「あら、こんな時間にまだ残ってたの?」 

学校の授業はとっくに終わり、部活動で残っていた生徒も帰る時間帯に、俺は保健室へと入った。格闘部の練習中にちょっとした擦り傷を作ってしまったのだ。 

保健室に入ると、そこには、夕暮れの明かりに照らされた水無月響子先生がいた。 

続きを読む