DMM人気ゲーム神姫PROJECT Rのご紹介

  • author: RG13427
  • 2016年11月26日

 応援クリックよろしくお願いします。 神姫PROJECT  
さて今回はDMMゲームズで鋭意売り出し中のタイトル神姫PROJECT Rの紹介です。

 この記事を書いている現時点で実装されているストーリークエストの最終盤、31章までクリア済みランクは35という状態です。初心者ではありますが一応ゲームを理解するくらいにはやっているといったところでしょうか。  この時点までで気がついたこと思ったことを細かくレビューしてみます。

 これから神姫をやってみようかなと思ってる人は参考にしてみてください。  

 まず神姫PROJECTは比較的完成度の高いゲームです。あくまでDMMR18のゲームの中ではというところですが、人気になるだけあってトップクラスの完成度と言えるでしょう。

  特にグラフィック関係が秀逸で、戦闘シーンのちびキャラアニメは見ているだけで楽しくなるような可愛らしさです。  ただ手放しに名作と褒めることは私にはできません、このゲーム通称エロブルなんて言われているんですが、人気ゲームグランブルーファンタジーを本歌取りしたようなゲームで、実際にはグラブルの劣化コピー的な扱いをされています。ゲームとしての出来だけを見れば、一流のゲームには及ばないという印象です。

 ゲームはコレクション要素の強いRPGで戦闘でキャラを、合成で装備品を強化していき成長していきます。この手のソーシャルゲームにありがちなことなのですが、装備やキャラにレアリティが設定されていて高レアリティのキャラや装備の方が圧倒的に強く、上級者は高レアリティのキャラや装備を集めていくことになります。

 高レアリティのキャラやアイテムを集める一番手っ取り早い方法はやはり課金です。微課金、未課金に比べれば高額課金者の方が圧倒的に戦力は上になります。まあ当然と言えば当然なのですがガチャで手に入る強力なユニットはやはり圧倒的に強いです。

 レア以上のレアリティの必ずでるプレミアムガチャが一回三百円とまあこの手のガチャでは標準的な価格なのですが、このガチャで82パーセントの確立で出るRのレアランクの装備はほとんどゴミです。キャラである神姫解放装備がでればまだましなのですが、装備品の武器や幻獣が出れば目も当てられません、実際に欲しいSSRのユニットは3パーセントしか排出されません。一体のSSRを出すのに1万近くかかってしまいます。この価格をどう思うかは人それぞれですが、個人的には安いコストではないと思います。

 SRやその上のSSRが規定数必ずでる、特別なガチャもありますが、多くが一度しか引けず、しかも一回数千円かかります。  強さを求める廃課金ユーザーはかなりの出費を覚悟した方がよさそうです。

 しかしながらガチャに手を出さず、微課金で遊ぶことも決して不可能ではありません、現金購入はクエストを開始するためのポイントであるAPやBPを回復するアイテムの購入や倉庫拡張の購入にとどめ、高レアリティであるSSRの入手をイベント等に頼るというプレイスタイルです。ガチャ等の運の要素に頼ることなく、プレイ時間の分だけ確実に強くなれます。  イベント産のSSRはガチャ産とはまた違った特性を持つのですが決してガチャ産よりも弱いということは無く実用性も十分あります。

 APを全回復するエリクサーというアイテムが一個100円でこれも決して安いとは言えませんが、数千円の出費でかなりゲームが進むことになります。  イベントではSR、SSRのユニットの他、プレミアムガチャが引けるチケットやキャラ解放アイテムが必ず引けるガチャチケットなどが配布されていて、これらを有効活用すれば微課金無課金でもなんとか遊べます。

 そして、エロゲーなんですからエロシーンの出来も気になるところでしょう、グラフィック的には申し分なく、毎度アニメーションしてシーンを盛り上げてくれます。ボイスも完備しているので基本無料のゲームの中では充実のエロシーンと言えると思います。

 ただ、ヒロインと主人公のラブラブエッチばかりかというとそうでもなく、ハードなレイプシーンが意外と目立ちます。自分のお気に入りの美少女ユニットがわけもわからんモブ男に汚されているときなんかは微妙な心境になること請け合いですが、この辺は好き好きでしょう、ちなみに結構な賛否両論を巻き起こしている模様で特にメインヒロイン格のメイドキャラがレイプ経験者であることに拒否反応を示す人が多いようです。

 総評をまとめると、あくまでも18禁ブラウザゲームというくくりではエロシーン、ゲーム性とも申し分ないという印象です。お試しにストーリーモードだけやるという分にはほとんどお金もかからず、ニ三十程度のエロシーンを解放できると思います。

 ただやりこんでプレイするだけの価値があるかはその人次第です。キャラを強化する限界解放や高レアリティ装備やキャラの収集には多大な時間的、金銭的コストがかかることは間違えないでしょう。  ただ繰り返しますがストーリーをちょこっと楽しむ分には無課金で十分です。迷ったならまず無課金で遊んでみることをお勧めします。エロゲー好きならたぶん楽しめると思います。

ドララブクエスト~チンカス掃除の勇者と処女喰いの盟友~の紹介

  • author: RG13427
  • 2015年10月16日


ブログランキング応援クリックお願いします。
①560今回は管理人のサークル同人サークルぶるずあいから、ドララブクエスト~チンカス掃除の勇者と処女喰いの盟友~のご紹介。

有名RPGドラ〇ンクエストⅹのアン〇シア姫の二次創作エロノベル。

世界を救った盟友くんはその報酬の少なさに不満を漏らし、優しい姫からまんまと処女を頂きます。
処女膜確認クンニから、チンカスの掃除を強要、はては媚薬をぬりたくって姫の処女を美味しくいただいてしまします。
盟友くんやりたい放題のちょっと臭そうなエロノベル。
望月なお様の美麗なイラストと小石川うに様の熱演でアンル〇ア姫がエロ可愛く表現できていると自負しております。
こちらのゲーム同人サークルぶるずあいのホームページで無料公開されています。
ぜひ楽しんでみてください。
ゲームは↓のバナーからどうぞ。
bullsbanner

本当にあったかもしれない実話系官能小説高齢処女のロストヴァージンサポートの紹介

  • author: RG13427
  • 2015年06月11日



今回は管理人のサークル同人サークルぶるずあいの作品本当にあったかもしれない実話系官能小説高齢処女のロストヴァージンサポートの紹介です。
op本作はネット上に存在するエッチな噂や体験談をもとにした官能小説。
ひどい奥手で30まで処女のままだったヒロイン遠藤詩織。
ある日ネットで処女喪失をサポートするという男のホームページを見つける。
意を決してサポートに申し込む詩織。
そんな詩織を待っていたのは快楽漬けの無痛処女喪失。そしてめくるめく官能体験だった。
本作はブラウザ上で遊べるオンラインノベルゲーム。選択肢などはない短編の官能小説です。
挿絵にはDAZ3Dの高品質な3Dモデルを使用。美麗な3DCGが小説を盛り上げます。
閲覧は無料で会員登録なども必要ありません。
ゲームはこちらのリンクからどうぞ
bullsbanner

奔放OL女性視点エロノベル~タメイキ!~紹介

  • author: RG13427
  • 2014年04月25日


人気ブログランキングに参加しております。

scene1同人サークルぶるずあい(管理人のサークル)制作のビジュアルノベルゲーム。
奔放OL女性視点エロノベル~タメイキ!~の紹介です。

そろそろ処女を卒業したい、エッチに興味深深なお年頃のOL加藤結菜の性体験をつづった一人称の官能小説ノベルゲーム。

奔放で可愛らしいく美味しい物に目がないOLのオフィスストーリーと濃密なセックスシーンでお送りする中編のストーリー。

官能小説の大家宇能鴻一郎のためいきをオマージュした作品。週刊誌に載っているような官能小説を意識したコミカルでちょっとエッチな気持ちになる、そんな小説を意識しました。

物語の山場となる処女喪失シーンはぶるずあい節が思いっきり盛り込まれた濃密シーン。
処女膜表現と生娘の肉体を独特の筆致で綴ったエロシーンは必見。

イラストにはソーシャルゲームの挿絵などで活躍している、ファーストデザイン所属のイラストレーターひめぎよう氏の可愛らしい萌絵を採用。
ぶっちゃけ結菜は可愛い、可愛いは正義なのです。

こちらのゲームはブラウザで無料で楽しめるフリーゲームになります。
ゲームのプレイは↓のバナーからどうぞ。

bullsbanner

ペロペロ催眠 紹介レヴュー

  • author: RG13427
  • 2014年03月20日

人気ブログランキングに参加しています。
よろしかったら応援クリックお願いします。
ペロペロ催眠 アダルトオンラインゲーム

今回はDMMのアダルトソーシャルゲームで上位の人気を誇るエロAVGペロペロ催眠を紹介します。
このゲームもブラウザゲームになじみのある人にはおなじみのカードバトルシステムを採用しています。
時間と共に回復する体力を使って女の子の潜むエリアを探索して、ボスの女の子とバトル。勝つとエッチなシーンが見られると言うシンプルな作りのゲームです。

同じくDMMで人気を誇る千年戦争アイギスやロードオブワルキューレとの最大の違いは前者がユニットを育てることでエッチシーンを見るのに対し、こちらはステージをクリアするとボスキャラの女の子のエッチシーンが見られると言うところです。
アイギスなどはエッチなシーンを見るためにキャラを入手して育てなければなりません。自然レアリティの高いキャラクターのエッチシーンを拝むには多大な労力が必要です。
対してペロペロ催眠はゲームを進めていけば、進行度に応じて必ずエッチシーンにたどり着けるという違いがあります。
エッチシーンはみたいけど、めんどくさいのは嫌だと言うユーザーにお勧めできるのがこのペロペロ催眠です。

もちろんカードバトルですので、このペロペロ催眠でも美少女キャラを育て自分のアバターを強くすると言うゲーム要素はあります。
カードのレベルを上げると絵柄に描かれた女の子が服を脱いでいって、最後にはあられもない姿になるのですが、所謂レアキャラ特有のエッチシーンなどはありません。

内容的には所謂バカゲーと言うやつで、エッチなハーレムを作ろうとしている、兄の野望を防ぐために兄の手下の女の子を催眠神拳と言うよくわからない技で、籠絡していくストーリーです。
コミカルなストーリーで登場する女の子もみんなどこかおバカです。
淫靡な感じではないのですがエッチシーンはなかなかにハイクオリティです。
エッチシーンにはすべて声優さんのボイスがあり、テキストもこのジャンルの中ではしっかり長めです。アニメーションもあり、バストや腰がグイグイ動きます。
エロブラウザゲームのエッチシーンは短くタンパクであることが多いので、その辺を不満に感じる方には朗報といえるでしょう。

ゲームの探索モードは体力を消費してステージの達成度を上げていく仕組みです。
体力を消費するごとにスロットが回りステージの達成度が上がります。
出た目によってお金や経験値が増えたり、女の子カードを入手できるチャンスタイムなどが発生します。
要はスロットゲームです。探索を進めていくといくつかのポイントに女の子が配置されていて、遭遇するとバトルになります。バトルは極めてシンプル。
自分が所持している女の子カードの強さに応じて催眠力という数値が設定されています。
バトルの時にだけ使う、精力というポイントを消費して、女の子に催眠力分のダメージを与えます。
女の子のゲージが0になれば、晴れて勝利。
そのままエッチシーンに進みます。
女の子の体力は理性と呼ばれるポイントなのですが、これは一度削ると回復しません。
つまり催眠力が低い、低レアリティのカードデッキでも時間さえかければ必ず女の子は倒せます。
つまりステージで詰まることはありません。
これはこの手のゲームの中では格段に親切な設計だと言えるでしょう。

さて、そうなると気になるのがゲームをプレイするコストです。
基本的に軽く遊ぶ分にはペロペロ催眠はかなりコストが安い部類に入ると言えるでしょう。
カードを入手するガチャもカードの育成も無課金でも十分可能です。
ただイベントのいくつかが競争方式になっており、イベントで上位入賞などを狙うとコストが大幅に増えます。
もちろんマイペースでのんびりやっている人には上位入賞など不可能です。
イベントの報酬も良く、イベントでかなりの数の課金アイテムなどが配られます。
ただ繰り返しますがイベントでの入賞さえ気にしなければ、ペロペロ催眠はR18ゲームとは思えないほど安いコストで遊べます。
多くのブラウザゲームに見習って欲しいほど、このゲームは良心的に作られています。

ゲームのプレイ感は非常にシンプルです。戦略などもありません。
どちらかと言うとコレクション要素を追加したノベルゲームの様な感じです。
純粋にエロを求めると言う人。お金のかからないアダルトソーシャルゲームを求める人にはぴったりのゲームです。
物の試しでも良いので、遊んでみてください。
エロゲ好きならきっと後悔はしないはずです。

ゲームのプレイはこちらからどうぞ。
ペロペロ催眠 アダルトオンラインゲーム