日記_20140324

ネットで今年度最期の買い物をしました。

ダストブロワー

PCのクリーニング用に買いました。
重い作業をしているとPCが熱暴走することがあるのでヒートシンクに埃がたまらないように清掃する必要があります。
今のPCに乗り換えて三年以上経ちますが、室温よりも十分な空気の流量を確保することのほうが重要なかんじです。
私が買ったのはガスにHFC-152aを使っているもので、店頭で売られている主流のエコタイプのものと比べると逆さにして使うことが出来ないという欠点があるものの、使い切るまでガスの圧力が下がりにくいというのと長く使えるのが利点で一度使うとエコタイプは買う気になれません。
今回10本セットで単価が店頭販売の半額くらいで売られていたので買いました。10本あれば5年くらいは使えますね。

デスクライト

USB接続のLED照明を買いました。
今回買ったものは以前にも買っていて二つ目になります。
同一の物を複数使った感想として製造ロットの違いによる個体差がかなり大きいというのがあります。
前回買った物は光が若干青かったのですが、今回買った物はほぼ蛍光管と同じ色で光量がかなり明るいです。
LEDの発光素子の大きさが明らかに違っていて古いものはLEDの直径の1/3程度、今回のものは1/2程度と明らかに違います。
ケーブルの被覆は銅線を金属箔で覆って無色透明の樹脂でコートしている構造になっていますが今回買ったものは実用上の問題はないですが金属箔の被覆が見た目かなり荒くなっていました。
個体差がかなり大きい商品ですが、この価格でスタンド、スイッチ、十分な保持力の蛇腹、十分な長さのケーブルが付いたものは他にないので総合的な評価は良いです。
気に入らなければ使い捨てにできる価格なので悪くない買い物でした。

USBハブ

USBハブは大きな分類として、電源をUSBハブを接続しているUSBポートから供給するバスパワータイプと、コンセントから供給するセルフパワータイプがあります。
バスパワータイプでは一つのUSBポートの電力を分割して使うことになるので電力消費の大きなものは使えなくなるということがありますがセルフパワータイプではUSBの規格の上限まで供給することができます。
USBのデスクライトを使うためにセルフパワータイプのUSBハブに乗り換えました。バスパワータイプを使っていたときはストレージを繋いだときに度々認識しないことがあり、よく聞くHDDが故障する前兆のカツンカツンという動作音が聞こえることがありましたが、セルフパワータイプのUSBハブに繋ぐようになってからは極めて快調です。

しる氏の薄くない本

過去に薄い本で発表された作品を纏めた本です。
薄い本を収集していた者として初見のイラストはほとんどないですが、ボリュームがあり今年度の買い物でもっとも満足できました。


 

日記_20140314

メタセコイアの更新がきていますね。
Twitterのコメントでは大きな不具合がない限りVer4.1では最終となるそうです。コメントの内容によると順調に行けば次回はVer4.2になります。
三桁台は基本的にバグフィックス版が通例でしたが、次回は二桁代の更新になるので、なんらかの機能追加になりますね。


 

日記_20140311

要望があったので過去に制作したMMDモデルのテクスチャデータをアップロードしました。
データはGimpで扱うxcfとPhotoshopのpsd形式で保存しています。
ソースデータはGimpの方なのでpsd形式で保存したデータは一部欠損があるかもしれません。
CarbonBlackMiku
PhosphorescentRin
レーシングミク2012

それほど需要のあるデータとは思えないのでコンバートしたデータを置いてあるアップローダーに置きました。
容量が溢れ次第、古いデータから消していきます。


データにはUVの展開図を含めていますが実際のデータと齟齬がないとも限らないので、メタセコイアからのUV展開図の出力方法を記します。
20140311011.オブジェクトパネルで"objects"にぶら下がる全てのオブジェクトを可視化します。








20140311022.オブジェクトパネルの"他"ボタンから"可視オブジェクトを一つに合成する"を実行してマージします。







20140311033.UV編集モードにして材質パネルから出力したい材質を選んでUV操作パネル(Ver4.0以降ではUV操作メニュー)から"ファイル出力"でUV展開図を得ることができます。
UV編集モードはVer3.1以前では"コマンド"パネルの"UV操"ボタンから、Ver4.0以降では左上のプルダウンメニューの"マッピング"から起動します。



日記_20140309

DDGこんごう解説。

2014030901頭は艦橋をイメージしてデザインしました。
パラボラはイルミネーター、耳飾は電子戦装置、メガネはイージスシステムの眼となるSPY-1レーダーにしました。






2014030902長髪のキャラクターを動かすときの煩わしいこととして髪が前に回りこんできて邪魔になるというのがあります。
"見えない壁"を設置して前に流れてこないようにするというのもありますが、今回は房同士をJointで接合して全体として布のように振舞うようにしています。
ある房が前に周りんできても他の房に引っ張られるのでそのまま留まるようなことはありません。



2014030903先代から排水量が減ったので胸は小さくなりました。お風呂に浸かったときに湯船から溢れるお湯も減りました。
胸にあるのはCIWSです。ちっぱいをいけない提督の魔の手から守ります。
こんごうが搭載しているのはBlock.1Bでレーダードームの左側に赤外と光学カメラが付いたバージョンですが、実物そのままのデサインを持ち込むと一部だけ密度が浮いてしまうので特徴的なところだけ残して省略したデザインとしています。
主機が新鮮な空気を大量に要求するガスタービン機関なので露出度高めです。


2014030904お尻にもCIWSが付きます。お尻をいけない提督の魔の手から守ります。
船体中心線上に前後に各一基の配置を再現しています。







2014030905VLSとSSMのランチャーです。艦隊をいけない提督の魔の(ry
VLSの全てのハッチは開閉できるようにしています。中身はないのでSMなりVLAなりESSMなり詰めてください。
アームは基部で二軸、ランチャーの接続部で二軸、ランチャー側で一軸の五つの軸で動かすことができます。
一応ジンバルロックは回避できるようにしています。もう一つ軸があったほうがよさそうですが。


20140309062014030907足は船体をイメージさせるデサインにしています。
球形艦首とトランサム・スターンというのでしょうか、直線的に切り落とされた現代の艦艇に良く見られる船体形状をデザインに取り込んでいます。





20140309082014030909イージスシステムの由来となったイージスの盾ということでフェーズドアレイレーダーを盾にしました。
盾で遮蔽されるのを嫌って右側から写されることが多くなるであろうことを見越して、裏側が見栄えのするようにしています。
レーダーエレメントをイメージして六角形の格子をいれました。


201403091020140309115インチ速射砲です。ミサイルの迎撃を掻い潜ってきたいけな(ry
現物そのままのデサインで持たせたくなかったので特徴的な砲塔のシルエットだけ残してデザインを変えています。
即応弾が格納されている弾庫をイメージしてロータリーマガジンにしています。砲身の下の穴は排莢口です。
火器管制のFCS-2をホログラフィックサイト風にアレンジして乗せました。


[新作]DDGこんごう擬人化ソースデータ

DDGこんごう擬人化ソースデータ
1575円/ポイント3%
DDGこんごうを擬人化したキャラクターのソースデータです。
同人ソフトツール・アクセサリその他ファイル形式3D作品

メールの扱いに関して

メールの扱いに関してですが、当方宛に送られてきたメールがGoogleの陰謀により迷惑メールとして処理されてしまうことがありました。
今後も同様の事例がないとも限らないので手間ですがブログのコメントでメールを送った旨を書いてもらえると確実に返信できるかと思います。

メールを送られた方は数日待たせてしまいましたがメールの返信を送りましたのでご確認ください。


日記_20140307-2

2014030707MMDの物理演算で気がついたことがあるので記します。
画像はロープに球体がぶら下がる構造のモデルで剛体を物理演算に設定しています。
左右の違いは剛体のサイズ以外にはありません。左のロープの剛体は0.01、右は0.3にしています。





2014030708MMDの物理演算を有効にしました。
左は少しでも動かすと物理演算が荒ぶります。
重力加速度を小さくして観察すると剛体が落下して元の位置に戻るような動作を繰り返しています。
剛体の質量、jointの設定は全く同じですが、剛体のサイズが極端に小さいと動作が変わることがあるようです。

実験に使用したデータはこちら


日記_20140307

こんごうさん完成しました。
201403070120140307022014030703
blenderでレンダ。

201403070420140307052014030706
MMD
MMEはアダルトシェーダーを改造して使用。
ノーマルマップを使っているのでカスタマイズの参考に使ってください。
専用アダルトシェーダー


データのDLはこちら
pmxデータ
ソースデータ
フリーズデータ
3ds,blend,fbx,objはこちら

なんか違くねだって?
こんごうを作っているとは書いたが、金剛を作っているとは一言一句書いた覚えはありませんよ。デュフフフ
エイプリルフールのネタにでもつかってください。
作品登録しましたので近日中に登録されます。
増税前に消耗品を纏め買いする予算を貢いでもいいぜという人はポチッてください。

20140309追記
DDGこんごう擬人化ソースデータ
1575円/ポイント3%
DDGこんごうを擬人化したキャラクターのソースデータです。
同人ソフトツール・アクセサリその他ファイル形式3D作品
登録されました。
メタセコイアVer4.1で保存したデータですが、古いバージョンでもVer3.1.6を使うことで読込むことができます。
Ver4.0以降のバージョンに依存する機能は使用していないのでVer3.1以前の古いバージョンのライセンスしか持っていない方でも編集する上で支障はないと思います。

20140317追記
Ver1.0.0a
ソースデータを追加しました。


日記_20140302

艦これに触発されてこんごうさんを作っています。
今回もソースデータを販売するつもりでいますが、大本のmqoデータは需要があるでしょうか?
これまでも表情の頂点モーフなどを自作できるように曲面補間をフリーズする前のデータを含めてきましたが、それ以外の部分についてはデータが肥大するので削ってきました。
胴体のバランスを変えるような編集をしたい場合は曲面補間する前のデータが必要になることがあると思います。
オブジェクト数が膨大な上に綺麗に整理していないのでかなり見苦しいデータですが、ほしいという人が一人でもいらっしゃれば詰めるつもりでいます。
ほしい人はブログのコメントなりメールなりください。


日記_20140228

メタセコイアの更新が来ていますね。
トップページでは4月1日からの新しい価格が発表されています。
優待ライセンスが廃止となるので滑り込みでVer3.1のライセンスを購入してVer4.0以降を使いたいという方は今が買い時です。


 
作品一覧
サークルプロフィール
メールアドレス
kuroyu128■gmail.com
■→@に変換してください。
最新コメント
記事検索
  • RSS
  • Dlsite blog