[新作]美樹ちゃんと一緒! ~巨乳○女とパパがキャッキャうふふ~

2017年01月19日11:09
美樹ちゃんと一緒! ~巨乳○女とパパがキャッキャうふふ~
648円/ポイント3%
ロリ巨乳○女の美樹ちゃんがパパとキャッキャうふふするボイスドラマ
18禁同人ソフト音声作品AUDIO(MP3)音声あり体験版

三題噺企画「日曜日」「ベトベト」「近所の池」

2012年09月02日23:52

……仄暗い、池の底から。
私は…… ずっと…… 見ていた。
毎週日曜日、その池にやってくる、その少年のことを。
一心不乱に、バットを振っている、その少年のことを。
いつまでも、いつまでも、バットを振っている、その少年のことを。
太陽が地上から顔を出してから、その顔を隠すまで、バットを振っている、その少年のことを。


「そして私はその少年のもう一つのバットを……」
「おい」
不意に振りかざされたバットが私の脳天に直撃する。と言っても、子供用の中身が空洞になっているプラスチックのアレである。
「ちょ、何すんのよ!」
「変なアテレコすんな!」
ブー。せっかくこれからあーんなことやこーんなことになって、ヌッチャヌチャのグッチャグチャのヌッルヌルのベットベトになってたのにー。
「しっかし直人って本当に野球好きだよねー。部活休みの日曜日もこうやってバット振りにきてんでしょ?」
まぁな、と言う声が、バットの音でかき消される。その視線はすでに目の前に向けられ、素振りに集中していることが分かる。


私は、ただ、池の中からぼーっとその姿を眺める。
水はすごく気持ちいい。本当はプールにでも行けばいいのかも知れないけど、私はあの塩素の臭いが苦手で。もっぱらこの池で泳ぐのが毎週の楽しみになっている。


「……よしっ!」
35秒05。自己記録をコンマ1秒更新し、肩の調子を確信する。
「肩、もう大丈夫なのか?」
「まあねー。すぐに治るとは聞いてたから、心配はしてなかったんだけどね」
ケラケラと笑ってみせる。しかし、右手は無意識に右肩へ。
水泳肩。障害が少ない水泳において、数少ない障害の一つとも言える。と言っても、きちんと対応していれば一月とか二月もあれば治るし、一生残るモノでもない。しかし。
「直人は、最後の夏、頑張ってきてね……!」
直人の顔は、なんだか神妙で。


しょうがないじゃない。
痛みが走ったのが8月で。
引退戦が8月で。
最後の大会に出られないと言われたのは、ついこの前のこと。
何も出来ないで、座っているしかできない部活動。
「もう引退した方が良いんじゃない?」と後輩に勧められ。
しょうがないじゃない。
しょうがない。
しょうが……。


目にあったはずの排水口の栓はいつの間にか外されて。
目の中にあったプールは空っぽになって。
嗚咽が漏れる、直人の胸板。
大きな声が、きこえてくる。
どこからだろう。
誰が泣いてるんだろう。
すごく近くからきこえる。
私の口から。
私の口から?


なんでだろう。
大丈夫だって、自分で言ったじゃない。
自分で、言ったじゃない。

「結衣!」
急に、鳴き声がやんだ。
その音を発していた器官は、直人の器官によってふさがれて。
口びるの柔らかさを、感じる。
直人の暖かさを感じる。
直人の優しさが、口びるから伝わってくる……。


「落ち着いたか?」
うん、とだけ。その目は赤く染まっている。水中眼鏡もなく池で泳いだからだろうか。
「おれ、お前の分も、頑張ってくるからさ……」
うん、分かってる。
「優勝したらさ……」
私も。
「……付き合おう」


沈黙。
しかし、重苦しくもない、心地よい、沈黙。
「ど、どうかな……?」
「……どーしよっかなー♪」
ニヒヒ、と小悪魔な笑いを浮かべつつ。
「エイッ!」
池の水を、直人の顔にぶつけてみる。
鳩が豆鉄砲を食らったような顔が、直人に浮かぶ。


「へっへー! つかまえてごら~ん!」
池に飛び込み、本気を出して泳いでみる。また肩が少し痛いけど。
「ま、待てこのヤロー!」
「ヤローじゃないですアマですー!」
私の顔を伝う水分は、少しだけ、ほんの少しだけ、しょっぱい気がした。

久々の告知タイム

2012年05月03日23:15

どうも、このブログはどれだけの期間更新してなかったんだろう。おじやしげきです。

 

新学期も始まって一月ぐらい経とうとしています。ココ数回はネット公開の小説とかをあげていたんですが、今回は告知です。

 

まず。

クラウドゲート様のエリュシオンというPBWのマスターをやらせていただいております。

 

まさかの一発通過。某社の某試験は数回墜ちているのですが、クラウドゲート様に拾っていただきました。

 

簡単に言うとTRPGというか、PBM、プレイバイメールの派生系みたいな奴です。マスターがOPとしてあるクエスト的な物を提示するので、プレイヤーは掲示板で相談した上で自分のキャラの行動を投稿→その投稿された行動を元にマスターが判定して結果を文章(小説にまとめる)ってやつです。

 

ゲームとしてすごく盛り上がっていますし、世界観も面白いので興味のある方は是非下のリンクから。

 

エリュシオン

 

お次は。

北陸本専6参加決定です!

 

スペースはC-14です。

 

今回は夏コミで持って行く予定のアイドルちゃんがゴニョゴニョする作品を持って行こうと思います。と言っても、多分出だしだけのコピー本になるとは思いますが。あ、エロはないです。

 

とりあえず現状で告知できるのはこれだけですかね。後はコミケ申し込んでます。当選発表の時期になったら股更新します。その前に作品一つでもあげれたら良いんですけども……。

 

それでは。

作品一覧
サークルプロフィール
タグクラウド
記事検索
  • RSS
  • Dlsite blog