お知らせ

この記事は常に一番上に表示されるよ。
このスペースを利用して最新情報などをお知らせします。

◆神精伝情報
神精伝の最新バージョンは2.1です。
2.0 → 2.1の変更点 ・・・ 不具合の修正
1.2 → 2.0の変更点 ・・・ 追加エピソードを収録
■神精伝攻略情報
■神精伝がうまく起動しない、もしくは動作が不安定な場合

◆Demon's Sperm情報

ゲーム製作中・7作目その8

216
主人公の立ち絵の下書きです。
衣装を少し変えました。
胸の下部分に穴が空いています。
何でだろうね。


新しいゲーム画面です。
217
右上にお金的なモノの表示。

右下には主人公の表示を追加しました。
申し訳程度に瞬きや乳揺れします。

ジャマなら設定で消すことも可能だよ。


218
マップに斜めの当たり判定を追加。
マップのレベルデザインが少し上がった気がします。


今回はこの辺で、それではまた次回。

ゲーム製作中・7作目その7

制作状況の報告です~。
今月は主に設定部分を作っていました。
あと細かい部分をちょこちょこと作ったり・・・。

211

これが設定画面です。
今までのとだいたい同じですね。

やっぱりアクションゲームということで使用するボタン数が多くなってしまう。
キーボードでもそれなりに遊べると思いますが、パッドで操作したほうが楽なのは間違いないですね。

212

パッドの設定画面。
使用するパッドに合わせて記号やアイコンを変更することができます。
デモンズ・スパームでもあった機能ですね。

213

Xboxのパッド(XInput)にも対応してます。
ボタンの位置や記号が統一されているので、アイコンは手動で変更しなくてもいいように、自動で変更するようプログラムしました。
便利!


過去の作品はキーボードかパッドを選択すると、選択してない方での操作は出来ませんでしたが、今作からはどんな時でも両方で操作が可能となります。


214

今作はワイド表示に対応しています。
視界がちょっとだけ横に広くなっているよ。

どちらかというとワイド表示が標準で、4:3は設定で変える感じになりますね。

4:3は今作で最後にして、その次から4:3は廃止でいいかもしれない。


215
草刈り たーのしー。
それではまた次回。

ゲーム製作中・7作目その6

今月の進捗報告です。
・・・と言いたいところですが、今月前半はドラクエ、お盆に帰省していたこともあって
殆ど作業できていません。ヤバイ・・・。

5日もあればドラクエはクリアできるだろうと高を括っていましたが、
思いのほかボリュームがあって2週間近くかかってしまった。

最近のRPGは話についていけず途中で止めてしまうことが多いのですが、
ドラクエは最後まで楽しく遊べたよ。

そんなこんなで作業は少し遅れましたが、遅れを取り戻すよう今日からまた頑張ります。


今月はまだ発表してない情報をお見せします。

208
これはメニュー画面です。
左から、装備、インベントリ、ステータス、設定、です。


そしてこれが装備画面。
209

210

武器は左右の手に2つずつセットできて、
メニューを開かなくても切り替えできるようになっています。

アイテムは5つまでセットできます。

今作は魔法なんかもあります。
回復したり、攻撃したりと用途はいろいろ。

左上の体力・スタミナゲージの下に追加された新しいゲージ、
これが魔法を使うときに必要なMPゲージです。


とりあえず今お見せできるのはここまで、
それではまた次回。

ゲーム製作中・7作目その5

暑いですね。
水分補給を忘れずに。

それでは今月の制作状況の報告です。

206

新しい武器【槍】だよ。
剣と比べてリーチは長い。中距離武器です。

207

攻撃判定の比較画像です。
剣の判定は横に広くなっているのに対して、槍の判定は正面に長くなっています。
どっちを使うかはお好みで。

近距離武器、中距離武器ときたら遠距離武器もほしいですね。
クロスボウとかあったら面白いかも。


◆話は変わりまして、英語版Shin Sei Denについての記事です。
日本はあまり関係ないかもしれませんが、気になる人は読んでね。

DLサイトが海外に向けて、同人作品をダウンロードカードで販売する計画があるみたいです。
まだ詳しいことは分かりませんが、カードの裏に書かれたコードをDLsiteに設けられた専用のページで入力すると作品がダウンロードできる…とのこと。

8月にワシントンDCで開催される"Otakon 2017"というイベントで試験的に販売する予定らしいです。
その作品のラインナップに英語版のShin Sei Denも加わります。

今後、本格的に売り始めるとして、どこで販売するんだろう…など、まだまだ不明な部分も多いですが、日本と比べ海外は購入手段が限られているので、こういった試みは面白いかもしれないですね。
作品一覧
English Site
メール
リンク

ffb01

タグクラウド
記事検索
  • RSS
  • Dlsite blog