部屋に帰ると、玄関からトイレまで、とてもキレイ。
ゴミ箱もキレイに洗ってあるし(笑)
 


奴隷って便利だね。
こんなに便利って知らなかったよ。

耳元でささやいてあげたら、身体を震わせながら喜んだね。
床に正座した君は、もっと命令して欲しそうな目で、私を見上げていたね。

まだ射精欲求が限界になってないのに、もう従順になってる。

本当は、どこまで従順になれるのか試そうと思ってたのに。
もう試す必要もないみたい。

ねえ。
ド・レ・イ・ガ・ホ・シ・ク・ナ・ル・カ・モ


あと5日で、私を本気にさせてごらん。




これより先はプライベートモードに設定されています。閲覧するには許可ユーザーでログインが必要です。