燐光リン

日記_20121221

三次元CG七葉の皆様にレンダリングしてもらいました。
201212210120121221022012122103






201212210420121221052012122106







201212210720121221082012122109

データのDLはこちら


日記_20121205

PhosphorescentRinの解説です。長いので以降はPリンと書きます。


2012120501MMEは次に記すエフェクトを適用しています。
多光源エフェクト
SSAO
AutoLuminous








2012120502今回は眉毛のないデザインにしました。額に四箇所ある発光箇所の掘り込みで眉毛のように認識されるようにしました。燐光ということで発光しているところは青白い色にしています。額を見せる目的で髪形を公式のデザインから変更しています。おかげで同じデザインの箇所が一つも無いという。
目はCBミクさんと同じものとして、睫毛をよりシャープにしました。黒は収縮色なので目を大きく見せる目的でアイシャドウを入れました。
リボンは大きめにして透過のグラデーションを入れています。
リアルタイムレンダでの透過は描画順依存の呪いがあるのであまり透過は使いたくないのですが、見栄えがかなり違うので透過させています。


2012120503胴体は皮下脂肪薄めの印象があるので、アバラを強調するデザインとしています。
CBミクさんは前後を抉るデザインであったので、今回は側面を抉っています。
所謂メカ娘というのですか、この界隈は外側に拡がるデザインばかりで食傷気味なので内側に広がりを感じさせるデザインを目指しました。







2012120504胸にはギミックがあります。
スライドして現れる青白く光り輝くものはアイソトープ電池という設定です。
大砲の閉鎖機のような構造となっていて、60度回転させることでロックが解除されます。
あと、ひんぬーなので胸は動きません。
胸が大きいリンちゃんは想像(創造)できませんね!!!





2012120505背中は肩甲骨を強調するデザインとしました。
リンちゃんはミクさんに続く二号ということで背中には02と刻印しています。
私は英数字の"O"と"0"の見分けが難しいので"0"は斜線の入った所謂スラッシュゼロを好みます。
スラッシュゼロをそのまま使っても面白みが無いので電源マークを傾けて0としました。






2012120506青い発光ラインに沿ってボディを抉っているわけですが、そのまま真っ直ぐ流すとある角度から見たときに痩せて見えるので、らせん状に彫ることでこの問題を回避しています。








2012120507足は踵と足首の無いデサインとしています。末端が受動的に曲がります。
ここ10年くらいのことですが、足首の関節がない爪先立ちのデザインをよく見かけるようになりましたが起源はどこなのでしょうね。
私の知る最古のものはZ.O.Eのオービタルフレームが初見でした。







2012120508腕も脚と同様のデザインとしています。










データのDLはこちら



日記_20121204

CBミクさんに妹分ができました。PhosphorescentRinです。
Phosphorescentとは燐光を意味します。
リン=燐という加齢臭漂う発想。もっと捻れよ。
201212040120121204022012120403

blenderでレンダ

20121204042012120405MMD
MMEは次に記すエフェクトを使用しました。
多光源エフェクト
SSAO
AutoLuminous






データのDLはこちら。
pmxデータ
ソースデータ
フリーズモデル


作品一覧
サークルプロフィール
メールアドレス
kuroyu128■gmail.com
■→@に変換してください。
最新コメント
記事検索
  • RSS
  • Dlsite blog