三毛蔵亭の土蔵

堕落する女性をテーマに作品を作り続ける三毛蔵亭の近況報告、活動日誌等々 だらだらと書き連ねていくかもしれません

狂乱家族

文章サンプル2

ということで今日も文章サンプルを上げておきます
(*・ω・)ノ



----

ビッチ編サンプル





喜びの声を上げる親子。

その時、透が帰宅する。

「ああん!お父さんが帰ってきちゃったあ!」
「あはん!あなたあ!」

だが透は居間に戻ってくるとネクタイを取りながら、他人事のようにその様子を見ているだけだった。

「へへ、親父も親父で無関心ってか?」
「おもしれえ!もっと見せ付けてやろうぜ!」

父の前で足を広げて接合部分を見せ付けるアヤ。

「うわ!父さんに見られてマジ最低!アヤのおまんこ晒されまくり!あはは!」
aya17b-3

ズチュ!ジュッ!

「あなたあ!みてみてえ!
 あなたのチンポより数倍大きくて素敵なオチンポここに入ってるのお!」
sakura28-1



サクラも透に見せ付けるようにセックスを始める。

だが彼はその様子を何も言わずただ見ているだけだった。
もはやその瞳には一切家族への関心はないように思える。

男達がアヤとサクラを囲み、男根を押し付けていく。

「むふう!ふぐう!」
「うふ!あふう!」

身体中で男のモノを受け入れる二人。

ジュボ!ジュ!

「ひゃあ!ファック超きもちいい!交尾さいこおお!」
aya09b-1

「お母さん雌穴ほじほじしてえ!真珠チンポちょうだいいい!」
sakura08-1



パンパンパン!

「ひひゃああああ!はああ!」
「あへええ!へああ!へあ!」

白目を剥きながら逝き続ける二人。

「あへへええ家族に最低な姿見せ付けちゃってるう!最低な変態の母さんもっとみてええ!」
sakura08-1


「あははは!さいてい!さいてい!ちょーきもすぎ!
 チンポくわえてるかあさんの顔いやらしいい!私も超最低の娘になっちゃうしい」

aya09b-2

ブピュルルル!


痴態を見せ付けあう二人

「みてええ!ほらほらケツ穴みてえ!」
「あはは!超汚いケツあな!ガバガバマンコ!」



----

服従編サンプル






その日、僕が帰宅するとお母さんはまた裸で玄関に立っていた。

「あ・・・マー君・・・」
「あ・・・」

sakura11-9




だがそれまでとは雰囲気が違った。
お母さんの鼻には金属のおもちゃのような飾りがついていて、それが鼻を上に持ち上げまるで豚のような顔になっている。

「お母さん、その鼻のおもちゃ・・・」

「あ、あはは、お母さんね、豚さんゴッコしてたのよう」

「ぶ、豚さんゴッコ?」

「そうよう・・ブーブー、ほら、豚さんみたいでしょ?ブーブー」

sakura11-12



お母さんは鼻をフゴフゴさせながら笑って僕に豚の真似をした。

「じゃあ、お母さん・・・そのお尻から出てる丸いのは・・?」

「あ、ああこれは尻尾よう、ほら豚さんの尻尾、ブーブー」

お母さんは僕に尻を突き出すとそれをフリフリさせた。

「ブーブー、ほらほらマー君豚さんよう」

お母さんは無邪気に僕の前で豚の真似をする。

「その身体の飾りは・・・」

「ブヒ、これは豚の証なの。」

お母さんはおっぱいを揺らして僕に見せつけた。
それはチリンチリンとかすかな音を立てる。

ああそうか、豚さんゴッコなら納得できる。
今のお母さんは豚なんだ。

「ブーブー、ブヒブヒ」

お母さんは四つんばいになって豚の真似をし始めた。
僕は無邪気にそれを見て笑う。

「あはは、お母さん本当の雌豚みたい」

「ブヒヒ、ブーブー」

お母さんはそのままお尻を振りながら豚のような格好で居間のほうへ消えていった。

とりあえず部屋に戻ってかばんを置いてこよう、僕はそう考えて階段を上がっていった。








文章サンプルはこんな感じで(●´ω`●)
よろしくお願いします!

文章サンプルなど

ご意見をいただきました本編文章のサンプルをいくつか載せていこうと思います(●´ω`●)
とりあえずビッチ編と服従編から一つづつ。
購入の検討用にお使いください!



----

ビッチ編サンプル


朝の食卓は異常だった。
父である徹は起きるとすぐに出社で会社に向かい、家族の問題に関しては完全に無関心になっていた。

居間ではマモルが暗い顔で朝食を食べていた、その向かいではリョウタが主のように上機嫌で食事している。
マモルがコンビニで買ってきた冷たい弁当を食べている一方、リョウタはサクラの手作りの朝食だった。
彼女は食卓にはいなかった。

「んん、んぐ」
sakura13-4


リョウタの食卓の下からくぐもった声が聞こえてくる。
サクラだ、彼女は朝から全裸でリョウタのペニスを咥えていた。

「おい、もっと玉の下も丹念に舐めろよ」

「んふ、ふあい」

サクラは笑顔でリョウタに答える。
その瞳には既にマモルの姿は映ってはいない。

ジュポ!チュプ!

熱心に奉仕するサクラ、マモルは彼女の方は見ないように顔を伏せて朝食を食べていた。

「いいぜえ・・・そら、朝食だ受け取れ!」

ビュルル!ビュル!

彼女の口に精液を流し込むリョウタ、サクラはそれを喜んで受け入れる。

sakura13-3


「あふ!朝の濃いザーメンおいしいい、もっとサクラに飲ませて、んちゅ」

亀頭から精液を搾り取るように一滴残さず飲み干す。
彼女は完全に性に支配された女性へと変貌していた。

その母の姿に耐え切れずにとうとう家を飛び出すマモル。
彼女はそんな息子には目もくれず、リョウタの身体にまたがっていた。

「はひ!ひああ!真珠チンポ最高!もっと!もっと!」

「まったくひでえ母親だぜ、息子の前で腰を振り続けるなんてよお」

リョウタは半ば呆れ顔でサクラの陰部に己のものを挿入し続けた。




----

服従編サンプル


男が木の棒を大きく振りかぶり、私に殴りかかってくる。
見え見えの大振りの攻撃。
こんなものに当たるのは余程の素人だけだ。

こんなもの軽くかわして相手の懐に・・・

ガツン!

「グッ!」

男の見え見えの攻撃を何故か私はかわす事ができなかった。

「へ?」

彼自身やぶれかぶれのその攻撃が当った事が信じられないような顔で見ている。

だがこんな軽い攻撃が当たったところで私は・・・

「はあ・・はあ・・・」

何故か立つことができなかった。
それどころか全身の力が抜けたような奇妙な感覚に襲われている。

「へ、へへ、なんだこいつ」

次に彼は膝で私の腹を蹴飛ばしてきた。

「ぐう・・!」

私はそれをまともに受け、仰向けに倒れてしまった。
彼はその様子を見て俄然やる気がましたようだった。
私に馬乗りになる。

ドカ!バキ!

容赦なく私に殴りかかってくる男。

「へへ、なんだよ、お前たいしたことねえじゃねえか」

日常的に組手で鍛えられている私の身体に素人の拳による攻撃などそれほどダメージはないはずだった、だがなぜか私の心はその時点で完全に折れていた。
私はこの男に決して勝つことができない、そんな漠然とした認識によって私は既に敗北を認めていた。

「わ、私の負けだ・・・」

「負け?へへ、負けだっていえば許されると思ってるのかよ」

男は私の上に馬乗りになったまま、ますます調子にのった様子で勝ち誇っている。

「許して欲しいか?ああ?」

「ゆ、許してくれ・・・」

敗北を喫した私は男に許しを乞う。

「じゃあそこに土下座して許しを乞えや!おら!」

男は大きな声で私を恫喝する。
私は男の言うがままに従う他なかった。
それが敗北したものの運命なのだ。

地面に額をこすりつけ男の前で無様に土下座する。

「ゆ、許してください・・・私の負けです・・・」

男はそんな私の頭を靴で踏みにじる。

「許せねえな・・・許して欲しいなら誠意を見せろや・・」

彼はますます調子に乗った表情で私を見下す。

「お前はこれから俺の命令に絶対服従だ。いいな?お前は俺の奴隷だ。」

「は、はい、私はあなたの奴隷になります。」

私は男の言うことに唯々諾々と従うしかなかった。

「じゃあまずこの場で全裸になれや」

男は信じられない要求を私にしてくる。
だがそれに従う他なかった。

制服を脱ぎ、下着も下ろし、生まれたままの姿になる。
男は私が逆らえないことをそれで確信したのだろう、他者を屈服させる強者の喜びを感じているようだった。

私は全裸のまま男の前で土下座し続ける。

「脱ぎました・・・これで許してください・・・」

「へへ、信じられねえ・・・あの女が俺の前でこんな格好を晒すなんてよ・・・」

男はしばらくその姿を堪能した後、薄ら笑いを浮かべながら私に命令した。

「その場でオナニーしろや、オナニーだよ」

「おな・・!」

私は一瞬口ごもる。
だが勝者の言い分は絶対だ、逆らうことなどできない。

「は、はい・・・オナニーします・・・」
aya02-4


男の前で屈みこみ、性器を弄り始める。

クチュ、ヌチュ

私の陰部は卑猥な音を立て始める。
路地裏で全裸になり男の前でオナニーする自分、その異様な状況に変な興奮を感じていた。

男はそれをニヤニヤしながら見ている。

「はううん・・・ふっ・・うん・・・」

ニチュ、クチュ

私は指で必死に性器を愛撫する、やがてそこは十分な湿り気を帯び始め、指の動きをスムーズにしていく。

グチュ!ズチュ!

徐々に激しく動かす。

ビク!ビクビク!
aya02-2

「ひううん!ふううう!」

私は路地裏で絶頂へと至ってしまった。

そして男の前で無様に息をつく、彼はそんな私を満足げに見下しこういった。

「へへ、それじゃあお前は今日から俺の奴隷だからな、俺の言うことは何でも聞くんだぜ・・・」

こうして私は彼の奴隷になってしまったのだ。




※サンプルなので画像は小さめです



もう二つほどのサンプルを明日あたり上げます(*・ω・)ノ

いくつかサンプルなど

販売予告が予想以上に早く出てしまったのでサンプルをいくつか('д` ;)

sample2

とりあえず取り急ぎ適当に並べた分だけですが
ビッチ化した状態のものもいくつか明日あたりに出しておきます(。・ω・)ノ゙

差分終了

差分がようやく終了(●´ω`●)
ビッチ化差分入れて計500枚くらいになっちゃいました。゜゜(´□`。)°゜。

500枚もあると整理が凄く疲れます
今回は陰毛の有無を選べて1280×960と800×600の2サイズ収録で合計すると2000枚になっちゃいました
販売予告出したのでもう少ししたら予告が出ると思います

sample

タイトルはこんな感じで
なにぶんセンスがないもので
ちょっと見づらいですかね(´・ω・`)


これからhtmlに固める作業に入るんでトラブルがなければ本編販売は来週中か再来週頭になると思います
あとは明日か明後日あたりにサンプルを10枚程度まとめてあげたいと思います(。・ω・)ノ゙

基本絵は完成

とりあえず基本は全部できました( ´_ゝ`)ノ
今回は基本が50枚になってしまいました(≡ω≡.)

今は差分作業ですが基本が多いと差分も辛い・・・

発売は11月中旬頃になりそうです
シナリオの書き足しも必要かと

今回はおまけでちょっとしたhtmlの調教分岐モノを入れようかと思ってますがどうなることやら・・・ε=ε=(;´Д`)

ついでに母親のデザインをちょっといじったりしてます
sakura3-22

また胸がでかくなりました( ´_ゝ`)

作品一覧
サークルプロフィール
カテゴリ別アーカイブ