国内販売のダンエロ作業も一通り終わり
お疲れ様ですといった所ですがFANZA様(旧DMM)の販売申請が残っている

今現在はパッケージ販売のVerデバッグ中でその後
FANZA用の体験版と製品版のデバッグをこれからといった所なのだが
こう立て続けにクリアまでに10時間程度かかるゲームのデバッグをすると
狂気の沙汰かと思う程新作の作業が出来ないでいる

上記の作業が終わっても海外販売用の翻訳の企画をまとめないといけない
これを簡潔に終わらさないと翻訳を依頼する方の作業難易度が上がってしまうからだ

こういう地道な作業で手を抜き人任せにすると必ずどこかで手痛い目を見るので
極力自分が関わって終わらせる事が重要だとは思っているのだが
ここまで作業が多いと本当に次の事が出来なくなって困る

もう私もこの同人同人ゲーム作業を始め今年で6年目になり
販売ゲームも3つ目となるが
この域に来てゲーム制作にはデバッカーが必要なのだなぁ
と、思うようになった

今作のダンエロは時々ブログ記事を手伝ってもらっている
あまそぎスキュラさんにデバッグ協力を頂き大変助かりました^^
彼もまた仕事帰りに少ない希少な時間を割いてデバッグをしてくれている
ゲーム戦士なのだ!

これから頑張って年にゲームを2本作る目標を据えた場合
デバッカーの存在は不可欠であろうと思う今日この頃

今のこの作業状況下で新作の制作を後回しに
販売後の作品を海外に販売する展開は果たして
作業量と売り上げが伴うものなのか?
新作に作業を進めて早く新作を販売した方が良いのか?
疑問に思う

海外販売なんてものは
人手が多くて初めて円滑にできる事なのかなと
出来もしない背伸びをしてしまっているのではなかろうか
そんなしょうもない事を考える日々である…

とは言えダンエロも完全版になり販売ページの評価なども
やっと適正の数値になって来たのかなと思います

今回ダンエロを制作~販売するの反省点が多く次回に反映したいと思う事が多々あり
①ギャラリー要素のデバッグモードはテストチェック用に初めに作る
今までは一番最後に作る作業として販売後に着手してきたが
おそらくこれは間違いで最初に作ってデバッグ時間を省略した方が吉

②割引について
今回予想の売上よりも低く少しでも数を伸ばすために
販売の一ヶ月後にキャンペーンで20%OFFを実施したのだが
そこそこ売り上げも伸び良かったなと思っています
ですが①のギャラリー要素など販売後の実施をするのであれば
未完成の販売で帰還を決め販売後から完全版になるまでを割引期間にすべきで
完全版になってから本来の適正価格にするのが正解だったなと反省しています

理由としては今回販売の延期を数回繰り返し
早く販売しなければいけなかった経由もあって
ギャラリーなどオマケ要素は販売後の制作になってしまった
それで販売の一ヶ月後に主要でない要素W挑発やギャラリーなど
必ず不具合もあるのでその修正を見かねての後付け販売となってしまう

この先行販売で買って頂いたお客様にデバッグの様な事をさせてしまう行為
※不具合報告を修正し
収まるのと同時期にギャラリーなどの
後回しにしたオマケ要素を完成させる行為


色々追い詰められ仕方なくこういった経由になってしまったが
これはゲーム販売元がやってはいけない行為であると思い
今回本当に反省しております
申し訳ございませんでした

次回からは不具合はどうしても出てしまうのでその仕様期間を
割引にするのが本当の良心的な販売だと解りました

なんか途中から反省文の様になりましたが
今後も面白いゲームを作る様に努めますので宜しくお願いします