例のお絵描きの途中経過は一応着色して完成まで続ける予定ですが、あんまりそればかり続くのもナニかと思いますのでちょっとここでインターバルを挟みます。


週刊ヤングマガジンに連載されていた『暴想処女(ぼうそうしょじょ)』(酉川宇宙・著)という漫画を御存知でしょうか。
分類としてはギャグマンガに入ると思うのですが、毎回毎回毎回毎回これでもかとばかりに逆レイプがありますので、そういうのが好きな方は必見の作品です。

主人公の牧野弥生(まきのやよい)は、母が出まかせで口にした嘘を信じ込み、20歳まで純潔を守り抜くと誓った女子高生。
見た目が怖いクラスメイトの鈴木くんの言動に、処女を奪われると勘違いした弥生は、攻撃こそ最大の防御とばかりに鈴木くんに逆レイプを仕掛けるのでした・・・・ただし処女は意地でも死守するという鉄の信念があるので、手コキ・オナホ等で性欲が枯れるまで搾り取ります。以下これを手を変え品を変えエンドレスリピート。
とにかく本番をしない事が彼女にとっての純潔なようです。それでいいのか弥生。
鈴木くんは結構常識人かつロマンチストで、弥生のトンデモ行動をやめさせようとはするのですが、彼女は合気道とかマスターしているので、毎度あれよあれよと組み伏せられては精も根も搾り尽くされてしまうのでありました。 ぅゎ ゃょぃ っょぃ
弥生には異常に弱い鈴木くんも、男に対してならめっぽう強いんですけどね。
逆姦モードに入った時の弥生のドSな表情や、鈴木くんの犯られちゃう時の反応が非常に良い感じです。ってか鈴木くんそこ代わって下さいおながいします。

【暴想処女】 (ニコニコ動画)
こちらは別冊ヤングマガジンに読み切りで載った最初の話で、コミック1巻に第0話として収録されています。これが人気を博し、堂々の本誌連載となったようです。
この続きは、単行本にてどうぞ。全10巻で発売中。
人を選ぶ内容ですが、Mな人にとっては、よくあるそこいらの18禁エロマンガよりよっぽど実用的なのではないかと思います。

ところで冒頭でこれはギャグマンガと書きましたが、どの辺がギャグなのかというと、弥生のボケっぷり・・・・・・は置いといて、ちん○の描き方がまずヤバイです。あと擬音もヤバイ。ストーリーのパターンは延々と同じなのに、その辺りは毎度凝った表現で笑わせに来るんです。それと弥生の百面相もなかなか。あれだけ表情が崩れたりするのにエロ可愛さを失わないのが素晴らしいです。逸材です。
そんなこんなでオススメマンガとなっておりますので、どうぞこの機会にご一読を。