音楽

シャイン オン!

すっかり秋らしくなってきましたね。
新しいCG集の構想や用意も少しずつ進めているところなのですが
ここ最近、アメリカのメタルバンドRIOTのアルバム、「UNLEASH THE FIRE」を
愛聴しすぎて、いても立ってもいられなくなりギターを買ってきて、ギターの練習を
始めてしまいました。

マイク・フリンツにあこがれて黒いレスポールタイプのギターを買ったつもりだったのですが…
黒いギターを使っていたのは急逝した創設者、マーク・リアリだったというのに気づいたのは
家に帰ってきてからでした(笑)
ギターは過去に早々に挫折しているのですが、今回は長い目で見てじっくり取り組みたいです。
名曲「ウォリアー」と「サンダースティール」が弾けるようになりたいです!

さて、この新譜「UNLEASH THE FIRE」がものすごいアルバムで、何度も聴き返してしまいます。
新しく加入したメンバーの貢献、特にボーカルのトッド・マイケル・ホールがすごい。
前ボーカルのトニー・ムーアにも良く似ていますが、初代ボーカルのガイ・スペランザも髣髴とさせる
素晴らしいハイトーンボイスの持ち主です。私がRIOTに求める、ツインリードの掛けあいと、
ヨーロッパ的でありながら、どこか冷たい雰囲気を感じるボーカルメロディが
これでもかと入っており、シンプルな楽曲故に何度聴いても飽きません。
シンプルでありながら、ギターはかなりテクニカルな技術を詰め込んであり、
ギターアルバムとしても楽しめますね。
今までのライオットを象徴するような単語を歌詞に散りばめたり、過去曲の続編を入れるなど
若干、あざとい所もあるのですが、楽曲の出来の良さの前にはそんな事はどうでも良くなります。



故マーク・リアリに対しての惜別の思いを歌った
ラストの激泣きのバラードソング「UNTIL WE MEET AGAIN」は全メタルバラードの中でも
五指に入るかという佳曲ですが、最後に生前スタジオで会話した肉声が入っており
それが「特別な曲」感を出してしまい、独立した曲として聴き辛いのが少し残念です。

中心メンバーが居ないバンドの存続の是非に関しては色々思う人も多いでしょうが
個人的にはアウトプットされているものが自分が完全にライオットに求めるものだと思うので
マイク・フリンツには是非とも頑張ってもらいたいものです、リアリに弟のように
可愛がってもらっていたとの事で個人的にも応援していきたいです。

ついつい好きなバンドの事なので長々と書いてしまいました。今月末に出る
輸入盤はプロデューサーも収められている音も違うとの事、なんじゃそりゃですが
そちらも買って秋の夜長に聴き比べをしたいと思います。

それでは。

涼しくなってきましたねー

私の住んでいる地方も随分と涼しくなってきたので
窓を開けて寝ていると寒さで起きてしまう事もあったりで
体調管理に気をつけたいものです。

さて、前回の日記で書いたオーストラリアのバンドLORDのライブですが、
私も参加してきました。LORDは勿論の事他のバンドも充実したパフォーマンスで
すばらしいステージだったのですが、お客さんが少ない&ノリがイマイチで
そこだけが残念でした。生ロード・ティムはボーカル、ギター共に上手かったです!

変態エロ同人サークルのブログなのに音楽の話ばかりして申し訳ありませんが
今回もCDの話です。

私のイチオシバンドの一つ(なんか最近こんなのばっかりですが)カナダのアナイアレイターの
新作「フィースト」をようやくゲット出来ました。

お目当ては過去の曲を再録音したアルバム
「RE-KILL」同梱の初回限定盤!なのですが、これの輸入盤が国内盤の約半額以下なので
どちらを買おうか悩みながら数日が過ぎた昨日、ふらりと覗いた中古ショップで国内盤の
初回盤がお値打ちな値段で売られているのを速攻ゲット!良い買い物が出来ました。

純然たる新作の「フィースト」はここ近年のアナイアレイターらしいバラエティに富んだ
テクニカルなスラッシュメタル作品でかなりご満足なのですが、
2ndリリース時からのファンとして気になるのは「RE-KILL」。
アナイアレイターの初期のアルバムも当時としては
結構良い音質だったとは思いますが、統一した音質、現ボーカルのデイヴ・パッデンの
ボーカルで聴くのは感慨深いものがありますね。選曲もほぼベストなのではないでしょうか?
個人的には2ndの「ファンタズマゴーリア」が欲しかった!


新作のトレイラーです。







CG集の方はダ○ボール戦機をモチーフにしたものになりそうです。
内容は、いつもの感じですよー(笑)
このアルバムを聴いて秋の夜長にがんばります!

オーストラリアの雄!LORD!

音楽関係の事を少し。

私のイチオシのメタルバンドにLORDというバンドがいます。
オーストラリア出身のギタリスト/ボーカリストのロード・ティム率いる
パワーメタルバンドです。オーセンティックなパワーメタルを軸に、
スラッシュメタルにかなり接近したアグレッションや、ポップスからの影響も
感じさせるキャッチーさをミックスしたバラエティーに富んだ楽曲が魅力のバンドです。

以前は殆ど変わらぬ音楽性のDUNGEONというバンドで活動していたので
そちらの名前は少し聞いたことがあるというメタルファンの方はいるかも知れませんね。

この、ロード・ティムという人、ギターは上手い、ボーカルも上手い、さらには
作曲能力も非常に優れている何気に完璧超人なので、もっと注目されても
良いのでは……と思うのですがどうにもマイナーな立場に甘んじている人なのです。

そんなLORDが先日アルバム「デジタル・ライズ」をリリースし、この9月には来日公演も行います!
アルバムは先日私も手に入れたのですが、正統派メタル的な質感が強く、スラッシーさが
減退したものの、メロディーは充実していてとても良いアルバムでした。

アルバムのタイトルチューン「Digital Lies」







DUNGEONの、かなり初期の曲ですが、スラッシーな疾走感が魅力の「Lost in the Light」






以下、来日日程も載せておきます。
日本の実力派バンドたちも多数競演しています!
それでいてお値段もそうとうお値打ちなので、都合のよろしい方は
観にいっては如何でしょうか?

タイトル:
  Lord 「Digital Lies」 Japan Tour 2013
開催日程:
  9月18日(水) / 広島 / ナミキジャンクション
    ゲスト:KreuZ
  9月19日(木) / 大阪 / Brand New
    ゲスト:MinstreliX , Crying Machine
  9月21日(土) / 愛知 / Holiday 名古屋
    ゲスト:LORD , Zihard , ARGUMENT SOUL , Rachel Mother Goose
        REGULUS , Steel Emblem
  9月22日(日) / 東京 / 六本木 Super Deluxe
    ※Melodic Metal Circle出演※
  9月23日(月) / 東京 / Club Missions
    ゲスト:LORD , ARGUMENT SOUL , VIGILANTE , and more...
TICKET:
  【東京以外】
    \3,000- (1D別)
  【東京】
    \2,800- (1D別)
公演公式:
  http://rubicon-music.com/archives/2277
  http://melodicmetalcircle.blog35.fc2.com/

夏、スラッシュ!2013(1)

同じタイトルでかなり昔に記事を書きましたね。
あまり続かなかったのですが懲りずにまた……。

夏になるとスラッシュメタルばかり聴いている私ですが
以前から気になっていて最近ようやく手に入れたお気に入り盤がこの
INSANEのWait & Prayです。

イタリアのバンドで既に解散していて
この一枚のみ残しています。2005年のアルバム。

アルバムの一曲目「Total Alarm」↓



時代錯誤も甚だしい実にアホっぽいスラッシュメタル……っていうか
もうこのアルバムを紹介している方みんながそろえて口にしているように
まんまスレイヤーの1stアルバムの楽曲みたいな曲ばかりです。
もう全曲「Black Magic」って感じ(笑)

しかしながらリフ、歌メロ、ギターソロ共にセンスがあり、結構キャッチーで
完成度も高いです。リピートを誘う魔力がありますよ~!


今は若手の新世代スラッシャーもドンドン出てくるし、古豪スラッシャーや復活したバンドも
良作を次々出してくるので嬉しい悲鳴です。もう第二次スラッシュメタルブームは
完全に定着しましたね!

やっと買えた~

HM/HR関連の話題。
年末に発売していたものの機会を逃してずっと買えていなかった
ドイツのスラッシュ/パワーメタルバンド、パラドックスの最新作、
「Tales Of The Weird」を今更ながらやっとこさ購入しました。

いやあ~、良いです!度重なる身内、メンバー
(というか中心人物のチャーリー・シュタインハウアー)
の不幸、不運から寡作なバンドでしたが、
前々作、前作あたりは順調なリリースペースになり、
今回は結構な間が空いたものの傑作をリリースしてくれましたよ~

今回のメンバーにいるギタリストが、テクニカルデスメタルバンド
オブスキュラのメンバーであることが関係しているのか否か、テクニカルな部分が見え隠れするのが
今作のうれしいポイントです。また疾走感もおそらく過去最大であることから、
ここ数年の作品の中では一番のお気に入りです。

3曲目「Brutalized」


しかし、このバンドというかチャーリー氏の書くリフがデビューした25年前から
ほとんど変わっていないというのがなんともいえずイイですね。
メロディアスでテクニカルなスラッシュメタルという私の一番好きな音楽性を頑なに
守り続けるバンドとして、これからも、アーティレリー、ヒーゼンなどと共にがんばってほしいものです。

作品一覧
18禁同人サークル、「Starless Aeon」のブログです。変態肉体改造系がメインなので、苦手な方はご注意。もちろん18歳未満は閲覧禁止です。
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

タグクラウド
記事検索
  • RSS
  • Dlsite blog