レーシングミク

日記_20160219

今年のレーシングミクさん作りました。
201602190120160219022016021903
ツインテールの挙動がかなり鬱陶しいので用途に応じて調整が必要になるかもしれません。
DLはこちらから。
PMX
ソースデータ


Doujin manga and game download shop - DLsite English

日記_20150424

レーシングミク2014 EV MIRAI解説

2015042401レーシングミク2014とは顔立ちが異なりますね。
髪の跳ね毛が特徴ありますが、あまり多いと鬱陶しいので控えめ。








2015042402イラストの表情を再現するためモーフを入れていますが、口の両端に陰が落ちてしまいます。
MMDの仕様上、頂点モーフの変化では法線が変わらないので不自然な陰が出来てしまいます。
気になる人は表情の遷移をしないのであれば頭部の差し替えで対応してください。





2015042403コートのジッパーは右側にしかないみたいですね。
フィギュアを参考にモデリングしていますが、左側は紐状の部品になっています。
加工精度でエレメントが省略されているわけでもないので、実用性のないデザインなんですかね。
もっともサイズ的に前が閉まらないわけですが。





2015042404細かいロゴ関係はデサインが不明なところが多いので調べるのが大変でした。
おそらくこれであっているはず。








2015042405背中はこの部分が描かれたイラストがないのでフィギュアのデザインにしました。









2015042406この部分のロゴはグッドスマイルレーシングのロゴぽいですね。









2015042407イラストとフィギュアでは配色が異なっていますが、イラストの配色にしました。









2015042408脚のプロテクターとベルトの接続部はフィギュアとFigmaでデザインがことなるところです。
フィギュアの方がイラストのデザインに近いのでそちらを参考にしています。







2015042409まったくけしからんしりにくですね。









20150424102015042411ここもフィギュアのデザインで。









2015042412ヘルメットはテクスチャの展開が面倒なところでした。
立体を平面に展開する都合上、必然的に歪みが出てしまうので、模様も歪んで表示されてしまいます。
テクスチャを歪めて描くのも面倒なので、ロゴがある部分はなるべく平行投影に近くなるように展開する必要があります。
今回メタセコイアVer4.4を使って作業しましたが、マッピングの改良でこの部分は相当に作業が楽になりました。
UVPowerTools辺りのプラグインに頼ってきたところですが、ようやく過去のものになった感じです。長らく世話になりました。


2015042413おまけ。
シドニア二期が始まったのでBIOMEGA風味にしてみました。換装テクスチャー
重二輪と弾体加速装置はこちらからお借りしました。







PCゲーム、PCソフトのダウンロードショップ - DLsite Soft

日記_20150412

昨年度のレーシングミクさん作りました。
201504120120150412022015041203

データのDLはこちら。
pmx
ソース


同人誌、同人ゲーム、同人ソフトのダウンロードショップ - DLsite.com

日記_20140922

レーシングミク2014Ver2解説。

2014092201今回は改修ということでかなりの部分が使い回しが効くだろうと考えていました。

結果:ほぼ全て作り直し。

まぁ、、、そんなこともあります。





2014092202お顔は微妙に形状が変わりました。
浅い角度から見たときに嫌な陰がつくところがあったのでトポロジーも変えました。
表情のモーフも全て作り直しています。
ヘッドセットはあまり変わらないように見えますが細部のデサインが違います。
後頭部とツインテールだけVer1からの流用です。





2014092203腰の両側の部品は側面が大きく変わりました。
内側のデザインはイラストとは異なりますが、今回のVer2はフィギュアのデザインでモデリングしています。
胴体部分は胸の辺りが微妙にデザインが変わりました。
あとVer1では丈が短いタイトスカートという解釈でしたが、この部分も変わりました。
今年度のデザインのイラスト公開時から云われてましたが完全にスクール水着ですね。
服の皺もモデリングしていたりするのですが、あまり変わり映えしませんね。


2014092204お尻の部品は厚みががあり、湾曲の大きな形状になりました。
ねんどろいどのものとフィギュアとFigmaでは下半分の黒い部分のデザインが異なるようです。
公式の後ろ側の映っているイラストとも齟齬がありますが、Ver2はフィギュアのデザインを優先しています。





2014092205このバージョンは前から見たときはVer1とあまり見た目が変わりません。









2014092206後ろ側から見るとマフラー状の部品が追加され、内側に蛍光色の青と黒のディティールが追加されました。








2014092207ねんどろいどでは平面的なデザインでしたが、フィギュアとFigmaでは曲面で構成されたデザインになっています。
中心の不明だったところは緑色のサークルになっているようです。
Figmaではねんどろいど同様にスタンドを差し込む穴になっていますが、フィギュアと公式のイラスト一点で確認できます。
今年のデザインで荒を探すのであればここ以外でも散見されるのですが、面の接続を無理やり曲面で補間しているようなところがあるのでそこだけ残念に感じるところです。



2014092208手の甲の部品はVer1とは根本的に変わりました。
薄いプレート状になりました。








2014092209足は踵の部分が変わりました。
ヒールが少し高くなったのでVer1よりもその分身長が高くなっています。

そんな感じでほぼ全て作り直しました。







同人誌、同人ゲーム、同人ソフトのダウンロードショップ - DLsite.com

日記_20140917

レーシングミク2014のデザインが不明だったところが明らかになったので更新しました。

201409170120140917022014091703blender












201409170420140917052014091706
201409170720140917082014091709
MMD
MMEはアダルトシェーダーとAutoLuminous4を使用しました。

データのDLはこちら
pmx
ソースデータ
フリーズモデル

3ds,blend,fbx,objはこちら


同人誌、同人ゲーム、同人ソフトのダウンロードショップ - DLsite.com

日記_20140529

レーシングミクさん2014制作記

2014052901太い眉毛が特徴的です。
目のパッチリ感を強調しています。








2014052902今年は公式のイラストに限定してもデザインに一貫性がないところが散見されます。
その一つとしてヘッドセットがあります。
ここはねんどろいどのデサインにしました。







2014052903GSRの車のドアに横顔が描かれていてそちらのデサインでもモデリングしていたのですが、細かいディティールが髪で隠れるのと収まりがよくないのでやめました。たまには無駄な作業をすることもあります。







2014052904後頭部は丸いシルエットを崩したくなかったので髪の分け目は彫りこまない方向でモデリングしました。








2014052905胸にはGSRのロゴがプリントされています。
ロゴは2010から使いまわしています。
胸の穴も一貫性のないところで一番最初に公開されたイラストのみで、その後公開された二点のイラストとねんどろいどではありません。
それにしてもどうして盛られるのか。来年はまな板にしようよ。





2014052906背中のデザインは参考になるのがねんどろいどしかないのでかなり推測を含みます。









2014052907公式の荒い画像をもとに一番最初にモデリングしたのがこれです。
面の構成が気に入らなかったので作り直しました。たまには無駄な作業をすることもあります。
それぞれの面を完全に平面とすると実現できるデサインの自由度はあまりないもので、後で高解像度の画像を見つけたときに修正が最小で済みました。
ねんどろいどは中心部分がスタンドの差込口になっていてデザインが不明なのでGSRのロゴで誤魔化しています。



2014052908スカートの部分もどのような構造になっているのか悩んだところですが、丈が短くタイトなスカートという解釈で。
クリプトンのロゴがプリントされた部品の先端の緑色の発光箇所は公式のイラスト三点では存在するものの、ねんどろいどではなくなっています。
工作精度の制約から省略されたのかと思うところですが、それよりも小さなディティールも再現されているので、最終的なデザインでは廃止されているかもしれません。




201405290920140529102014052911
腰の部品は二種類あるようです。剛体の形状が異なるのでモデルを作り分けています。
左のデザインはイラストのデザインを優先してねんどろいどのデサインは無視しました。
というのもカウルをねんどろいどのデザインでモデリングしてみたのですが、どうにも収まりが良くなかったからです。たまには無駄な作(ry

2014052912お尻は公式のイラストでこの部分のデザインが確認できるものがないのでねんどろいど準拠です。








2014052914ケーブルは物理演算で制御されていますが、物理演算を切った状態で腕を動かしても脱落しないようにIKで拘束しています。
MMDのIKは拘束が強いので、ケーブルのポージングが困難なところがあります。
ケーブルのボーンを操作するときはIKを無効にしてFKでポーズを設定してからIKを有効にしてみてください。
ケーブルは材質モーフで表示しないように出来ます。




2014052915髪は薄っぺらいデザインになっていますが、全体を捩ることである角度から見たときに貧相にならないようにしています。








2014052916脚は末端にグラデーションが。とくになにも無いところです。










日記_20140525

ヒャッハー!新鮮なミクだー!!!

レーシングミク2014を作りました。
201405250120140525022014052503
201405250420140525052014052506

データのDLはこちら。
PMXデータ
ソースデータ

20140527追記
20140527012014052702blenderでレンダリング












フリーズしたmqoデータはこちら
3ds,blend,fbx,objはこちら


日記_20130519

三次元CG七葉の皆様にレンダしてもらいました。
201305010120130501022013050103

2013050104

動画もあるよ!



データのDLはこちら


日記_20130506

三次元CG七葉の皆様にレンダしてもらいました。
201305060120130506022013050603

201305060420130506052013050606

201305060720130506082013050609









2013050610

データのDLはこちら

日記_20130503

2013050301レーシングミクさん2013年版解説。

MMEは次に記すエフェクトを適用しています。
多光源エフェクト
AutoLuminous4
SSAO


2013verは中の人がいそうな2012verと比較して頭身を高くし、カワイイとカッコイイの両方を狙ったバランスにしました。


2013050302上から細部の解説。
冠は公式のイラストよりも赤い八面体を大きくしてみました。
断面は単純に八角形というわけでもなく角をやや尖らせた形状であるようです。







2013050303ネクタイは物理演算で動くようにしています。胸の谷間を感じて頂けるような剛体の設定をしました。
スカートも物理演算で処理していますが、髪の剛体が隙間に挟まることがあるので、腰に大き目の剛体を設置して髪の剛体が進入しないようにしています。
挙動のリアルさは妥協しましたが滑らかな動作を実現できると思います。
髪の描画に関してですが、"両面描画"を行うとMMEを適用したときによろしくない描画がされることがあるようです。
単体では問題がなくても複数のエフェクトを適用したときに現象が発生することもありMMEの使用を前提とすると両面描画の使用はよくないようです。
そこで髪は裏側を描画するために面の向きを反転させたポリゴンを重ねる構造としています。
負荷軽減を目的として両面描画を使用していたのですが本末転倒なことになってしまいました。

2013050304背中側は年始に公開されたイラストを参考にモデリングしましたが、再現性に関しては保障ができないところです。








201305030520130503062013050307








画像は右側ほど時系列は新しいです。
参考にしたイラストは公式のものではありますが、後に公開されたイラストとデザインが異なる箇所が複数あり、変更が加わっていない保障が無いからです。
ねんどろいどでは製品のサイズによる加工精度の制約もあるでしょうが年始に公開されたイラストとはデザインが異なるところがあり、最終的なデザインは年始に公開されたイラストとは異なる可能性が高いです。

2013050308右腕だけにグッドスマイルレーシングの文字があります。
フォントは"Arial Bold Italic"のようですね。








2013050309左足のロゴデザインも再現性を保障できないところです。
参考にした画像が荒かったり、切れていたりで全体を把握できなかったためです。
過去に作ったテクスチャの流用でそれらしく処理しました。







2013050310足のデザインは年始に公開された後姿のイラストと後に公開されたイラストではデザインが異なる箇所です。
デザインは時系列で新しい方に合わせています。

以上おわり。








作品一覧
サークルプロフィール
メールアドレス
kuroyu128■gmail.com
■→@に変換してください。
最新コメント
記事検索
  • RSS
  • Dlsite blog