33521498


僕は月明かりの照らす夜のリングの上で、後悔していた。

高等部の女子プロレス部を馬鹿にしてしまった事を。

しかしサキ先輩は、僕のそんな反省した気持ちを微塵も察する事なく、ハリのある健康的な太股で、僕の首を強く締め付ける。

「せっかく2人っきりなんだから、楽しみましょ?・・・ね?」

ぎゅうううううううううううう!!!!

ぎゅうううううううううううううう!!!

少しずつ、意識が薄れていく中で、僕は事の発端を思い出した。


________
続きを読む