RJ179387_img_main












サークル「ゲームコロン」の「ウラレタウン」のレビューです。
ネタバレありです。
私はいくつかあるボイスのうちのひとつをさせていただきました。


(どんなゲーム?)
成人向けの売春オーナーになって稼ぐ経営シュミレーションです。
リアルタイムで進行します。

以下、プレイした感想を箇条書きにします。

*「信用」を上げなければならないことに最初のほうに気付こう(じゃないと辛い)
どんなにお金を貯めても「信用」ポイントがないと設備拡張などが出来ません。
それが出来ないと言うことは正直何も出来ないのと同じです。
事務所を拡張しようにも最初は「信用」が10なので、信用ポイントが足りません。
「設備強化」の「営業指南」を一刻も早く行いましょう
そして助手に営業をさせましょう。
私はそれに気づくまでに18年目を迎えていました・・・(´;ω;`)

*女は顔より能力
ゲームを進めていくと女の子の顔より才能があるかと能力がどのくらいを見るようになりました。
顔はどんなに可愛くても不細工でも数年経って衰えるとどちらにせよ解放しないといけないからです。
逆に可愛くて思い入れを持つより不細工で思い入れを持たないほうがいいかもしれません。

*「天才」に惑わされるなかれ!
「天才の素質」という才能を持つ子が居ます。
しかし天才だからと言って大儲けしてくれるとは限りません。
この天才の文字に惑わされ初期に無理して大金出して拉致った子があまり活躍しませんでした。
それよりもっと安い値段の子のほうがよほど活躍してました。
しかし天才のスキルは、あとの話になりますが、スキルの引継ぎでとんでもないスキルに化けるため、天才はあとから重要になってきます。

*ひとりひとりにかける時間は非常に短い
基本的には売春が出来る20%まで上げてあとは放置という感じです。
「調教センター」を利用出来るようになるとその20%の手間も省けます。

*気分は本当に売春オーナー!
売春オーナーになるゲームなので、売春オーナー気分を味わえるのは当たり前かもしれません。
けれどウラレタウンは本当に自分は売春オーナーになった気に強くなれます。
画面を眺めて指示だけ出す・・・これがこんなに楽しいとは。

*どの子にどこで売春させるかを考えるのも楽しい
慣れてくると最初の駅前以外の場所で、誰をどこで売春させるかを考える楽しみが出来ます。
他の場所ではいまいちだった子が場所を変えるだけで急に大活躍したり。
(誰をどこで売春されるか考える手間は、設備拡張で省けます)

*セレモニーで受賞すると嬉しい!
30年目にして、銅賞受賞者をはじめて輩出することが出来ました。

*35年目にして事務所がマックスになりました

*38年目にして金賞グランプリ受賞!
はじめてグランプリを獲った子が3回連続でグランプリを獲り大活躍しました。
衰えたのでとりあえず引退で助手にしてみると、やはり助手としても大活躍しました。
Cランクしか発掘出来てなかったのに、いきなりAとか普通に出てくるようになりました。
活躍した子はやはり大事にしましょう・・・

*40年を過ぎると大物シャッチョさん
女の子たちが金儲けしているのを上から眺めるだけ。
更に拉致する女の子はハナっからSランクしか検討すらしないというセレブ仕様!
Sランク以外はパラメーターすら見ずに、即刻削除!

*45年目にして最優秀賞オーナーに!
金賞とグランプリが軒並み口谷亜夜オーナー!

*女オーナー涙目仕様!
最優秀賞オーナーを獲ったときの自分のシルエットが明らかに男!
一応女オーナーのつもりだったので涙ちょちょぎれ!
プレイヤーが受賞したときは男か女か分からないシルエットにするとか。
女か男かでちょっと変わったら良かったなとかどうでもいいこと思ったり。
でも数少ない女プレイヤーへの配慮をせよというのは無理な難題でしょうね・・・

*そしてエンディングへ・・・
成績が流れ、秘書のサヨコとのムフフが出来るようになり、一応これで終了です。
しかし活動はじめて45年経ってますが、オーナーとサヨコ何才だよ(苦笑)老人ホームじゃないんだから。
以降も普通にゲームは楽しめます。

*48年目にして最優秀新人賞獲得
S+ランクの子が最優秀新人賞を獲得しました。
最優秀オーナーになるよりも難しい賞でした(笑)

*他のオーナーから優秀な子を買うと決まって活躍する
狙い目は最優秀新人賞を獲った子です。
とりあえず新人賞を獲った子の名前を憶えておいて、すぐに買います。
するとやはり一番活躍します。
買うのに1億5千くらいかかるので、中盤以降まで関係ないですが・・・
あと売ってくれない場合が大半なのであまり他のオーナーから買うのは関係ないです。



サークル「ゲームコロン」さんはとても有名で過去作も全て人気があります。
全年齢フリーゲームのほうでもコンテストで賞をとっており、多方面で活躍しておられます。
そんなサークルさんが満をじして放った今作は時間を忘れるほど面白かったです。
同人でこんなことが出来るのか・・・とも思いました。
時間が経ってくると片手間でやるかと思っても、気が付くと夢中になっていました。