Slave's Sword 2情報

Slave's Sword 2の進捗報告

こんばんは、サークルぽいずんです。

 Slave's Sword 2制作は、ぼちぼち進んでいます。

前作の反省点として、体験版でメインとなるシステムが
ほとんど遊べなくて、体験版として体験できる範囲が狭い……
と感じたので、続編では体験版でもある程度のゲームシステムは
体験できるようにしたいなと考えていますので、そこそこなボリュームになります。
つまり、体験版は普段より公開が遅くなりそうと言う訳です( ^ω^)・・・
その分、色々な追加要素や追加システムもあると思いますので気長にお待ちください。

まだ新しい要素は公開準備中ですが、とりあえず前作からの改善要素として、
前作は1画面のMAPが広すぎて、一度に多くのイベントを配置する事になって
それが町などで動作が重くなる原因だったので、
(イベント=灯りやNPCや建物の入り口など) 
今回は1画面を少し小さめにして、いくつかのMAPを繋ぎ合わせて
1つのMAPにしています。(例:1つの町を4分割)
そのため結構な軽量化になっているとは思いますが、
ダンジョンなどは今までより迷路化すると思います。 

もう1つは前作で言うとラスボスの部屋など、一度入ると戻れなくなる場所で
セーブをしていなくて詰んだって報告もあったので、
ボス戦や入ると戻れないポイントでは、体力回復ポイントを置いて
示唆しようかなと考えています。 

保留にしたシステムはモンスター図鑑。
これはアトラカードの効果「ライブラ」と重複する上に
モンスター図鑑のほうが圧倒的に使い勝手が良いので
カード効果が意味無くなってしまうんですよね。
デフォルトで実装されているもののほうが、入手困難なアイテムより
使い勝手が良いと言うのは何だかなぁと言う理由で保留にしています。

さて、次回の更新には出来ればエッチなイベントCGの1枚も
紹介出来たらと思いますので、更新ネタのない制作期間、
時々更新されてないか覗いて頂ければ幸いです…… 

Slave's Sword 2(仮)から

こんにちは、ぽいずんです。

色々と試行錯誤しながら新作の事や進捗の事など
ポツポツとつぶやいていければと思います。

まずは深山さんから届いた2からの新キャラを1点。

ss2smp01 































 この娘が誰なのかはあえて触れませんが、
先に行っておくと、この娘に関して Slave's Sword 2(仮)では
エッチなシーンは分けあって皆無なので今後にご期待ください・・・・・・

さて進捗のほうですが、絵関連は現在立ち絵を揃えているところです。
ですので実際のイベントCGなどはまだ先になります。
ゲームシステムのほうは前作と大幅な変更はなく
システムベース自体は前作を引き継いだものとなりますが、
いくつか追加しているシステムもあったりします。

1つは前作で要望のあったボイスだけを独立して音量調整が出来るように
プラグインを追加しています。
これで効果音関係のSEとは別に音声だけをプレイヤー側で
自由に音量調整出来ます。
音量を0にすればボイスだけ無音になるので、音声の有無の設定が不要です。
もちろん、途中でボイスを消すことも出すことも可能です。
かなり利便性は上がったかなと思います。

2つ目は戦闘中の立ち絵のバリエーションの追加です。
毒やスタンなどステートの変化に合わせて立ち絵も変化するようになっています。
(こちらの画像は、ある程度完成したら公開予定です)
それに伴って、ステートの状態によっては魔法が使えなくなったり
特技が使えなくなったり、場合によっては通常攻撃が出来なくなったり。

そして状態変化を無視していると、HPが0にならなくても
敵に襲われてしまうなどなど・・・単純な戦闘から少し複雑化を
とか考えていますが、これオートバトルをしていると意図せず
犯されてしまう可能性もあるので、逆に面倒になりますかね?
この辺り、ちょっと体験版で入れてみて皆さんの反応を
お聞きしたいなと思っています。 

最後にタッチ de えっちのタッチ場所とイベント内容の連動性です。
前作も出来るだけタッチする場所と、イベントの内容(重点的に責める部位)は
出来るだけ合わせようと考えていましたが、意外と連動性がなかったなって思います。
続編では胸をタッチすれば胸を中心に責めるシチュ、
お尻をタッチすればアナルを中心に責めるシチュ、
と言った具合の連動性がより鮮明になるように調整しています。
とは言え、どうしてもシチュエーションのバリエーションは
色々と盛り込みたいので、その点は優先意識しています。 

まだ公開できる情報は少ないですが、
前作よりも色々とパワーアップさせながら製作は順調に進んでいますので
時々ブログで進捗状況をツラツラと書いていこうと思います。 
  • RSS
  • Dlsite blog