2匹目→http://b.dlsite.net/RG15520/archives/52677107.html
3匹目(軽)→http://b.dlsite.net/RG15520/archives/52677154.html
-----------------------------------------------------------------------------------

   3匹目 子リスのチャックル          こうひー・著


「ねえねえ、お姉ちゃんのシッポ、大きいねぇ!」
不意に可愛らしい声が聞こえて、ミシエルは辺りを見回しました。
ですが声の主はどこにも見当たりません。
(空耳・・・・・・?)
彼女はその体の中から湧き起こる疼きのあまり、木陰で休んでいたのです。
ですから、いよいよ例の病に神経までもが侵されたのかと、少し不安になりました。
(ううん、そんなに早く進行するはずは無いわ)
「誰?どこにいるの!?」
彼女は不安を払拭する意味も込めて、少し強めに呼びかけました。

すると「ひゃあ!」と間の抜けた叫び声がして、

「きゃっ!?」
ぽてっ

何か小さなものが落ちてきて、ミシエルの頭でワンバウンドして、彼女の目の前に落っこちました。

「うう・・・痛いよう・・・」
その薄茶色の小さな物体がもぞもぞと起き上がると、それがリスであることが分かりました。
どこか幼さの残る眼差しでキョロキョロすると、彼はくるっとミシエルに向き直りました。
「あ、ごめんなさいっ!ボク、びっくりして・・・」

彼はそこまで言うと、凍りついたように黙り込みました。そして真ん丸の瞳を見開いて震え上がりました。
「あ、あわわ・・・す、スカンク・・・・・・!!」
彼の脳裏に、その恐ろしい毒ガス使いについての記憶が、次から次へと浮かんでは消えました。
(おかあさんがいってた、白黒のけものを見かけたらすぐに逃げろって・・・うう、でも足が動かないよう!
あの大きな怖いオオカミだって、ぷぅ~ってされたら、あっというまにやられちゃうんだもの・・・
きっとボクなんて、このあいだ巻き込まれたお隣のおじさんみたいに・・・
おっきなお尻で、いっぱいおならされて・・・くさくてくさくて・・・死んじゃうんだ!やだ!いやだよぅ!!)

「ね、ねぇ・・・ボク・・・?」
ミシエルが固まっている子リスに恐る恐る声をかけると、彼はビクッとして後ずさりを始めました。
「ひぃ・・・っ!こ、来ないでぇ、オナラしないでぇ!!」
「・・・えっ?」
「あわわ・・・誰か助けてぇ!臭いのイヤだあぁぁ!!」
「・・・・・・・・・」

「えぅ・・・やだ・・・ひぃぃ・・・」
背中が木に当ってそれ以上後ろに下がれなくなってもなお、顔を背けて震えている小さなリスに近寄ると、ミシエルはやさしく
頭を鼻先で撫でてやりました。
「怖がらなくてもいいよ・・・」
「えっ・・・オナラ、しないの?」
「フフッ・・・スカンクだからって、誰にでもオナラする訳じゃないのよ。身を守る時だけ」
(本当はもう1つ、出しちゃう時があるけど・・・ね)

「ほんとう?見逃してくれるの?」
「見逃すも何も、あなたにオナラする理由なんてないもの。あなた、お名前は?」
「グスッ・・・うん、ボク、チャックルっていうの!」


「わぁい!やっぱりお姉ちゃんのシッポは大きいや!」
すっかりミシエルと打ち解けたチャックルは、彼女の周りをちょろちょろ動きながら、はしゃぎ回っていました。
特にミシエルの大きなシッポがお気に入りで、「ボクのシッポに似てるけど、すごく大きい!」などと言っては、よじ登ったりぶら下がったり
して遊んでいました。
「ふふ・・・」
ミシエルは病気のことを忘れ、慈愛に満ちた眼差しでチャックルを見守っていました。
(このまま、あんな病気――ラヴィなんか、消えてしまえばいいのに・・・)
ひとときの平穏に身を委ねながら、ミシエルはそう願っていました。



しかし、それは叶わぬことでした。



「ふぅ・・・つかれちゃった」
遊びつかれたチャックルが大きなミシエルのお尻にちょんと寄りかかって座ると、彼女が細かく震えているのが感じられました。
「? お姉ちゃん、どうしたの?」
「!! はぁっ!・・・・あぅぅ・・・!!」
苦しそうな、それでいてどこか艶かしいミシエルの喘ぎ声に、チャックルは驚いて彼女の顔を見上げました。
「ね、ねぇ・・・大丈夫?どこか痛いの?」
チャックルは心配そうにミシエルの背中に――小さな彼ではお尻までしか届きませんでしたが――撫でようとして触れると、彼女は敏感に反応しました。
「ひゃうっ!?」
かすかな感覚は大きな快感としてミシエルの全身を駆け巡り、その興奮は腰周りへと伝わっていきました。
ふわっ
「わぁっ!?」
ミシエルのシッポは一瞬のうちに膨れ上がり、そばにいたチャックルは跳ね飛ばされて転がりました。
「ひゃ、ぁぁ・・・だ、ダメ・・・」
ミシエルはそこから離れようとしましたが、快感に痺れた足はいうことをききません。
起き上がったチャックルの目の前いっぱいに、ミシエルのお尻が広がっていました。
「・・・え?」
既に大きく膨れ上がった彼女の蕾を、何が起きたか分からないチャックルは呆然と見つめることしか出来ませんでした。
「あっ・・・はぅっ!・・・・・・チャック・・・・逃げ・・・・・・」
ミシエルは体内から込み上げる衝動に最後まで抗らおうとしましたが、彼女の体を侵す伝染性性的興奮暴走病「ラヴィ」はそれを許さず、
小さなチャックルに、最も残酷な仕打ちを与えたのでした。



プゥッ スゥゥ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~ッ・・・



「・・・・・・ひ、ぁぁっ・・・!!」
ミシエルの強烈なガスに包まれたチャックルは、一瞬きょとんとしてから、弾かれたようにもんどりうって倒れました。
「・・・ぅぅ・・・ぎぁ・・・・・はぁ・・・ぅ・・・・!!」
小さな体を苦しみに震わせて、チャックルは悶えていました。
引きつったようにのけぞり、必死に鼻を覆っては、小さな喘ぎ声を漏らしながら浅い呼吸を繰り返していました。
(ああ、チャックル!わたし・・・わたし何てことを!!)
ミシエルは小さな友達の余りの苦しみように、そのままの姿勢で動けずにいました。
ただでさえ強烈なスカンクのガスが、ラヴィによってもたらされた性的興奮によってその威力はパワーアップしていました。
猛獣さえ悶絶させるであろうそれを、まだ小さなチャックルがまともに吸い込んでしまったのですから、平気なハズがありませんでした。



「はぁ・・・はぁ・・・ぁぅ・・・くさいよぅ・・・お姉ちゃん・・・どうして・・・っ」
チャックルは激臭に喘ぎながらも、ミシエルに訴えかけました。
ミシエルはそれに答えることもせず、自分のオナラで苦しんでいるチャックルを見下ろしていました。
(可哀想、こんなに苦しんで・・・)
「チャックル・・・ごめんね、チャックル・・・私が悪いの・・・」
(でも・・・)
臭さに霞んだチャックルの目は、ミシエルの眼差しが今までの慈愛に満ちたものではなく、妖しく笑うものになっているのを見ることはできませんでした。
また、目の前に彼女の豊満なお尻が迫っていることに気づくのにも遅れてしまいました。

(でももう、ガマンできない!!)
ミシエルは抵抗できないでいる仰向けのチャックルの上に、ゆっくりとお尻を落としていき、彼の目と鼻の先に肛門を合わせました。
「・・・な・・・!?や・・・やめて・・・」
チャックルはようやく、目の前にあるミシエルのお尻と、妖しく蠢く肛門を確認することができました。
・・・・・・でも時すでに遅く、ミシエルはまさに毒ガスを放たんとしていました。
「ごめんね、チャックル。みんな私が・・・私のこの病気が悪いの。
もうあなたを、こうして愛さずには、いられない・・・・・・」

プシュ スゥ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~・・・・・・

彼女の肛門が緩み、生暖かい強烈なオナラガスがチャックルの全身を包み込みました。
「ぁぁぅ!・・・・・・うああああああ!!」
再び悶え苦しむチャックルを肩越しに見て、ミシエルは例えようのない快感に陶酔しきっていました。
(かわいい・・・この子を、もっと・・・)
ミシエルはバタバタと転げ回るチャックルをゆっくりとお尻で押さえつけると、

むっすぅぅぅぅぅぅぅぅぅぅぅぅぅぅぅぅぅぅぅぅっ

静かにガスを放出し、チャックルを激臭の海に沈めていきました。
「~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~!!」
最後の力を振り絞って暴れるチャックルですが、どんなに足掻いてもミシエルの柔らかいお尻にすべて吸収されてしまいます。
かえって彼女のデリケートな部分を刺激して、快感を与えることになっていました。
「んっ、はぁぁん!チャックル、チャックルぅ!!」
ミシエルが思わず腰を動かすと、大きなお尻はチャックルをグリグリと圧迫するとともに、ぷすん ぷすんとガスを漏らして、
虫の息の彼をさらにいたぶりました。
「ぅあっ!・・・へぐぐ、むっう!?・・・んぁっ・・・・っん!!」
彼の苦しみの声が尻の下から漏れるたびに、ミシエルは息を荒げながら、グラインドとガスとで応えていました。

「はぁはぁ・・・ふぅ・・・チャックル、私のかわいいチャックル・・・」
どのくらいの時が過ぎたでしょうか。
ミシエルは腰の動きを止めて、お尻の下のチャックルに語り掛けました。
「こんなことになって、ごめんね。でも私もう、止まらない・・・
あなたを私のものにしたくて、私の香りで染めたくて、たまらない・・・のっ」
そう言うと、お尻をすこしずつずらして、肛門をチャックルの鼻先にあてがいました。
「・・・・・・ぁ・・・・・・・・ぅ・・・・・・・・」
もはやチャックルは身動きひとつできず、自分がどうなっているかも理解できませんでした。
彼の最期の視界には、キレイなピンク色の蕾が迫って・・・次の瞬間、圧迫感と、ミシエルの体温と、暗闇とが訪れました。

「ごめんね・・・チャックル。最期に、私のとっておきをあげる」


ボブッブブブップゥ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~ッ!!


ミシエルの肛門と、チャックルの鼻との間で爆発したオナラは次から次へとチャックルの鼻腔になだれ込み、命もろとも嗅覚を侵しつづけました。

ブゥッ ブスッ ブススゥ~~~~~~~~~~~~~~~~~ッ

熱い気体の中、臭気と衝撃に翻弄され続けたチャックルの意識は、次第に真っ白になっていきました。

「ああっ!チャックル!!可哀想なチャックルぅぅ!!ああ~~~~んっ!!」
チャックルが息絶えた後も、ミシエルは快感と征服感に我を忘れて、ガスの放出が終わるまで叫び続けました。



プゥッ

「あっ」
つい漏らしてしまった一発に、ミシエルは思わず振り向きました。
チャックルの亡骸を埋めた場所の土が少し飛びました。
「ウフフ・・・まだ少し残ってたみたい。ゴメンね」
ミシエルはどこか吹っ切れたような虚ろな笑顔でささやくと、その場を後にしました。
夕暮れの、気味が悪いほど真っ赤な世界に、大きなシッポを持った獣のシルエットが消えていきました。


                                                 ~つづく~

突発的外伝→http://b.dlsite.net/RG15520/archives/52677289.html