメ『さよなら絶望先生』&TV特撮『快獣ブースカ』MAD。
最後の英語は、「私は貴方の犬となり、私は貴方の神になる」と和訳されて他のオーケン曲にも登場します。己の内なる厨二魂を疼かせてくれるナイスフレーズ。


アイドルマスター 「パブロフの犬」
アイマスMADですが、ラスト付近の疾走感が素晴らしく曲に合ってると思います。
シャーロックホームズシリーズの名編『バスカヴィル家の犬』で老人に実際の死をもたらしたのは魔犬の牙ではなく、それを盲目的且つ過剰に怖れる彼自身の心、つまり"妄想"に根ざした"思い込み"から生じる、肥大化した恐怖でした。
対になる曲は、こちらも犬に仮託して犬ならぬ心中のケモノを歌う「トキハナツ」。


【MAD】青の6号×機械【筋肉少女帯】
OVA『青の6号』 feat.ゾーンダイクMAD。アニメ青の6号はケモナーの方必見かも
また、漫画家の藤田和日郎さんがこの曲にインスパイアされて『空に羽が・・・』という短編(単行本『暁の歌』に収録)を描いています。