sbdpicSkunkMaid3はー、うっかりうっかり。これはもう事故なので仕方がないですね。彼女らの場合、事故というよりは大事故ですけれど。きっと屈んでお腹を圧迫したのでつい出てしまったのでしょう。例え、うっかり彼女の背後でお尻に見とれていた時の事だったとしても、笑顔で許してあげましょう。彼女もそんな御主人様の優しさにメロメロでしょう。失神するならその後で。

ところで前記事『スカンクメイドのお仕置き』では、スカンクのアレはいつものガスではなくて、臭腺から分泌される液体という表現がされていました。実はそちらの方がより本物のスカンクのアレの実態には近く、スカンクのアレ=おなら・ガスというのはいわゆるファンタジーの類なわけですけれど、スカンクが身近な隣人でない日本人にとっては、スカンクといえばおならが一番判り易いですし、それは(現実とまた違う妄想という次元においては)決して間違ってはいないと思います。
何はともあれ、妄想をよしとする人ならば自分にとって最もしっくりくる感覚を信じるのが一番ですね。

※拙作『スカンクメイドのお仕置き』の番外編・『スカメイドvs猛犬』を、「けい」さんが書いて下さいました。
けいさんの作品は、ピラーさんのHPのゲスト作品コーナーにてお読みになれます。