香「行ってきまーす!」
 トーストを口にくわえ、あわて顔で家から走り出る、主人公・春風 香。

 香のモノローグ。

香「(あたし、ハルカゼ カオリ。私立夏草学園に通う、ごくフツーの女のコ。・・・のハズなんだけど、ひとつだけ、どうしようもない悩みのタネがあるの。それは・・・・)」

 バス停でバスを待つ人々。列の先頭に香がいる。
 その時、そよ風に乗って飛んできた羽毛が、香の鼻をくすぐる。

香「はっ・・・はっくしょン!」

 香、くしゃみをした拍子に、「ぷうっ」とオナラをもらしてしまう。
 香、あわててお尻を両手で押さえるがあとの祭りで、オナラは風に乗って広がり、人々の鼻先へ・・・・。
 そこへバスが到着するが、香以外は全員、気絶してしまっている。

香「ご、ごめんなさいッ」
運転手「出発しますよー」

 香、お尻を押さえたまま、真っ赤になって、その場から逃げるようにバスに乗り込む。

 シュンとして、伏し目がちにバスに揺られる香。
 香のモノローグ。

香「(ふえーん。あたしのガスって、どうしてこんなにきょーれつなの。これじゃ絶対、秋月クンに嫌われちゃう。・・秋月クン・・・)」

 回想シーン。

 夕暮れ時の学園校舎の屋上で、柵にもたれて校庭を見下ろしている秋月 涼と春風 香。
 どこからか、トンカチやノコギリを使う音、てんでばらばらな管弦楽器の音などが、小さく聴こえてくる。

涼「あと少しだな、学園祭まで」
香「そうだね、楽しみ。屋台、大成功だといいね」

 香、思い出したように、涼の手を引いて、

香「そろそろ準備に戻ろ。サボってられないよ。部のみんな、働いてるもの」
涼「はいはい。部のみんな部のみんな、か。流石はマネージャー様ですこと」
香「だって・・・」
涼「あーあ、野球部なんてヒデーよな。土日だろうが練習練習で遊んでるヒマないし。部内恋愛禁止で、一緒にいるのに全然イチャイチャなんかできないしさ。もういいや、野球なんか!俺にはカオリが必要なんだ!!」

 夕焼けの中でもはっきりとわかるほど赤く染まってゆく、香の頬。

涼「・・・・なんちゃってな。冗談冗談」
香「な、何ですって!?」

 ムッとして目をつり上げる香。

涼「なに怒ってんだよ。やっぱ野球は捨てらんねえだろ。あーあ」
香「もう・・・あーあはこっちのセリフ!」
涼「えっ?」
香「なんでもない!あたしもう行くわね!秋月クン」
涼「・・・カオリ」

 背を向けて歩き出した香を、突然後ろから抱きすくめる涼。

香「キャッ!」

 ビクッとして、反射的に自分のお尻を押さえる香。
 深呼吸してガスがもれていないのを確かめ、安堵のため息をつく。

香「び、びっくり・・させないで・・」
涼「カオリ、なあ、明日の買い出し、二人で行こうか」
香「二人で?」
涼「二人っきりで。いい口実だろ?学園祭だからな。ほかのやつらは屋台の方にかかりっきりだろうし、ショッピングと洒落込もうか、カオリ・・・・こんなとこで、勘弁してくれるか」
香「秋月クン・・・」

 香の腰に回された涼の腕に、そっと香の手が添えられる。

涼「一応、初デート、になるのかな」
香「うん・・」

 ブラスバンドの演奏と、呼び交わす生徒たちの声が遠く聴こえる中、抱き合うようにして寄り添い立たずむ、香と涼。

 回想シーン終わり。

 夢見るような、トロンとした目つきの香の顔。
 ふと見ると、バスには香ひとりだけしか乗っていない。

運転手「おじょうちゃん、学園着いたけど、いいの乗ってて」
香「キャーッやだ、降りる降りる降りますーッ!!」

 あわてふためいて乗降口へと走る香。

 慌ただしく人が行き交う、野球部部室前。
 キャプテンに、学園祭の出し物に使う材料の買い出し品リストを渡される、香と涼。

キャプテン「じゃあ、頼むな。マネージャー、ちゃんと涼を見張っててくれよ、買い食いとかして油売らないように」
涼「ヒデーな~、俺、そこまで信用無いんスか~?」
香「秋月クン、早く行かないと。日が暮れちゃうぞ!」

 買い出しに出発する香と涼。
 その後ろ姿を見送った野球部員・冬木。屋台の資材を運びつつ、近くの野球部員Aに向かって、

冬木「近頃あの二人あやしくないか」
部員A「そうかー?」
冬木「そうだよ。部内恋愛は禁止ってのに涼の野郎、オレがひそかにずうっと狙ってた香ちゃんを!」
部員A「あ、そうだったの」
冬木「そうだよ!香ちゃんに会えるのを楽しみに、オレは野球部やってんだよ!」
部員A「あ、そうなんだ」
冬木「そうなんだよ!!絶対オレの愛の方が上なのに!!頭のてっぺんから爪先まで、いいや、香ちゃんならヘソのゴマからオナラのニオイまで愛せちゃうのに!!この熱いたぎりを、どうしてくれるんだよ!!」
部員A「野球にぶつけろよ」
冬木「やってられるかああああ!!」

 資材を投げ捨て、猛スピードで香と涼の後を追いかけはじめる冬木。
 部員A、冬木に向かって叫ぶ。

部員A「おおおい!部内ストーカー行為も禁止だぞおおお!!」

 荷物を持つ涼と、リストを手に、涼を先導する香。楽しげな二人の買い物姿。
 それを物陰から見つめる目。苦虫をかみつぶしたような表情の、冬木である。
 そんな冬木の視線に気づいたかのように、急に後ろを振り向く香。どこかそわそわしている。

香「(どうしよう・・こんなトコで急に・・・)」

 香、涼の袖をちょんちょん、と引いて、

香「ちょっと、そのぅ・・・お手洗い、いい・・?」
涼「おう。早くな」

 香が小走りに自分の方へ向かってくるのを見て、あわてて手近にあった特売品展示用のワゴン(商品展示板の下に人ひとり入れる程の空きスペースがあり、その周囲には布が張られている)の下へ身を隠す冬木。
 香、冬木には気づかず、そのまま真っ直ぐ進んでトイレへと向かう。
 しかし折悪しく、トイレ前には「清掃中」の看板が出ている。

香「(そんな・・・)」

 ワゴンから出かかっていた冬木、香が急に引き返してきたので、あわててまたワゴンの下へ戻る。

香「(ダメ、どうしよう、もうガマン・・できない・・)」

 オロオロし、ウロウロする香。

香「(考えて。考えるのよ。どこかでしなきゃ。どこか、ニオイの広がらない・・・)」

 その時、冬木の隠れている例のワゴンが、香の目にとまる。
 香、辺りにひと気が無いのを確かめると、ワゴンを背にしてしゃがみこみ、お尻をワゴンの布の下へもぐり込ませる。

冬木「(香ちゃん!?)」

 這いつくばった冬木の目の前に、香のお尻が迫る。
 制服のスカートがめくれ、薄手の下着がまる見えになっている。冬木が夢にまで見た念願の光景。
 興奮のあまり、硬直してしまう冬木。頭の中がパニック状態になっている。

冬木「(さ、誘ってるのか?誘ってるんだよな!?これ勝負下着!?)」

 香の柔らかそうなお尻が、可愛らしくふるふると震える。

冬木「(ウオオお父んお母ん、ワテの生き方は間違うとらへんかったでええええ!!)」

 冬木、香のお尻にむしゃぶりつこうとする。その瞬間、お尻全体にひときわ大きな震えが走り、重低音を響かせてオナラが噴射される。

  「ボムォッ」

 モワッとした生温かいガスをモロに顔面に受けた冬木、たまらず叫び声を上げようとするが、大きく息を吸い込み始めたその鼻の穴を、さらに強烈な二発めの毒ガスが襲う。

  「スウウウゥ」

 あまりの屁臭さに、声も出せないままヘナヘナと崩折れ、失神する冬木。
 香、立ち上がって素早くスカートの乱れを直す。お尻のまわりの空気を手ではらい、ペロッと舌を出してはにかむと、何事もなかったかのようにその場を後にする。

 買い物を終え、学園へと帰る道すがら。
 香も涼も、それぞれ両手にめいっぱい荷物を持っている

涼「ヒデーよ、何この量・・」
香「あっはは、ひどいデートになっちゃった」
涼「・・・カオリ、俺の家、ちょっと寄ってかないか。近くだからさ」
香「秋月クンの?わあ、行きたいな」
涼「茶くらいはごちそうするぜ」

 二人、涼の先導で、脇道に入っていく。

 秋月家、涼の部屋。
 一応片付いてはいるが、急場しのぎで片付けたのがまるわかりの箇所もちらほらと。
 ミルクを飲み終え、グラスを置く香。その仕草を見つめている涼。

香「ごちそうさまでした」
涼「どういたしまして」
香「・・・どうしたの?黙っちゃってて。何かやけに静かだね」
涼「そうかな。・・・カオリ、ビールも飲むか?」
香「い、いいの?」
涼「遠慮すんな。今なら親もいないし。足もくずしなよ」
香「いや、あのね、そういうことじゃなくて・・」

 部屋を出ていく涼。
 香、小さなため息を一つつくと、立ち上がって伸びをし、もの珍しげに辺りを見回す。
 香の目が、ベッドの枕元で止まる。枕元にさりげなく用意されたコンドーム。フッと、香の表情がくもる。
 涼、戻ってくる。両手に冷えた缶ビールを持っている。

 ベッドに並んで腰を下ろし、ビールを飲む香と涼。
 涼、一息に全部を飲み干し、缶を床に置く。それを見た香、真似しようとし、失敗してむせる。

香「ゴホッ・・!」

 涼の差し出したティッシュで口元を拭く香。
 喉元もぬぐい、制服の上着を脱いで、染みの具合を確かめる。

香「よ、よかった、服はそんなに濡れたわけじゃ・・・」

 その時、素早く涼の手が伸び、香から上着を取り上げる。
 上着を傍らに置き、香に向き直る涼。

香「秋月クン?」

 香の喉が、コクッと鳴る。

涼「カオリ、頼む。しよう、な?」
香「ま、待って、あたしは・・」
涼「カオリ!!」

 涼、香を強引にベッドに押し倒し、その上へ覆いかぶさる。

香「秋月クン、ダメ、待って、ちょっと待って!!」

 涼、制止の声にも耳を貸さず、香を押さえつけて、その唇に熱烈なキスをする。抵抗をやめる香。
 香、涙を流す。それを見た涼は、ハッとして、香の体を放す。
 ベッドを降り、香に背を向けて、床に座り込む涼。

涼「俺・・・・ひどい事したんだな」

 香、涙を拭いて、上半身を起こす。
 うなだれ、肩を落としている涼の背中。

涼「頼む、許してくれ。俺を嫌いにならないでくれよ・・・頼む」

 ふと見ると、涼も目を潤ませている。

香「ううん、ちがうよ」

 うつむいた涼の耳に届く、香のかすかな声。

香「あたしこそ、秋月クンに嫌われちゃうって思って・・・・それで」
涼「俺がカオリのことを?何で、そんな」
香「あたしのこと全部知ったら、きっと嫌いになるよ」
涼「なるはずないよ」
香「多分なるよ」
涼「ならない」
香「なる」
涼「ならない!!」
香「・・・・秋月クン。こっち、向いて」

 その言葉に涼が振り返ると、下着姿になった香が、ベッドの端に腰掛けている。
 こぼれそうな胸元を腕で隠し、恥ずかしそうに微笑む香。

香「ありがとう・・。ほら、もう平気。秋月クンのこと、信じる・・・。さ、しよう?」

 裸で絡み合う二人。
 涼の指が、香の丸い乳房を、様々に変形させていく。香の、切なげな吐息。
 香の腰がゆっくりと動き、シーツにポタリと血の雫が落ちる。

涼「まだ・・痛い?」
香「ア・・大・・丈夫・・・アアッ」
涼「痛いの?」
香「も、もう・・大丈夫・・かも・・・少し・・気持ち、いい・・かも・・・?ぁ・・」

 香、腰をくねらせる。

涼「く・・は・・!」

 涼の腰の動きが速くなる。

香「ぁ、ぁあ・・あ、あ」

 香の声のトーンが徐々に高まっていく。
 香、ちからいっぱい、涼を抱きしめる。
 涼の腰の動きが、さらに速まる。

 声を上げてのけ反る香。

香「あああッ!あ、ああ、ああ!!」
涼「カオリ・・!俺、もう・・」
香「あああ、もうダメええーーッ!!」

 叫びと共に、揺れ動く香のお尻から、大量のガスが発射される。

  「ブスウウーーーーッ」

香「あ、あはぁァーーーン!」

 香のガスに包まれる涼。

涼「何だ!?うわーっ、何だっ、くせーーッ!!」

  「スウウウーーーウウウ」

涼「ゲホゲホ!へ、へ、へ、屁くさあっああっあっ!!」

 香、涼の腰の動きが止まると、自ら腰をグラインドさせはじめる。

香「あ・・あああ・・ああああ!!」

  「プウーーーウ、プウッ、プウッ」

 次々と新たなガス雲が押し寄せ、涼の全身を包む。
 臭さのあまり目の焦点が合わず、思わず寄り目になってしまう涼。

涼「く、くせーーッ!!くさ、くさい、くさい、た、た、す・・けっ・・・!!」

 香、声を上げて悶えながら、腰を振り続ける。
 腰の動きに合わせてもれ出る、香のガス。

  「プス・・ス・・プス・・プス」

涼「ぐざい・・気持ぢいい・・ぐざ・・・気持ぢ・・・い・・・・」

 涼、ついに、完全に白目をむいて動かなくなってしまう。

香「あ・・あ・・・」

 背を反り返らせ、硬直した体を震わせる香。最後に、深いため息をつく。

香「しちゃった・・・オナラ・・・」

 香、身支度を整えて、ベッドの涼の傍らに立つ。
 香の目から涙があふれる。
 香、買い出しの荷物を、自分の分だけでなく、涼が運んできた分まで全部抱え、危なっかしい足取りで秋月家の玄関を出て行く。

 気絶から覚める涼。
 上体を起こし、しばらく、呆けたようにボーッとしている。
 涼、部屋の中を見回す。買い出しの荷物が無い。それに、何より、

涼「カオリ・・・!?」

 涼、表へ飛び出そうとするが、素っ裸なことに気づき、あわてて服を着始める。
 学園までの道を、香の姿を探して走り出す涼。

 閑静な細い並木道。
 ひとりぼっちで泣きながら荷物を引きずる香の姿を見つける涼。
 涼、走り寄って、香の肩をつかむ。

涼「カオリ、何でだバカヤロー!!」

 香、ビクッとして、おびえた表情を涼に向ける。香の目からまた涙がこぼれる。

涼「何で、泣くんだ・・・何で、俺を信じないんだ」

 涼、香の体を抱きしめる。

涼「俺にはカオリが必要なんだ。冗談なんかじゃない。あ、あんなことくらいで・・嫌いになんかなってたまるかバカヤロー・・・」

 香、涼にしがみついて泣いている。

涼「だからもう泣くな、な?」
香「ううん、ちがう。今度は、うれしいからだよ・・」

 荷物を手に、並木道を学校へと急ぐ香と涼。
 それを木陰から見つめる目。ニオイの充満した例のワゴンの下からやっとの思いで脱出してきた、冬木である。

冬木「(オレは、オレはくじけんぞ、カオリちゃん・・!キミの為なら・・死ねる!!)」

 そんな冬木の存在に感づいたかのように、急に辺りをキョロキョロと見回す香。
 香、荷物を置き、涼に抱きつく。

涼「お、おい」
香「また、したくなっちゃった・・・ごめんね?」

 香、涼の首に片手を回し、自分の唇で涼の口をふさぐ。さらに、もう片手で、涼の鼻をぎゅっとつまむ。
 その時、突風が吹き、香のスカートをまくり上げる。香、風に仕返しするように、強烈なオナラを放つ。

  「ブウウゥゥ」

 香のガスをたっぷり含んだ風が、冬木のいる木陰を吹き抜ける。

冬木「ム、ムホ~」

 モロに嗅いでしまった冬木、酔っ払いのように千鳥足でよろめく。

冬木「し・・死むゥ・・・・ぶくぶくぶく」

 泡を吹いて悶絶する冬木。木の幹にもたれ、そのままズルズルと崩れ落ちていく。
 そんなことには気づかずに、キスを終えた香と涼、荷物を持って歩き出す。

涼「・・・このオナラ女!」
香「オナラ女でも、好きでしょ?」
涼「ふっふーん。嫌いって言ったら?」
香「ふっふーん。言わせないもん。言ったら、そうね、百回はキゼツさせてあげるんだから」
涼「・・じ、冗談だよ・・・」
香「こっちも冗談。・・かも」

 香と涼、見つめ合って、ニーーッと笑う。
 涼、香の頭を撫でて髪をクシャクシャにする。いやがりつつも嬉しそうな香。

涼「さあ急ごうぜ、ヤバいぞ。これだけ油売ってちゃ、きっとみんなカンカンだよ!!俺たち、無事じゃ済まないかも」
香「だいじょうぶ、いざとなったらあたしのガスで、プ~ッと!」
涼「・・お前調子に乗りすぎだぞ。あーあ、ヒデーことになった・・・」

 香と涼、楽しげに笑いながら、肩を並べて学園への道を歩いて行く。

 かたつむり枝に這い、神、空にしろしめす。すべて世はこともなし。


  終。