ようやくリアルな事情が落ち着いたために更新致します。


まずは残念なお知らせを・・・

この一ヶ月リアルな事情を片付けながら作品について色々と考えていたのですが、
今回の魔性のチンコを持つ少年のRPG作品はCG集に切り替えた方がいいのではと思っています。
と言いますのも、今回は制作スタートの時点で登場人物を多く出し過ぎておりまして
それに加えてシステムも一本道ではなく主人公の行動によってそれぞれのキャラの調教段階が変わっていき、
選択肢が増えるというものにしてしまったせいで作業とフラグ管理などが非常に複雑なうえに時間がかかり、
さらにテストプレイなどもすると膨大な時間がかかってしまうことに気づきました。

進捗状態は体験版を出した直後でリアル事情が重なって止まってしまっているためにRPG部分は未だに5%程度の完成度です。
絵は全て完成しているのですがこのRPG部分を作るだけで現在の作業スピードを考えると少なくとも半年以上かかる気がします。
一応発売は当初は6月上旬を目指していたのですがこのままだと早くても秋か遅ければ来年になってしまうかもしれないという状況です。

そして問題はそれだけの時間をかけて作って、果たして満足いただけるものになるかどうかということが疑問に感じてしまいました。
RPG作品のために今回はエロとは関係ないストーリー部分も多く、それを当サークルに求めている方がそもそもそんなにいないんじゃないかと思い始め悩んでしまっています。

ななし様よりご要望頂きました、徐々にビッチ化していくというものも、現在の仕様では難しいものになりそうです。
現在できているものだと、全てのキャラがスミレのパターンで一気にビッチ化しているという感じになっています。
それを個別に徐々に変わっていくものとするとそれぞれグラフィックとイベントをさらに追加で作っていかなければならないために時間がかかってしまいそうです。

現在、貯まっているリクエスト作品もあり、また自分自身もさらに作りたい話が次から次に浮かんでいる状況であり、
このRPG一本だけを今年ずっと作り続けていくと、他の作品がなかなか出せないまま今年が終わりそうな気がしています。

そこで現在考えているのは、今回のRPG制作はきっぱり諦めて、既に完成している絵にプラスして徐々にビッチ化していく過程のCGをそれぞれ追加した余分なストーリーを抜いたエロ特化の一連の魔性のチンコを持つ少年シリーズとしてのCG作品として出そうかと思っています。
これならばRPG一本を時間かけて作るよりも何倍も早く多数作品として出すことができると思います。
1キャラ一本のCG作品としてコンスタントに出していければ他の作品も並行して作れるかなと思っています。

今回の作品の反省点として
・登場人物を増やし過ぎた
・一本道のストーリーではなく複雑なフラグと段階を踏んだ調教システムを作ろうとしてしまった
という二点があります。

これが1,2人のキャラに焦点を置いた調教作品であるか、もしくはすべて一本道の物語であったならばそこまで苦労はしなかった気がします。
自分の中でエロゲー的なものを作るというのは同人活動を始めた当初からの大きな夢であったために後先考えずに膨大なものを作ろうとしてしまったと反省しています。


と、とりあえずここまで自分の言いたいことだけを書き連ねてしまいました。
当サークルのRPG作品に期待していた方も少なからずいることと思います。
今回は当方の力が及ばぬために無駄に期待させ、結果的に裏切ってしまう形になってしまい大変申し訳なく思っています。

もちろん私自身はエロゲー的なものを作ることが昔からの夢であるために諦めるつもりはありません。
今回の作品に関しては上記の二点の問題により頓挫せざるを得ない状況ですが、今後この反省を活かしたRPG向きの物語も考えております。

それでも、もしもこの作品を何年かかってもRPGとしての物語として見てみたいという方がいれば
どれくらいかかるかはわかりませんがCG集として出し終えた後で作業の片手間に趣味としてコツコツRPGとして作り続けいつの日にか出すことも吝かではありません。
私自身ナムチを主人公にした古事記を元にした壮大なサーガを描いてしまっていますので、それを何年かけてでも出すことは可能ではあります。

ただ今回はとりあえずCG作品として一気に出してしまい、次の作品に取り掛かりたいと思っています。
身勝手なこととは承知しており、まことに申し訳なく思いますが
今回の魔性のチンコを持つ少年RPGはそういった形でCG集として出して行きたく思いますので何卒ご容赦くださいますようよろしくお願いいたします。