タイガー

「今回は私が講釈するでありマッスル・タイガー!」
タビットヘアバンドタイガーマスクに変えたとか、筋肉の使い回しなどということは決して……ゲフンゲフン!!!


前回記事
 その0
 その1
 その2

 前回までが事前準備や、リーダー役の人が知っておいたほうが良いこと。
 今回はリーダー役・編集さんが把握しておくことを解説し、次回あたりに制作に関わる技術的なことをやっていきたいと思っています。

スケジュール設定・管理
 まずは企画~イベント当日までのスケジュールを解説します。例として年末の一大イベント「コミックマーケット81(冬コミ)」に向けて作る場合を想定します。大まかな日程を載せてみますと……
 
  区切り   日程
 冬コミ当日 12/29~12/31(TRPG系は1日目の12/29)
 本の納品  12/23~25(自宅届けを指定)
 入稿    12/3~4
 DTP作業 11月全般
 材料製作  10月~11月上旬
 企画・手配 9月~10月上旬

 以上のようになります。日付の順番を逆にしているのは目的のイベントに必要な制作日数を逆算するためです。この見積もりが甘くなると、修羅場になったときに切り抜けるのが難しくなります。また新刊を2冊同時進行などやる場合、スケジュール管理ができないとどちらか落ちることになります(最悪両方)。
 でもって、上記の方法や日数はあくまで一つの例です(念のため)。「私ならこうしています」というもの。そして現在進行形の自身のネタでもあります(汗)

 では順序を日付順に解説していきます。

「コミケまでのスケジュール」
1.企画・手配 9月~10月上旬
2.材料製作  10月~11月上旬
3.DTP作業 11月全般
4.入稿    12/3~4
5.本の納品  12/23~25(自宅届けを指定)
6.冬コミ当日 12/29~12/31(TRPG系は1日目の12/29)

――解説――
1.企画・手配(9月~10月上旬)
 実際の企画は夏コミが終わった時点で始まっています。冬の申し込み時に内容をある程度決定しているので、それに沿った内容の企画案を動かしていくか、時流に沿ったものに変えるかこの時期に判断します。
 オフセッションリプレイを作る場合は8月~9月までにセッションを収録し、文字起こしを開始します。この作業が最も時間がかかるので、企画開始と同時に作業に入るか、既に入っている状況が理想です。
 オンラインセッションはテキスト保持者への連絡と受け渡し、そしてテキスト手直し作業となります。

 次に編集さんはGMなどと相談し、キャラクターイメージやセッション中のイラストをどこに入れるか決めていきます。そして絵描きさんを選んで依頼します。本のデザインを凝りたい場合はデザイナーさんを見つけて相談してみるのも一つの手です。自分でやる場合はデザイン構想を練り始めたり、サンプルなどを集めていきましょう。
 文字を起こす人と絵描きさんの人選はそれぞれなのですが、誰かに頼む場合は最低限やり遂げられる人にしましょう。作業がつまずいたときに投げ出されると、そこで企画が破綻します。もっとも、社会人としての責任感をもてる人なら大抵問題ないことですが。
 実際に手配する際、当然ながら締め切りを決めます。ぎりぎりではなく、余裕を持った日程にします。作業の上流を適当にすると、下流が破綻する原因となりますよ。

2.材料製作(10月~11月上旬)
 手配した人たちが地道な作業をする期間です。それぞれの作業期間中、リーダー役及び編集さんは作業者の進行状況を定期的に把握するようにしてください。そして疑問・質問に丁寧に答え、トラブルなどがあれば解決していきます。怠けているようなら後押しすることも必要です。作業を投げっぱなしで締め切り間際に「原稿できた?」と聞いて「まだだよ~」という状況は最悪です。それを防ぐための手綱を握る作業期間とも見れます。
 テキストデータなどは、ある程度の分量がたまったらもらうようにしてみてください。シーンのどの辺りかがはっきりとしているので、作業の進み具合がわかりやすくていいかもしれません。イラストの下書きが上がっていましたら、それを編集さんに渡すのも同様です。
 
3.DTP作業(11月全般)
 テキストデータが入った時点で開始しましょう。レイアウトデザインしてあるベースデータなどにテキストを流し込み、下書きを配置することで本の出来上がりイメージが見えてきます。そうしたならそれをプリントし、材料製作の担当者に渡してあげてください。それがモチベーションUPの材料になるはずです。絵描きさんの作業進行具合はメンタル面からくるもので波ができやすいものです。編集さんは良い材料となると判断したら逐次動いていきましょう。


と、ここまで書いたところでタイムアップです(汗
次回は今回の補足からスケジュール後半の予定となります。