prankとは、イタズラという意味。
アメリカではスカンクをダシに使ったドッキリがよくあるみたいです。

Beach Skunk Prank
全員かなりビビってます。女性はわかりますが、ごっついマッチョな男までがうひゃあって感じで逃げ出してるのが可笑しい。ラストではにっこり笑顔を誘われます。

Trapped With Live Skunk Prank
お婆さんの荷物持ちを手伝っていたら・・。ばーさんひどいよばーさん。皆さんの「あらかわいい」という笑みと「なんじゃこりゃあああ」という焦りが混ざったような微妙な表情が可笑しい。決して猛獣ではないし見た目は愛らしいものの、近くに出現されると身の危険を感じてしまう。スカンクってそんな独特な存在のようです。

Skunk Parking Prank
パーキングエリアで、料金支払うとこの横にスカンクがいたら・・。リモコンで尻尾をぴこぴこと上げ下げするだけのはりぼてなスカンクですが、こうかはばつぐんだ!


関連動画を見ていくと他にもまだまだありますが、キリがないので割愛させて頂きます。可愛いのにデンジャラスなところが子供にも大ウケスカンクちゃん
ちなみに具体的にどうデンジャラスなのかを、スカンクにちょっかいを出した犬くんたちが見られる動画でちらっとご紹介してみます。これらはカメラで撮ってる人が笑ってる事からもわかるように非常に軽い例で、もっとヒドい目に会わされる場合も当然あるようです。狭くて息苦しいトンネル内で追い詰めたら、そこでぶっ放されちゃったりとか。逃げることができなくて、何発もお見舞いされちゃったりとか・・・。

Dog Meets Skunk
ちょっかい出してる時には元気にフリフリしていたシッポが、ぷしゅ~されちゃった後は完全にしょぼーんと垂れてしまっています。名実共に負け犬状態なのです。

Dog vs Skunk
毛足の長い犬種だと、染み付いたくちゃいニオイを消すのが大変そうです。
ラストの「The winner(勝者).」がじわじわきます。
犬とスカンクにアフレコで声など当てたらもっと面白くなりそう。

Dog gets sprayed by skunk
ごろーんごろーん・・・ハフハフハフハフ・・・ごろーんごろーん。何だかただ遊んでるだけのようにも見えますが、例え傍目からはそう見えたとしても、本当にスカンクにヤられた後なら、犬としては「ひぎゃーー~~~」っていう感じなのかも知れません。


いかがでしたでしょうか。犬にとってはそれどころではなさそうですが、他のもっと危険な動物にヤられちゃってるところよりは雰囲気もほのぼのしているのがスカンクの良いところかも知れません。笑いの起こる確率が高いのがその証拠ですね。
スカンクって平和だなァ。もふもふしてるし。でも一応害獣扱いで駆除されたりする哀しい現実もあるらしいですけど・・・・・・・・・・・・・・・・・