備忘録:Metasequoia

Windows10環境におけるMMD/製作環境の構築

インストールする準備
まず土台としてDirectX9をインストールします。
Win10ではウェブインストーラーが使えないので、スタンドアローンインストーラーを使います。
詳細はこちらを参照してください。
DirectX9のインストールが終わったら必要なランタイムのインストールをします。
MMEやPmxEditorのプラグインに何を使うのかで必要なリソースは変わってきますが私の場合はこんな感じです。
2017020301
.Net系は最初からインストールされているので必要ありませんでした。
32bitと64bitの両方をインストールしているのは古いエフェクトは32bit版のMMDでしか動作しないものがあったり、Metasequiaで使うプラグインが32bitで動作しているためです。
OSのバージョンではなく使用するアプリのバージョンに合わせてインストールしてください。両方インストールしておくのが無難です。

インストールする前の注意事項
圧縮ファイルを展開する前にプロパティから"ブロックの解除"にチェックを入れて適用してください。
2017020302
この手続きをしないと外部のリソースへのアクセスが弾かれることがあるようで正常に動作しないことがあります。
チェックを入れずに展開するとPmxEditorでは起動時にエラーメッセージまみれになりました。

以上でMME、PmxEditorの圧縮ファイルを展開して使える状態にできます。
PmxEditorではUIが解像度依存なのでディスプレイの設定によってはレイアウトが崩れることがあります。
そのときはWindowsの設定->システム->ディスプレイから"テキスト、アプリ、その他の項目のサイズを変更する"を100%に設定します。
2017020303

メタセコイア関係
問題なくインストールすることができましたがVer3系はライセンスを入力してアクチベートしてもプラグインが使えないことがありました。
原因としてはセキュリティソフトが動作をブロックしていたのでこれを解除することで正常に動作するようになりました。
古いうえにマイナーなソフトウェアなので弾かれやすいようです。



Windowsの設定
ドライバー関係のトラブルを減らすために電源設定から高速スタートアップを無効にします。
プライバシー関係の設定は全てオフで問題なし。
IMEは詳細設定でプライバシー関係の設定で履歴を保存しないように。標準の設定では入力内容が勝手に収集されます。
コルタナには死んでもらいました。コルタナの消し方。

これはひどいOSですね
Win10では収集したデータを切り売りして収益源としているようですが、プライバシーポリシーを読んで眩暈がしてきました。これはひど過ぎる。
アップデートでは水漏れを塞いだそばから別の場所から水が漏れる始末なので、アップデートの延期を選択できないHomeバージョンは買う気になれません。
アップデートの仕様がああなったのは修正プログラムの適用漏れによるニッチな不具合を根源的に潰そうということなんでしょうが、毎月アップデートする度にどこからか悲鳴が聞こえてくる有様では単純に人件費を削りたいだけにしか感じられませんね。
アップデートの品質がグダグダになって久しいですが微塵も改善する気配がないあたり、MSの経営者連中を木に吊るさない限り変わらないのではないかと
そんな感想を零さざるをえないですね。Windows0.10とかに改名しとけよと。なんとかしる。


 同人誌、同人ゲーム、同人ソフトのダウンロードショップ - DLsite.com

アンドゥできなくなる不具合について

つい先日、メタセコイアで作業していたところアンドゥできなくなる現象が発生しました。
掲示板等で結構多く見かける現象なのですが私の環境でも再現したようです。
何らかの拍子に同じIDをもつ頂点が作成されてしまうのが原因のようで一度発生すると正規の操作で回復することができません。
ですが、簡単な方法で解決を図ることができます。
それはメタセコイアオブジェクトver2.2互換でデータを保存することです。
この操作を行うことで頂点のIDが揃えられて重複するIDをもつ頂点がなくなります。
しかし、keynoteのモーションデータが失われてしまいます。
そこで
1.不具合がでるデータをver2.2互換で別名で保存
2.保存したver2.2互換のデータを通常のメタセコイア形式で不具合がでるデータとは別に保存(この段階で新しくmqxが作成されます)
3.不具合がでるデータと対になるmqxデータをメモ帳で開いてctrl+Aで全選択してコピー
4.新しく作成されたmqxデータをメモ帳で開いて全削除したのちに先ほどコピーしたデータを貼り付け
5.置き換えでXXXX.mqoとなっている部分を新しく作成したmqoファイルの名称に置き換える
以上の手段でkeynoteのデータを復旧することができます。
別のディレクトリに同名で保存した場合は5の操作は省略できます。


作品一覧
サークルプロフィール
メールアドレス
kuroyu128■gmail.com
■→@に変換してください。
最新コメント
記事検索
  • RSS
  • Dlsite blog